チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百五話『初乗馬』

エピソードの総文字数=1,226文字

「こちらに乗馬して、このトラックを十周してみてください!成功すれば「騎乗 - ライディング」レベル1がつきます!」
2017/06/11 14:21
と、少年が説明してくれた。ここで、騎乗できるようになることが、竜に乗ることができるための第一歩のようだ。
2017/06/11 14:22
「それはおもしろそう!!」
2017/06/11 14:22
サラが笑顔でそう言いながら、屈伸を始めた。
その場で、ジャンプし、準備体操をする。
いつものサラだった。
2017/06/11 14:22
「よっ」
2017/06/11 14:22
と、サラが馬にピョンと乗った。
さすがの運動神経だ。
あの高さを簡単に登ってしまった。
2017/06/11 14:22
「よし、よろしく頼むよ!」
2017/06/11 14:22
ポンポンとその馬の頭をかるくたたくサラ。
2017/06/11 14:22
「ハイヨー、シルバー!」
2017/06/11 14:22
とサラが掛け声をかけて、馬を発進させるサラ。
それを聞いていた少年が
2017/06/11 14:23
「いえ、その子は『シルバー』ではなく『シャルロッテ』です」
2017/06/11 14:23
とぼそりと言う。

その発言を聞いて、奈緒子が微笑む。
2017/06/11 14:23
「あはは、サラちゃん、その子は『シャルロッテ』ちゃんですって!」
2017/06/11 14:23
と奈緒子がサラに大声で伝える。
2017/06/11 14:23
「いや、いまはそれどころじゃ・・・」
2017/06/11 14:23
と明後日の方向に走ってしまう『シルバー』じゃなかった『シャルロッテ』とサラ。
2017/06/11 14:23
「ぎゃー!!」
2017/06/11 14:23
と言いながら、暴れるシャルロッテに振り落とされ、落っこちてしまうサラ。
2017/06/11 14:23
「ぐぬぬ、シルバー!思ったよりじゃじゃ馬じゃないか!」
2017/06/11 14:24
ぷんぷん!土を払いながら立ち上がり、ぷんぷん怒りながらサラがシャルロッテに言う。
2017/06/11 14:24
「じゃじゃ馬が、じゃじゃ馬に載っているってわけか・・・」
2017/06/11 14:24
と僕が、思い付いたことをつい、ぼそりと言ってしまう。
2017/06/11 14:24
「ちょっと!ジュンさん失礼ですよ!!」
2017/06/11 14:24
と奈緒子が僕を叱る。す、すいません。
さらにサラも僕に言う。
2017/06/11 14:24
「ジュン!全部聞こえてるわよ!誰がじゃじゃ馬よ!!あとで覚えてなさいよ!!」
2017/06/11 14:24
と僕にいうサラ。まずい、電撃で殴られたら死ぬ。
2017/06/11 14:24
「はっ!そんなことより、いまは、シルバーだわ!勝負よシルバー!!」
2017/06/11 14:25
と、よく理解らない闘志を燃やし戦いを挑むサラ。
2017/06/11 14:25
「シルバーではなくシャルロッテです」
2017/06/11 14:25
と律儀に訂正する少年。
2017/06/11 14:25
「名前間違ってるから、ちゃんとしてくれないんですよ!!シャルロッテちゃんですよ!!」
2017/06/11 14:25
と奈緒子も注意する。
2017/06/11 14:25
「わかったよぉ〜!よし!シャルロッテ勝負よ!!」
2017/06/11 14:25
とやっと訂正したサラ。
2017/06/11 14:25
「ちなみに、こちらが『ブリアンナ』でこちらが『エスメラルダ』です。」
2017/06/11 14:26
という少年。なんだかみんな高貴な名前だった。
2017/06/11 14:26
「ブリアンナちゃん、行きましょう!」
2017/06/11 14:26
とさっと、馬にまたがる、奈緒子。
2017/06/11 14:26
「あれ?乗馬やったことあるの?」
2017/06/11 14:26
その上品な奈緒子の動きを見て僕が訊ねる。
2017/06/11 14:26
「ふふふ」
2017/06/11 14:26
と奈緒子は微笑んで進んでいってしまった。消して速いわけではないが、安定したスピードで、進んでいく奈緒子。
2017/06/11 14:26
「おお、これはかなりうまいのでは・・・」
2017/06/11 14:27
と僕が思う。
2017/06/11 14:27
「はい、はい!ブリアンナちゃん、まっすぐ!まっすぐ!よし!よし!」
2017/06/11 14:27
とテンポよく優しくブリアンナに語りかけながらトントンと進んでいく奈緒子。
2017/06/11 14:27
「彼女は上手ですね」
2017/06/11 14:27
と少年がボソリと言った。
僕は、奈緒子にみとれて、まだ跨がってもいなかった。急がねば!
2017/06/11 14:27

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ