ソラミミ×DIAMOND

わたしの家に 小象が来たこと(2)

エピソードの総文字数=640文字

この子とパレード潰しをしよう。と思うのだけどあなたはどう? ソラミミ

 パレード潰しですって?

あんなの……ピエロの数が半端ないやつでしょ? それにパレードって言ったら大抵、象がいるんでしょ。でっかい象。もしかしてその象とこの子を戦わせるって気? 勝てっこないよ

いいえ。この子は、特別な象よ。あなたが連れ帰ったのだから……ピエロ斬りの剣を作る宝石みたいに、ピエロを殺す力が備わっている

そんな。特別だなんて……えへへそうかなあ

 草里に特別なんて言われると、わたしはつい少し図に乗ってしまう、かも。

そう。特別な、象よ

 草里は強調した。今の草里の目は真剣そのもの。

 そうは言っても、パレード潰しだなんて、考えるだに正気なのかとしか思えない。

 ときどき、空の高いとことかをパレードが行くのを見ることがある。わたしたちに直接害をなすものではない。だけど、大きく見れば都合の悪い存在。それを潰すのは確かに、わたしたちの仕事の一つとしてあることは知っている。けど学園を卒業してその道の専門になった人らがやることだし、そうじゃなきゃ、どこか田舎の暴走団が度胸試しでそういうことやって、みたいなことは聞いたことあるけど、危険なものだってのもよく聞かされているわけで。

 この世界にはそういう危ないことは幾つか存在するけれど……。年頃の女の子がスリルを求めてやろうなんてことじゃ、ないでしょ草里?

この子、言うことちゃんと聞くかな。ほれ廻れ右

 草里はすでにその気のようで、小象を訓練しようとかしてるし。

ぱぽー

◆作者をワンクリックで応援!

3人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ