マジカルミュージック

音楽家を目指す農夫の思い

エピソードの総文字数=2,279文字

 翌日、歌音は郁と話をしていたところに、聡太がやってきた。

 別に郁とは普通の話をしていたのでどうでもいいんだけど……

2017/08/15 21:20

歌音さん、今郁さんと話しているところ悪いんだけど……。聞きたいことがあるんだ!!

2017/08/15 21:23

良いけど……。どうかしたの?

2017/08/15 21:26

俺の家族が、秋田の山奥から来てくれるって!!    今回の講演会、絶対成功させないとな♪    早速、郁さんと合わせて練習したいなあ♪

2017/08/15 21:27

ちょっと待って!!    まだ、私完璧じゃない……

2017/08/15 21:30

別に気にしないって♪    多少出来なくても俺らチューバパートと練習すれば完璧になるって♪

2017/08/15 21:31

そのテンションの上がり方といきなり誘ってくる方が怖い……。まぁ、いいわよ!!    今日の練習一緒に合わせてあげるわ!!「マナティー・リリック序曲」で良いんだよね?

2017/08/15 21:33

「マナティー・リリック序曲」の中盤のメロディーの入りだけをやっておきたいと思ってな

2017/08/16 13:12

了解!!    詩織にも後で行くって伝えておいて♪

2017/08/16 13:14

分かった。また後でな♪

2017/08/16 13:15

 聡太は、郁と話を終えると歌音たちの元を離れ、奏多たちのグループに入っていった。

 郁は、何かと合同パート練習に誘われたのが嬉しかったのか笑顔になっていた。歌音もそれを見ると嬉しくなる。聡太の家族も講演会に来てくれるらしく、聡太が笑顔になっていることに歌音も喜びを感じた。

2017/08/16 13:16

聡太くん、嬉しそうだったね。郁ちゃんも嬉しそうだから良かったわ。最近、大河くんとはどこまで進んだの?

2017/08/16 13:20

聞いてよ、歌音!!    昨日、大河とデート行ってきたの♪    その時、プレゼントにぬいぐるみ買ってくれたの♪    大きなクマのぬいぐるみ……可愛くて癖になっちゃうわ♪

2017/08/16 13:22

そ……そうなんだ……。私は、まだ恋愛したことないから分からないかも……。郁ちゃんは、大河くんとラブラブで羨ましいなぁ……

2017/08/16 13:24

歌音の方が羨ましいわよ。圭と仲良くやれているし……。世界的トランペット奏者の白川圭の恋人です、とか世界的スクープ……スキャンダルの予感がするわね。そして、愛の逃避行……妬けるわね……このこの!!

2017/08/16 13:27

 郁は、歌音の脇腹をつんつんと突いた。

 歌音は、脇腹を責められるのが弱い。そのため、変な声が漏れてしまう。

2017/08/16 13:33

ひゃぁぁぁぁ~!!!!    ちょっと……脇腹だけはやめて……脇腹弱いから~!!!!

2017/08/16 13:34

へぇ~、良いこと聞いちゃった♪    指揮者様・歌音は、脇腹が弱い……

2017/08/16 13:36

ちょっと……マジでヤバいからやめて……。ひゃぁ……変なところ触らないで……。胸揉まないで!!!!

2017/08/16 13:38

ほれほれ~、ええじゃないか、ええじゃないか~♪

2017/08/16 13:40
全然良くない!!
2017/08/16 13:41

 音楽をやっている人は、極度の変態が多いというけどこれで分かった。

 郁も極度の変態だ。歌音も圭・悠・結愛も変態なのは分かっているが、それ以上の変態だと思った。

 このクラス……変態の集まりだと歌音は思い知らされたのであった。

2017/08/16 13:42

おい、郁!!    俺に断りなく歌音にセクハラするな!!

2017/08/16 13:46
あら、残念……歌音の王子様が現れちゃったか……
2017/08/16 13:47

郁……お前なぁ~……。余計な事言うなよ。クラスの奴らがにおいを嗅ぎつけて集まってくるだろうが……。ってか……お前は歌音のどこ触ってるんだよ……。何て破廉恥なことを……

2017/08/16 13:48

とにかく、圭くん……HERP!!    助けて!!

2017/08/16 13:52

 ようやく郁から解放された歌音は疲れ切っていた。

 圭に後ろから抱きつかれてるし、歌音には逃げ場はなかった。圭の歌音LOVEが最近酷い気がする。ヤンデレになりそうで怖くなってきた。圭の心に映し出されているのは、剣を持って女神を守ろうとしている臨戦態勢の英雄様だった。

 これは、後に嫌な予感をもたらしそうだ。

2017/08/16 13:53

さっき、聡太のやつ……悲壮な表情で誰かと電話したいたぞ?    何かさっき歌音や郁と話しているの見たから、何か知ってるかなぁ、って思って聞いてみたんだけど……

2017/08/16 14:02
そういえば、さっき聡太くんから家族が秋田の山奥から来てくれる、って聞いたんだけど?
2017/08/16 14:04
私は、チューバとコントラバスの合同パート練習をしよう、って誘われて承諾したけど……
2017/08/16 14:07

 嫌な予感がする。

 歌音は、その時には教室を抜け出し、廊下を走り抜けていた。みんなは、廊下を走るのは危ないのでやめておこう。すれ違う人たちなど目にも触れず、歌音は廊下を駆け抜ける。後ろからは、圭と郁が追いかけてきているのはわかるが、それさえも無視して駆け抜ける。

2017/08/16 14:10

おい、歌音!!    どうしたんだよ!!

2017/08/16 14:15
ちょっと……歌音、足速すぎ!!
2017/08/16 14:16
 追いかけてくる圭と郁を無視して、歌音はチューバの練習室前に向かった。
2017/08/16 14:17
(間に合え、間に合え!!    何も起こらないように間に合え!!    立つな、死亡フラグ!!)
2017/08/16 14:18

 しかし、手遅れだった。

 ようやく、練習室前に到着し、歌音は練習室の扉を力いっぱい開けた。

 そこには、怒りの表情を籠めた聡太の声が響いたのであった。

2017/08/16 14:20

この嘘つき!!    来てくれるって言ったじゃないか!!    どうして来てくれないんだよ!!    せっかく、俺が頑張ってきたのに俺の事嫌いなのかよ!!    俺の演奏を聴きたくないのかよ!!    もういい、電話切るから!!    じゃぁね!!

2017/08/16 14:23
 歌音は、聞いていまった。見てしまった。絶望で満ちてしまった聡太の姿を……。
2017/08/16 14:26
……
2017/08/16 14:34

歌音さんに聞かれてしまったか……。まぁ、いっか……。家族は来ないよ……。オヤジが倒れちまったんだって……。俺の演奏は、家族に届けられない……。世の中は、残酷だよ……

2017/08/16 14:34

 聡太は、自暴自棄な乾いた笑い声をあげたのであった。

 果たして、歌音は聡太の悩みを解決してあげられるのだろうか?

 物語はさらに加速を始める。もう誰にも止められない。

2017/08/16 14:38

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ