兄妹愛2

146.大学生女子現る

エピソードの総文字数=615文字

柿田井 美歌(かきたいみか)

朝から突然押しかけてごめんね。

おじいちゃんに聞いたら、もう、小鳥遊君にすぐにでも会いたくなっちゃった。

2017/12/30 01:01
柿田井美歌

自己紹介遅れてごめんね!

愛歌ちゃんと熊谷さんがバイトしてくれてるジャズ喫茶のマスターの孫です。

この間のライブで小鳥遊君を見かけて一目惚れ。

小鳥遊君と愛歌ちゃんって子と同棲中なのは知ってるけど、私が愛歌ちゃんに負ける気がしなくて!

柿田井美歌、よろしくね。

2017/12/30 01:06
柿田井

どうせ、愛歌ちゃんは朝ごはん作らないでしょう。

はい、小鳥遊君。

モーニングを食べて。


2017/12/30 01:12
愛歌

うちに、どうやって入ったんですか?

2017/12/30 01:15
柿田井美歌

熊谷さんだっけ?

ここの合鍵借りちゃった。

2017/12/30 01:17
愛歌

私、田所君のところに行きます。

2017/12/30 01:18
柿田井美歌

あら、逃げるの?

そういうの、子供がやることよ。

これだからお子様はやーね。

2017/12/30 01:20
小鳥遊

柿田井さん、すみませんがここは愛歌の家です。

出て行くのはあなたの方です。

ボクは、愛歌のことが好きです。

ボクの気持ちは揺るぎません。

2017/12/30 01:24
小鳥遊

《柿田井の頰を平手うち》

2017/12/30 01:28
柿田井

、、、、しっかりしてるね。まだ、中坊のくせに。

これからは、朝ごはんと夜ごはん作りにくるから。



2017/12/30 01:29
小鳥遊

今後、一切、関わらないでください。


2017/12/30 01:35
柿田井

私は、かわいい孫娘だよ。

おじいちゃんに言えば、熊谷さんも愛歌さんもバイト先を失うんじゃないかな?

2017/12/30 01:37
小鳥遊

脅しには乗りません。

2017/12/30 01:39
柿田井

そう残念ね、、、だったら、愛歌だけでもめちゃくちゃにしてやる。

2017/12/30 01:41
愛歌

きゃっ

2017/12/30 01:44
小鳥遊

ソファーと壁の間に隠れていて!

2017/12/30 01:45

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ