基本マニュアル

作品を執筆する

エピソードの総文字数=703文字

エピソードの横に、執筆というリンクがありますね。そちらをクリックすると、いよいよ執筆画面です。
これが執筆画面? キャラクター会話を作るにしては、ずいぶんシンプルなんだね。
執筆はとっても簡単ですよ。
まずは右側にあるプルダウンメニューから、セリフタイプを選んでください。以下5つのタイプから選択できます。
★アイコン有(左から)
アイコンが左に設置される最も基本的なパターン。私のパターンですね。
★アイコン有(右から)
アイコンが右に設置されます。コタローのパターンです。
★アイコン無
文字通りアイコンがなく、吹き出しだけが出てきます。
★画像のみ
画像を挿入したいときにどうぞ。
★地の文
アイコンや吹き出しが一切ありません。普通の小説のように、文字だけのパターンです。
これらはすべて文字通りの分類なので、覚えなくて大丈夫です。さっそく選んでみましょう。
じゃあ最初は、オーソドックスにアイコン有(左から)っと。
わ! パレットが広がったよ。
先ほどアイコン画像管理の説明で、よく使うアイコンを選択する方法を押さえましたね? このパレットには、よく使うアイコンに選んだキャラクターアイコンが出てくることになります。
そのためによく使うアイコンを選んでおいたわけだね。
パレット内でまずは、喋らせたいアイコンをチェックして、次に吹き出しの色も選んで――
そしてテキストボックスでセリフを喋らせて、投稿ボタンを押してくださいね。すると、こんな風に吹き出しがでます。
いいね! 案外簡単だ。
あとはこの繰り返しですね。
そして作品を書いていくと、文章を直したくなったり、別のセリフを挟み込みたくなったりするものです。次は編集の仕方を確認しましょう。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ