シェアード・ワールドを作りませんか?ここTMで!

【ディスカッション】世界観の基盤

エピソードの総文字数=9,855文字

前回までのあらすじ!

怪奇幻想○○店!

ヒューマニティ騎士団!

みんな色々考えたけど!

やっぱり、世界観の基盤は必要だよね。

と、いうわけで、ここでは世界観の基盤をオレが書くので、書いたら質問などどうぞ。

ただし、時間かかりそうだし徹夜してトークメーカーやってたら午前4時だし、一旦寝るのでお願いウェイト

6時間寝たので書き込みます。

どこから書いたらいいんだろうか……

【シェアード・ワールドとしてのコンセプト】


表立っては知られていない様々な脅威とヒーローの戦いを描く。

【世界観】

人間の理解を超えた存在に、「神」がいる。
神の定義とは、「大きな力を持っている存在」あるいは「大きな力そのもの」
様々な存在が神として知られており、
大きくわけて「神として信仰されている、宇宙人や魔物」「神として信仰されている、科学では解明不可能な法則」の二種類がある。

神や、神の生み出した存在はときに脅威となり、ときにヒーローとなる。

神の力を人間が持つと「超能力者」と呼ばれる。

一方、神の力を利用する者は「魔術師」であり、
神の力を利用するための「技術」「学問」「科学」を「魔術」と呼ぶ。
表社会において、魔術は科学の一分野としては見られてはいないが、
裏社会においては科学の一分野として研究されている。
超能力者や魔術師は、「秘密結社」を作ることが多い。
魔術師が魔術を普及させれば、魔術師は神の恩恵を独占できなくなるし
超能力者が公に活動すれば、他の秘密結社に狙われてしまうからだ。

【海姫市における脅威とヒーロー】

現代日本の発展した街、海姫市にはそれまで脅威もヒーローも存在しなかった。
海姫市において脅威及びヒーローが誕生したのは、秩序の破壊神と呼ばれる神が海姫市の秩序を破壊したからである。秩序の破壊神は大きな力そのものであり、その破壊には何の意思も何の理由もなかった。
破壊された秩序は、精神に関する秩序である。精神自体の秩序は侵されていないが、ただの人間が「自分の精神」を高次元から召喚できるようになったり、神の力を持った「霊」が出現した。
「精神」と「霊」、この二つは英語において「スピリット」という言葉で表すことができる。よって、この二つを総称して「スピリット」と呼ぶ。

か……書き終わった……これ以上はアイディアないです……

精神を実体化して召喚させる超能力や魔術自体はこれまでにも確認されている。ダイモーン、守護天使、物質化さえしたエクトプラズムなどがそれだ。
しかし、今回の「秩序の破壊神」によるスピリット召喚超能力者の爆発的増加は8~12世紀の平安京(当時「生霊」と呼ばれたものがそれだ)をはるかにしのぐほどの事件である。しかも今回のスピリット召喚には「スピリットが具象的実体として存在する」「スピリットの起こす超常現象が、超能力者ごとに極めて限定されている」「超能力者自体にも身体能力の一定の上昇がみられる」といった法則(秩序)が存在するため、「秩序の破壊神」の他に少なくとももう一柱以上の神が干渉している……と“世界的にでかい組織”は結論付けた。

“世界的にでかい組織”は従来の魔術や超能力と区別するために、これらの超能力者を“能力者全体の名称”と、召喚されたスピリットを“スピリットの名称”と名付け監視と保護を決定した。
このシェアードワールドは、主に“能力者全体の名称”同士の戦いを描くものと想定し形成されたものである。

8〜12世紀の平安京パネェ

16tさんパネェ

先ほど「神として信仰されている、宇宙人や魔物」と記述されたが、宇宙人や魔物は確かに存在する。では宇宙人はともかく、魔物とは何か?「魔術」の範疇に入らない現代の科学では説明できない力を秘めた実体の総称でしかない(なお、既知の生物にも「蠅が飛ぶ仕組みは揚力だけでは説明できない」などの謎はあるが、余りにも普遍的な生物なので除外されている)。
ただし、“能力者全体の名称”が最も普遍的に遭遇するであろう魔物は、「秩序の破壊神」またはそれに関わりのある神の干渉を受けた生物や物品と規定する。魔物は“魔物の名称”と呼称される。

“能力者全体の名称”や“魔物の名称”が発生しやすい場所および触れると「秩序の破壊神」の干渉を受ける物品は、“世界的にでかい組織”によって「ホットスポット」と名付けられた。
(「ジョジョ」における「弓と矢」「悪魔の手のひら」「壁の目」に近い)
(一部の魔術は「ジョジョ」の「波紋」「回転」に近いなんかだと私は解釈しました。その他の魔術体系は世界に山とある)

ここで応募や。
皆さんには
“世界的にでかい組織”(俺の提案:ヒューマニティ騎士団)
“能力者全体の名称”
“スピリットの名称”
“魔物の名称”
を考えてもらいます。マルナゲ!

なお、“世界的にでかい組織”やそこと提携している法王庁、およびイスラム系神秘主義団体は、他の秘密結社から「神」と呼称される「神として信仰されている、科学では解明不可能な法則」を「神」とは呼ばず「ギフトメーカー」と呼称している。「神として信仰されている、宇宙人や魔物」も「神」とは呼ばない。彼らにとって神とはアブラハムの宗教における唯一神であり、哲学における絶対者に他ならないからである。ただし、神話や宗教として伝えられる、実在の確認されていない多神教の神々は一般名詞として割と「神」とは呼ぶ。
(「神」と呼称していないからと言って、必ずしも尊重や尊敬をしていないわけではないことに注意。信仰はしていない)

そうだ島崎さん、pixivで「【ぴくカゲⅡ】」タグを検索すると、化身使い同士の戦いの群像劇がどんなものか参考になると思います。企画元のアカウントはなくなってしまったけど。
http://dic.pixiv.net/a/ぴくカゲⅡ

長くて16tさんの話よく分かってないけど世界的にでかい組織の名前思いつきましたよ


「財団HPW」なんかの略称。なんの略称なのかは誰か決めて下さい。
社会的にそこそこ有名(オカルトで有名な訳では無い)
騎士団はオカルト面で有名そうだったので、社会的に有名にしてみた。

まあ。“能力者全体の名称”“スピリットの名称”“魔物の名称”の定義は“世界的にでかい組織”が決めてることなので。組織の活動や能力の実態が伝わってない地域の能力者は勝手に名前を決めるんじゃないかなって思います。地域ごとに出現するエフェクトとか、見た目とかが違ってたり。ていうか俺ならそうしたい。

「財団HPW」どうしてもスピードワゴン財団とかぶってしまいそうや……そこから「ジョジョのパクリ」って言い出す人も出てくるかもしれない……最近は「SCP財団」の「財団」もあるし……だから個人的にはそれには反対したいです。
化身バトル自体はメジャーな設定なので、どう独自性を出していくか……

社会的に有名でなんか秘密で怪しいことができる組織が思いつかなかったです。無かった事にしておいて下さい。

社会的に有名になれるのは…○○協会とか?

財閥とかNPO法人とか?我々の地球で、世界を股にかけて金をかけて魔法や超科学の研究を行える組織を考えてみると……三菱グループとか、マルタ騎士団とか。ユネスコなんかも怪しい。

よっしゃ、ここ2日動きがないのでおいちゃんが案出したろ。
“能力者全体の名称”:イキリョイスト(IKIRYOist)
“スピリットの名称”:IKIRYO(由来は平安時代の生霊から。あの頃の召喚スピリットは、実は今の召喚スピリットとほぼ同一の存在だったということで。)

源氏物語(この世界の歴史では正史)の六条御息所はIKIRYOが暴走したイキリョイスト。

“魔物の名称”は以下の2つ両方の存在を提案。
1.SHIRYO
死霊。一種の幽霊のようなものだが、普通の幽霊とは区別される。本体が死ねばIKIRYOは消える場合が多いが、強い未練を持ったまま死ぬと精神がIKIRYOに転写される可能性がある。まともな理性は残っている場合も残っていない場合もある。未練を果たしても消えない。
2.エイペップ寄生主
『エイペップ』(エジプト神話のアペプから採られた名前)という知性を持ったただ1種類の菌類に寄生された動物。筋肉や骨が攻撃的に変形したり触手状のキノコが生えたりする場合が多い。多かれ少なかれ集合意識を持ち、仲間を増やすために行動する。人間ならば肉体変異や衝動を任意に抑えることも(抑えないことも)可能で、場合によってはイキリョイストにもなりうる。プロトタイプBRAVEMANで議論されたニャルラトテップの化身に近いか。

書き込もうと思ったら書き込まれていたwwくそっw

一応言っておくと、海姫市のスピリットは実体化してないです。実体化するとバレちゃう……

世界的にでかい組織……とりあえず、ヒューマニティ騎士団で

能力者全体の名称……神によって創られたものを被造物と呼ぶそうです。よって、神に破壊されたこれは『被壊物』
魔物全体の名称……同じく、被壊物

保護・監視する側からしたら、人間だろうと人間じゃなかろうと被壊物であることには変わりないんじゃないだろうか。

イキリョイストはちょっと……ダサいかな……

魔物も神様に破壊された物も「被壊物」だとややこしいと思うので魔物は「被壊動物」とかにした方が良いです。

イキリョイストは「リョ」ってところが発音しててダサいかなと思います。怪獣系のカッコイイなら「ガギグゲゴ」スタイリッシュなら「さしすせそ」が良いです。

普通にIKIRYO使い(IKIRYO user)にしようか、でもインパクトが欲しいなと思ったが思いのほか受けが悪かったぜイキリョイスト!
ああでも、同じ生霊なら変に穿ってIKIRYOなんて名前にするんじゃなくて普通にレイス(Wraith)でもいいかもな……SHIRYOもドラウグル(Draugr)で……

私はちょっと「名前を付けるなら、英語としても自然な単語がいいかな」なんてのを念頭に置いてるので、被造物はcreatureだから、被壊物はuncreature(アンクリーチャー)か、destrure(デストルア)か。ただ単なる「被壊物」だと、スピリット召喚者に限らずただ秩序を壊された存在全般を指すので(召喚者出現以前に別な形で秩序を壊された非召喚者も同じく被壊物なのか、被壊動物はスピリット出せるのか)、スピリット召喚者を特に区別したいなあと思う私。
人間を「被壊物」と呼ぶ(というか人間の被壊物は全てスピリット出せると定義してもいい)なら、魔物は「非人類被壊物」と呼んでもいいかも。

「海姫市のスピリットは実体化してないです」これの説明はちょっと私の言葉が足りませんでしたね。召喚スピリットはスピリット召喚者や魔術師にしか見えません、当然のことです。私が「実体化した」と言ってるのには2つニュアンスがあります。
1.常人に見える見えないは関係なく、「夢の中だとか精霊界といった、物理的空間としてはない場所」ではなく「我々の暮らす物質界の空間上に出現した」という意味
2.「気配を感じる」だとか「もやのように見える」とかではなく、「能力者の視覚・聴覚から見てはっきりとした形(実体)があるように感じられる」という意味
物質は実体ですが、物質だけが「実体」ではないのだと頭の中で普通に思ってました、すみません。

決めておきたいことが2つ。
このシェアードワールドで扱う「魔物」とはどう定義するか。凡百なフェアリーやアンデッド(まあこれまでにも魔法や超能力がある以上彼らもいるのだろうが)を何種類もごたまぜに登場させると、独自性を一気に潰してしまう。ヘルハウンドや雪女や堕天使を倒すのは、召喚者ではなく陰陽師に任せましょう。

それは野生のスピリットなのか?生き物なのか?秩序の破壊神の欠片なのか?
彼らは大きく分けて何種類いる?全員人間と敵対しているのか?敵対しているとすれば、なぜ?それとも人間のように性格も価値観もばらばらなのか?そもそも奴らに人間のような知性があるのか?
生き物なら、こいつらはスピリット召喚者になりうるのか?研究すれば人工的に生み出せるのか?人間の中に紛れて暮らしている奴もいるのか?元人間だったのか?生き物ならば生身の肉体があるが、一般人には見える?見えないとしたら、なぜ?

いっそのこと「召喚者は魔物と出会うことはあんまりない、出会ったとしても魔物の種類は様々で一期一会」としてもいいでしょう。一緒に考えましょう。

で、もう1つ。
召喚スピリットがダメージを受けた時、そのフィードバックはどうしましょう。

1.スピリットが傷を負うと、本体も同程度のダメージを受ける。
2.スピリットと本体のダメージは連動しないか、連動しても本体の負担は軽い。スピリットが致命傷を負った場合消滅し、本体は召喚者でなくなる。
3.2とおおむね同じだが、スピリットは死なない。ただ一定時間呼び出せなくなるだけ。
4.スピリットに傷を負わせることはできない。本体を気絶か消耗させない限り、勝負はつかない。

ジョジョでスタンド使いと相対する「魔物」っぽいのは、「吸血鬼」「柱の男」「ロッズ」「岩人間」そして「最初から本体のいない、または死んだスタンド」あたり。
ペルソナ(3以降)なら、「シャドウ」。
そういうイメージでもいいし、なんか別の案があればそれでも。

“世界的にでかい組織”(俺の提案:ヒューマニティ騎士団)
“スピリットの名称”(俺の提案:デストルア)(Destrure)(被壊物)
“能力者全体の名称”(俺の提案1:エクスタシスト)(Ecstasist)(脱魂者)
(提案2:デストルア投影師、または単に投影師)(Destrure projectionist)
“魔物の名称”そもそも魔物が必要かどうか?ザコ戦闘員は欲しいけど。

被壊物を能力者名でなくスピリット(壊された精神の秩序)の名称にした感じ。

ここでお知らせ……

うつ病がマジにヤバくなってきたので、
とてもシェアード・ワールドどころじゃなくなってきました。
回復するまで、妹にこの作品の運営を任せることにします。
この企画に興味がある人は、議論を先に進めてください。

何か、アイデアを書こうかとも思ったけど、
今のオレには無理みたいです。申し訳ない……

それはお大事に……おいしいもの食べて、眠れるだけ寝て、余力があれば外で日光を浴びて、お薬は気力がなくても無理にでも飲んでください。

島崎さんが休まれてから皆さん息してますか。俺は物語のためのアイコン作成作業に手間取ってるという本末転倒な事態に陥ってます。
ぼかあこのシェアード・ワールドを、島崎さんの「BRAVEMAN」がそのまま運用できるような形にしていきたいんだ。でも書き手ごとになんぼでも特徴の出せるような世界にもすべきだ。
「BRAVEMAN」はあらすじを見るに人に知られず悪を討つ正統派現代アクションという印象でしたが、街によっては化身による一対一の決闘が密やかに流行しているかもしれない。あるいは、別に倒す敵などおらずダラダラする、だがちょっとしたトラブルを化身で解決するゆる女子化身使いクラブとかもあるかもしれない。
俺はコンプレックスの塊の人間がくたびれた見た目の化身を使ってしょうもない悪事を行い、自警団の腕っぷしは強いが大したことのできない化身に叩きのめされるような、そんな陰々鬱々とした街の話を作ってみたいんだ。

ちょっと提案。能力の覚醒が「秩序が破壊されたから」なら、スピリットを連続で使いすぎると自分や周囲の秩序まで壊れていく、なんてどうでしょ。これがあると他の化身バトルものと差別化できる。
例えば、周囲を凍らせる能力者だったら、体温が低くなったり、能力の暴走した土地の気温が永久に上がらなかったり。スピリットがワニの形なら、左足だけ鱗に覆われたり、中指がワニの頭になったり、触れるなめし革がことごとくワニ革になってしまったり。周囲の風景が極彩色になったり建物がお菓子になったりするのは、どの能力者でもあり得る現象だったり。既存の世界秩序がどんどん混沌に浸食されていくんだ。

息は……してるけども。試験前なので後1ヶ月はあまり活動できない。


侵食いいと思います。何かの拍子にバレちゃったり使えそう。

なんか俺ばっかり提案が通っている気がする……
全体的になんだか「こんな案どうかな」って提案ばかりで着地点が見えてこない気がします。我々に必要なのは賛同による採決ではないでしょうか。

こうなれば最終決定権を誰に委ねるかはっきり決めておきたいですね。企画立案者の島崎さんにするか(現状療養中ですが)、賛成が一定件数あった意見を採用するか。部外者である俺が決めるのは軒を借りて母屋を取る行為なので駄目だ。

まだ島崎さんは療養中みたいですね。

私はフリーなのでだいたい活動中なのですが、16tさんの書き込みの密度が濃過ぎて未だに全て読み終えていません……。
読み易さが欲しいです(切実)。居ても、内容読めてなきゃ何も言えないんで……。

2017/02/26 23:49

「使うに連れて秩序破壊」はちょっと得しないかなぁ。

仮に歩いたり走ったりする時に全然疲れないスピリットがあったとして、いつも通学する時に使ってたら通学路が大変な事になる訳ですよ、大変じゃないですか。
でも、秩序が破壊されるから、国レベルの組織がスピリット使いを捜査して駆除するとかっていうのも面白いですけどね。

2017/02/27 00:03

シェアード・ワールド名:アニュージュアル・エリアス

【コンセプト】
人々の日常の裏で、人知れず怪異と戦うヒーローを描き、その過程で生まれた設定を共有できるシェアードワールド。

【根幹となる設定】
地球各地が異常区域〈アニュージュアル・エリア〉となった。高次元から降り注ぐエネルギーは次元の雨と呼ばれ、各異常区域において様々な怪異を引き起こしている。
次元の雨は国家機密級の秘匿情報だが、降りやませる方法はいまだ見つかっていない。そのため、既に発生した怪異に対して、様々な組織、または個人が対処しているのが現状である。
なお、怪異的なものが全て次元の雨によるわけではない。土着、あるいは外来の怪異も存在する。物語の発端や中心となるイベントが次元の雨によるものであれば、その他の怪異も許容される。

【自由に作れる設定】
キャラ、場所、組織、アイテム、能力系統、その他もろもろの設定を自由に作れる。作った設定はデータベースに載せる。

*要議論:載せる設定の範囲(主役でもモブキャラでもないキャラはどうするか、一人のキャラにつきどこまで設定を書くか)

【二次的な設定/実体/アイコン】
シェアードワールド内なら二次的な設定は自由に作れるし、実体も登場できる。また、設定の実体に対応するアイコンが自作品のアイコンと合わない絵柄だった場合、自分の絵柄で書くこともできる。また、実体の容姿が変化する(例えばアメ玉やゾンビになる)場合などはそのようにアイコンを変えてもいい。

*要議論:作った二次設定はデータベースに載せるか否か

【二次的な設定が矛盾した場合】
根幹となる設定に矛盾していなければ、多少の矛盾は気合いで無かったことにする。元になった作品と大幅に矛盾した場合は、パラレルワールドの設定を採用する。

2017/03/11 10:52

お待たせしました。できましたぞ!

2017/03/11 10:55

次は能力系統(スタンドか波紋か、死神か滅却師か、みたいな)を考えなきゃ。さすがに、スピリットだけじゃ物足りない。


身体能力……殴る蹴るから毒針まで

スピリット……自分の精神を具体的な形にして召喚する。要はスタンド。霊感のある人ならスピリットが見える。スピリットが傷つくと精神や五感にダメージがある。スピリットによるスピリットへの攻撃は一種の精神攻撃。

ダーク・アーツ……身体能力としてダークエネルギーやダークマターを操る。それぞれ目に見えないものだが、光や炎を伴うもの(脳の誤認含む)は一般人でも見える。

続く

2017/03/11 10:56

空属性の魔法:現実改変能力。格上に通用しづらいことが弱点(例えば神)。他属性の魔法による現実認識能力(温度を見る、心を読む、サイコメトリーなど)と相性がいい。逆に、五感を含めて現実認識がほとんどできない状態では、現実改変が『空振り』を見せる。


天属性の魔法:崇拝する邪神の力で行う魔法。呪文を唱えることで対応する効果を引き起こせる。空属性の魔法が通用しない相手は、天属性だと効く場合がある(場合がある)。

メタ・サイキック:超能力に対抗するための人工的な能力。何トンもの怪力や、目に見えぬスピード、そして能力者に対抗するためだけの固有能力がある。固有能力の例は能力無効化、反射、吸収など。変わった所ではドローン生成や精神的ダメージ無効化もある。

2017/03/11 11:55

おかえりなさい!治ったんですか!?

16tさんの「使うに連れて秩序破壊」という案についてどう思いますか?
面白いけど使っている側としてはめんどくさいかなぁっておれは思ってるんですけど。

うーん、下手に怪異が連発するとめんどくさいので、全キャラに共通する設定ではなく、強い能力だとペナルティがある、って感じでお願いします。使いすぎると能力が暴走するとか。

2017/03/11 23:07

うつ病は回復してきましたが、完治してないです(正確には非定型うつと言って、テレビで見るようなステレオタイプではないらしい……)。


ただ、思い悩んだ成果もありました。例えば、不幸から目を背けることはよくないけど、不幸を見てるだけでは意味がない、みたいな哲学っぽいことを考えられるようになりました。

いいネタになりそう。

あ、16tさん、他作品の化身使いとの差別化は、そこまで考えなくていいと思います。ただし、シェアード・ワールド全体としての話です。


昨日設定を整理したんですが、BRAVEMANの化身使いものとしてのアイデンティティは、「ヒーローもの」っぽさであるようです。ヒーロー変身前→ヒーロー変身後の関係を、化身使い→化身の関係に置き換えているらしい。変身ヒーローに次ぐ新ジャンル、『召喚ヒーロー』ってわけです。

化身使いものは知名度の割に、ステレオタイプと言えるような作品が少ないと思います。能力の基本設定を変えず(=ステレオタイプ)、それ以外のオリジナリティを上手く作品と噛み合わせることさえできれば、逆に今までにはなかったような化身ものにできるかもしれない。


補足:能力系統ごとの能力者の特徴について

スピリット:次元の雨を浴びた一般人、中級クラスの魔法使い
ダーク・アーツ:身体的な人外(宇宙人、魔物、神々、改造人間、進化人類、ロボット)
空属性の魔法:上級~最上級クラスの魔法使い、神々
天属性の魔法:下級~上級クラスの魔法使い(邪神のレベルによって最上級も)、神々
メタ・サイキック:とある秘密結社(名称未定、所属不明の敵対者により既に壊滅済み)のエージェント、及びその結社の技術を盗用して作られたエージェント

2017/03/12 00:08

補足の補足:


スピリット持ちのダークアーツ使いとかもいるので、上記の文章は参考程度に。そんでもって、肉体のないスピリットが使う能力については、『ダークアーツではない』ということにしてください。スピリットの能力には、基準が不明瞭な『概念能力』があると思います。ブレイブマンの能力でさえ、「水を作って、操る?水ってどこからどこまで?」と言われたら、「戦いでは血しぶきが混じる……純水しか操れないわけではない……だからといって、ドロッドロの絵の具をスイスイ動かしてたらおかしいだろうな」という感じで、はっきりした境界が引けないので。

2017/03/26 03:23

さらなる補足


空属性・天属性の他に、炎や水の属性魔法もありますが、定義が難しいので言及はしません。でも、絶対そっちの方がポピュラーだと思います。現実改変能力者のバーゲンセールだなんて、下手なサイヤ人より恐ろしいので……

また、魔法は使えるけど戦士ではない、というキャラクターもいるはずです。一昨日かな?オカルトについて調べてたら、ガチなサイトを見つけたんです。そしたら、『魔術師は炎出さない』って記述が。会社の仕事を頑張れるように護符を作ってる的なことが書いてあった気がする。
筋は通ってる……筋は通ってるんだよ……『巫女さんは弾幕撃たない』『坊さんは破ァしない』『魔術師は炎出さない』、それが現実……(ニンジャは存在しない、いいね?)

2017/03/26 17:56

逆に、戦う魔術師は全員ムキムキです。これは譲れない。

2017/03/26 17:58

ムキムキかはともかく、魔術師がアクロバティックだとカッコイイっすよね


ページトップへ