チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百三話『挨拶のクラスタリング』

エピソードの総文字数=1,319文字

「つまり僕らの行動をジャンルわけして、蓄積してるんだ」
2017/06/11 14:04
サラはなんのこっちゃ、という顔をしていた。

そして
2017/06/11 14:04
「なんのこっちゃい」
2017/06/11 14:04
と、
サラはそのまま表情と同じことを口に出して笑った。
僕はさらに詳しい説明をすることにした。
2017/06/11 14:04
「この『ラスト・オンライン』には200万人の人がいて、毎日会話してるんだ」
2017/06/11 14:05
「うん、そうだね、今もしてるよね」
2017/06/11 14:05
と僕が前提の説明を始める、この200万人がいるということが大事だ。量が足りないと、人工知能に組み込むことができない。その話をきいてサラが頷いた。
2017/06/11 14:06
「例えば、ぼくが『こんにちわ!』って言ったらなんて応える??」
2017/06/11 14:06
と、僕が二人に聞く。
2017/06/11 14:06
「『こんにちは!!』ですね」
2017/06/11 14:07
奈緒子がいつもどおり丁寧に応える。
2017/06/11 14:07
「『こんにちワン』かな」
2017/06/11 14:07
とサラが応える。機嫌が良いようだった。ちなみにその返し方は初めて聞いた。

この『人それぞれのリアクション』が返ってくるというのが重要だ、同じ人に同じことを聞いても、返ってくる言葉は違うはず。天気やメンバーや体調にも影響をうけるだろう。
2017/06/11 14:07
「そう、こういう『こんにちは!!』とか『こんにちワン』とかを蓄積していくんだ。『こんにちわ』に対する、現在の人間が返す単語が蓄積される。」
2017/06/11 14:07
と説明を続ける僕。
2017/06/11 14:07
「これをランダムで返す、つまりNPCに僕が『こんにちわ!』と言えば、NPCはその蓄積された、ほんとうに人が使った言葉を返すことができる」
2017/06/11 14:07
「おー!!すごい!!そんな裏ワザが!!」
2017/06/11 14:07
と僕の説明にサラが感動する。

そう言った直後、ふと考えて、僕に言う。
2017/06/11 14:07
「あれ、でも待って、真面目な人が、『こんにちワン』って返したらへんじゃない??しかめっ面の人がいきなり『こんにちワン』って言ったら、めっちゃ怖いよ!!」
2017/06/11 14:08
と笑う。
2017/06/11 14:08
「素晴らしい!その通り!そこでジャンル分け、専門的な用語で言うとクラスタ分けが行われるんだね。200万人の『こんにちわ!』に対する返事の『真面目な人達の言いそうな言葉』『軽い人たちのいいそうな言葉』『こどもがいいそうな言葉』『大人がいいそうな言葉』『男子がいいそうな言葉』『女子がいいそうな言葉』が分類されるんだ」
2017/06/11 14:08
「ふえぇー!凄い」
2017/06/11 14:08
と驚くサラ。
2017/06/11 14:08
「ちなみに、検索エンジンとかもこんな感じの仕組み。僕がバンドのアーティストだったとして『ジュン 音楽』って検索されると、ジュンって名前は音楽カテゴリに分類されるんだ。こういうふうにカテゴリを分けることによって、検索に掛かる時間が短縮されて、0.1秒とかで!」
2017/06/11 14:09
僕が少し、いや、かなり?脱線して長い説明をした。
2017/06/11 14:09
「うん、まったくわからん」
2017/06/11 14:09
と笑うサラ。

と、ちょっとジャンプして下がってサラが言う。
2017/06/11 14:09
「でも、なんとなく凄いのは分かった。最新テクノロジーを使って、村人が変なことを言わないわけね」
2017/06/11 14:10
ざっくりとサラがまとめた。
2017/06/11 14:10
「そゆこと」
2017/06/11 14:10
僕が答えた。サラのでだいたいあってた。
2017/06/11 14:10
「何を聞いても『ここははじまりのまちです』って返してくれる、NPCキャラもいいですけどね」
2017/06/11 14:11
と奈緒子が答えた。
2017/06/11 14:11
「それは、なかなか通な楽しみ方だね」
2017/06/11 14:11
と僕が笑った。

つい、マニアックな話に夢中になってしまった。
2017/06/11 14:11
「さて、さっきのお兄さんが教えてくれた。馬がいるところに行ってみよう!」
2017/06/11 14:11
と、僕が本題を思い出して、二人に言った。
2017/06/11 14:11

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ