マジカルミュージック

深い溝と闇

エピソードの総文字数=1,407文字

なぁ、恵都
2017/07/12 22:33
何、冬馬?
2017/07/12 22:34
お前は何故、鈴鹿さんの味方になったんだ?    前まではそうではなかったじゃないか?!
2017/07/12 22:35
美園ちゃんの件があって歌音さんに助けられた。だから、俺は歌音さんをサポートするつもりだ

2017/07/12 22:37
    冬馬は、恵都の言う歌音の指揮が嫌いだ。あの世界を作り出そうとすると気分が悪くなる……。

    冬馬の演奏は、あの指揮にはめることが出来ない。だから、今は恵都の味方も出来ない。

2017/07/12 22:39
ごめん、恵都……。俺は、お前に裏切られた気分だ……
2017/07/12 22:41
何故?
2017/07/12 22:42
お前が鈴鹿さんの味方についたのがショックだ。俺らは約束したはずだ。パーカッションパートは、鈴鹿さんを認めない、って美園と一緒に約束したじゃないか!!    なのに……
2017/07/12 22:42
……。一つの出来事で人の決断は、鈍るものなんだ。俺は、歌音さんの指揮は面白い、と思ってる
2017/07/12 22:45
今は、俺は冷静になれない。香菜・真奈美と一緒に話し合う時間をくれ……
2017/07/12 22:47
    少し時間をおいてから恵都から答えが返ってきた。
2017/07/12 22:48
わかった……


2017/07/12 22:53




    その後、俺は香菜・真奈美を誘い、仙台の町に足を運んだ。

    ここは数日前、美園がおかしくなった場所だ……。

    美園が、いきなり鈴鹿さんにキスしたときは驚いたが、あの時は冬馬も見ていることしか出来なかった。

    多分、怖かったのだ……。今の冬馬も恐怖で一杯だ。きっと何かに怯えている。

    しかし、それが何なのか分からない。

    冬馬たちは、公園のベンチに腰をころし、話していた。

    そんな時、魔術師と名乗る男が冬馬たちの目の前に現れたのは……。

2017/07/12 22:54
浮かない顔してどうされました、マドモワゼル&ムッシュ?
2017/07/12 23:39
……ってか、あんた誰?    あたしたちの話し合いに入ってこないでくれるかな?
2017/07/12 23:40
ダメだよ、真奈美ちゃん。知らない人に話しかけたらダメだって……小学校の時に言われなかった?
2017/07/12 23:41
だけど……香菜……。あいつは、話の最中に乱入してきた不埒な輩よ!!!!


2017/07/12 23:42
あの……俺らは話をしているので他を当たってください。宗教みたいな勧誘はいりませんから……
2017/07/12 23:43
    冬馬は、きっぱり断ったはずなのだ……。

    しかし、男は食い下がらない。

2017/07/12 23:44
あなたたちは、鈴鹿歌音が邪魔で邪魔で仕方ないんですよね
2017/07/12 23:45
    くそっ!!    男に冬馬たちの図星をつかれた。

    確かに歌音は、冬馬たちからしたら邪魔で仕方ない。冬馬たちの音楽からかけ離れたものを求めてくる。

    だけど……死んでほしいなんて思っていない。

    しかし、冬馬たちは男の言葉に嵌められつつあった。

    男が懐から出したものは、クローバーだった。

2017/07/12 23:46
クローバーがどうしたのよ!!!!
2017/07/12 23:49
すごい……四つ葉のクローバーだ♪
2017/07/12 23:52
クローバーの花言葉は、私を思って・約束・幸運・復讐です。三人にクローバーの花言葉の力を分けてあげます。だから、この世界の主人公である鈴鹿歌音を殺してください。復讐してください
2017/07/12 23:53
    男が呟いたと同時に俺の中に、何かが入ってくるような感じと自分が自分でないような感じを覚える……。本心さえも失いそうで怖い……。目の前にいる世界が赤く染まる。

    そして、男の高らかに笑う声が聞こえる。

2017/07/12 23:56
さぁ、鈴鹿歌音さん。ゲームを始めましょう。今回は、精々苦しむがいいでしょう!!
2017/07/12 23:58
    男がそう笑いながら去っていく。冬馬たちは、このままなのかよ!!!!    世界が赤く染まる……。気持ちが悪くなったのか冬馬たちは、そのまま意識を手放したのであった。
2017/07/12 23:59

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ