基本マニュアル

商業との兼ね合い、自作の商業化を考えるなら

エピソードの総文字数=2,133文字

前の項目で「商業で活かしてもらうことも可能」って話が出たけれど……わかるような、わからないような。

つまり具体的にどういうことなんだろう?

たとえば、一つの具体例を挙げてみましょう。

ある同人サークルさんがゲームを売り出したとして、そのゲームのキャラクターが登場する物語をトークメーカーで連載し、そのゲームの紹介URLなどを貼って頂くことも可能になるわけです。その物語がランキング入りしたりすれば、ゲームの宣伝に貢献できるものと思います。また、トークメーカーで連載した物語を、別のコンテンツとして売り出したり、ファンサービスとして活用してもらうことも可能になります。

あっ、それって!

トークメーカーが正式リリースした直後から、そうやって活動していた企業さん(団体さん)もあるよね!
長編アドベンチャーゲームの一部シナリオを切り出して、物語として連載しているケースとか。ずいぶん長く質の高いシナリオを連載してくれているけれど。

はい、他にもプロの作家さんが、ご自身の漫画の宣伝のために、小説版を連載してくれていたりするケースもリリース直後からありました。


そういったケースにおいて、URL(アルファベットの羅列)を貼っているケースを色々と見ていまして、トークメーカー運営事務局としては、もっと創作者の方々のお手伝いや貢献がしていけないか色々と悩みました。
大前提としてトークメーカーは、質の高いあらゆるコンテンツの流通に対し、可能な限りの全力で応援していきたいという立場です。

そこで、URLのアルファベット羅列を貼ってもらうだけだとそれらの方々のニーズに本当に応えることにはならないと判断しまして、エディタ自体で、リンクを生成できるようにしてみました。

そっか、そういう活動全般を、商業としてくくるわけだね。

ただ、そういった活動を許可すると、品質を度外視した文章を並べて、アフィリエイト活動のほうに誘致したりするような人も出てこないかな?

そうした抜け道を、すべて防ぐことは難しいと思っています。もちろんアフィリエイト活動のすべてが悪いというわけではないので、線引きも難しいです。ですので、目に余るケースが出てきた場合には、トークメーカー運営事務局のほうが個別に対応し、相手方と相談するという解決手段を模索したいと思います。度が過ぎたり、他のユーザーさんへの迷惑行為にあたると判断すれば、ご連絡せずにアカウントを削除するというケースも発生するかもしれません。

そういった対処方針については、可能な限り、公式お知らせなどでユーザーの方々との情報共有を図っていきたいと思います。

すべての穴を都合よくふさいでおくってことは難しいからね。チャレンジしながら判断していくしかないことってあるよ。

ともかくトークメーカーとしては、それが良いコンテンツなら、色々な展開に手を貸していきたいと考えているわけだ。

あとはリンクを貼られる場所が、成人向け指定を受けているものだったり、過激さが度を過ぎているような動画だったりした場合には対処しますね。


ただし近年は、成人向け指定を受けているコンテンツでも、コンシューマーゲームに移植されたりするようなパターンも多く散見されますから、同様のモデルで、成人向け表現を除外したうえでの連載などであれば大丈夫です。
各クリエイターさんが節度を持ってご活用してくださればと思います。

これらに繋がる話として、はじめての方へのほうでも、著作権について少し議論したよね。もう一度確認だけど、トークメーカーで連載した作品を、他で商業化するのは自由なわけだ。

ゲームの付属コンテンツとしてトークメーカーで連載してみて、別の形で売り出したりすることもOK。自分の本の宣伝のためにアナザーストーリーとかを連載して、その連載を電子書籍化したってOK。それらの活動に、トークメーカーが権利を要求したりしないということだよね?
大事なところだから、念のため。

もちろんです!

ただ、よろしければトークメーカー運営事務局にご一報ください。皆さんのコンテンツの宣伝に、ひと役買わせていただきます。もちろん無償で告知にご協力しますよ。

本格的に自作ゲーム制作に着手する前に、まずはトークメーカーでシナリオを連載してみて、人気が出たものをゲーム化なんて使い方もできるかもね。トークメーカーでユーザーへの認知を事前にあげておけば、公開してすぐたくさんのダウンロードが期待できそうだし。

他にも、TRPGのオリジナル物語をまとめたり、会話風ビジネス書っぽいものも需要ありそうな気がするし……色んな活用ができそうだよ。

これらのお話は、現在商業活動をされている方だけの話ではありません
こらから作家デビュー、ゲーム開発、アプリ開発、同人活動、商業活動しようという方も、トークメーカーでの連載を他のコンテンツとして何らかの展開を図るときには、告知協力させていただきます。
トークメーカーはまだリリースしたばかりの新サービスですが、すでにコメントフォームからアプローチを受けた方もいるようですので、作品化がなされた場合には、よろしければお伝え頂けますと、トークメーカーのほうでも色々なご協力が可能です。
ご遠慮なく、ご用命くださいね。

◆作者をワンクリックで応援!

4人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ