ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

1-1. 1615年のハッピーバースデイ

エピソードの総文字数=1,715文字

「魔女の作り方」
 ピクニックに持っていくお弁当の作り方――とでも言うように、紅衣の男は涼しげに声を弾ませた。

「とってもカンタン。誰にでもできます。バカでも大丈夫です。教皇(パウルス)でも、がんばればできます。あっ、でも英国王(ジェームズ)には難しいかもしれませんね」
 薄暗い部屋で、男は足音でリズムを刻む。小気味良い残響が、蝋燭の微かな炎を揺らした。
 床には、一人の少女が仰向けに寝かされている。年の頃は十ほどの、幼い娘。艶やかな黒髪と透けるような白い肌を持つ少女だった。
 少女は裸で、両手両足を固縛されている。猿轡を噛まされ、涙と鼻水を垂れ流しながら懸命に身を捩っている。
 手足は大の字に開かれ、局部を隠すことも許されない。股の間にはとうに水溜りが出来ていた。

「ではさっそく作っていきましょう」
 少女が恐怖に目を見開く。
 紅衣の男が、愛おしげに腰の長剣を抜いていた。金細工の装飾鍔から伸びる刃には、精巧な紋様が幾重にも彫り込まれている。美しい剣だった。

「まず腕を斬ります」
 絶叫。声にならない叫び。長く長く、しかしその声は誰にも届くことがない。
 芸術品の如き刃は、然るに、切れ味に劣った。少女の細腕とはいえ、骨ごと断ち切るには、それなりの手間を要する。
 男はその作業を、汗をかきながら、しかし楽しんで、ゆっくりゆっくり行った。乱雑な傷口からは血が止め処なく流れ、床は赤黒く染まる。
「……次に。首を掻き切ります」
 肩で息をしながら、男は、満面の笑みで長剣を逆手に構え直す。
 その切っ先は、片腕を失いぐったりと動かなくなった少女の首元に向けられる。
「出来るだけ深く、けど死なない程度に切るのがポイント。血をいっぱい出すのがコツです」
 びくん、と少女が跳ねた。
 血泡の混じった息が、抉られた首元から噴き出る。

「最後に――聖遺物(レリクス)を、少々」
 男は、何か小さな包を懐から取り出して、少女の胸の上にそっと置いた。包からは、鈍く輝く光が洩れている。灯火の光とは異なる、この血腥い場には不釣合いな、淡く優しい光だった。
「仕上げに、聖遺物を穢すことを忘れないこと♪」
 ぽたり、と一滴。紅衣の男は、長剣を濡らす血液を光る包に垂らした。
 淡く輝く白い光が、じわじわと赤黒く染められていく。それは、血の色よりも濃く、深く、重たい昏冥の色。
 ぶくぶくと、泡立つように。
 昏い赤黒が、少女の身体を浸していく――。

 いたいけな少女がおぞましい何かに犯されていく。その様に、紅衣の男は眼を眇める。
「……おめでとう、我が娘。おめでとう、ラサリナ。おめでとう。君は今、産まれる。本当の意味で、産まれるんだ。おめでとう、本当におめでとう」
 両腕で己を抱き、感動に打ち震える彼の目は、神の奇跡を目の当たりにした者のそれだった。
「おめでとう! おめでとうおめでとうおめでとう! おめでとうおめでとうおめでとうおめでとう! ハッピーバースデイ、ラサリナ!」
 感極まって、男はその場でくるくると踊り始める。でたらめに喚き散らされる祝福の声が、めちゃくちゃに暗闇に残響する。
「ハッピーバースディ、魔女(メハシェファ) ! 神様ありがとう! 神様ありがとう! ハッピィィィィィィバァァァァァァスデェェェェェイ!!」」
 踊る男の赤い足音は、薄暗い部屋に楽しげにリズムを刻んだ。足元に拡がった筈の血溜まりは、もう無くなっていた。

「なぁ英国王(ジェームズ)東インド(ここ)は良いところだよおおおおおおおお!!」

 17世紀。後に大航海時代と称される時代。
 魔女狩りによってヨーロッパを追われた人外たちは、東へ東へと落ち延びた。
 人外たちが流れ着いた先は、欲望渦巻く東インド――そこは奇しくも、大航海時代の新境地。ヨーロッパ中の冒険商人たちが恋い焦がれる、香辛料の一大産地である。
 ヨーロッパ商人たちの欲望と抗争。落ち延びた人外たちの跳梁。そして東インド元来の呪術師たち。

 金と魔と呪。

 それら全てが絡み合い、今や東インドの地は、世界に類を見ない、混沌の坩堝と化していた。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ