チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百四十五話『豪華な扉の鍵(左)』

エピソードの総文字数=1,143文字

「攻撃は間に合わない!仕方がない!!」
2017/09/10 20:49
と、珊瑚に向かって飛び、『ビッグゴーストエレメンツ』との間に挟まる僕。

そして、SSSランクの防具「神衣 - カムイ」シリーズ鎧の『神の鎧 - ゴッドメイル』
の防御力によってダメージが『0』と表示される。
2017/09/10 20:49
「ま、間に合った!」
2017/09/10 20:49
と、『ビッグゴーストエレメンツ』の攻撃を背中に受け、珊瑚を抱きかかえる形で、地面に倒れ込んだ。
2017/09/10 20:49
「でた!無敵のやつだ!」
2017/09/10 20:49
とサラが言う。
2017/09/10 20:49
「いや、無敵じゃないんだよ、硬直時間もあるし、多用はよくない・・・」
2017/09/10 20:50
とサラに言いながら、僕は巻き込んで倒してしまった、珊瑚の手をとって彼女を起こす。
2017/09/10 20:50
「大丈夫だった?」
2017/09/10 20:50
と、珊瑚に言いいながら微笑む僕。
2017/09/10 20:50
「う・・・うん・・・」
2017/09/10 20:50
と顔を赤らめながら言う。
2017/09/10 20:50
「かっ、かっこええ・・・」
2017/09/10 20:50
と珊瑚は更にちいさな声で呟いた。僕にはギリギリ聞こえなかった。
2017/09/10 20:50
「うんうん」
2017/09/10 20:50
と、水晶さんが微笑んでいる。
珊瑚はなんと言ったんだろうか?
と僕が不思議そうにしていると、水晶さんが動き出した。
2017/09/10 20:51
「珊瑚ちゃんの死は無駄にしないわよ!行くわよ瑠璃ちゃん!」
2017/09/10 20:51
「うん、珊瑚の死はムダにしない」
2017/09/10 20:51
と『ジェムボックス』の二人が言いながら戦闘態勢にうつる。
2017/09/10 20:51
「いや、私、死んでませんけど・・・」
2017/09/10 20:51
と珊瑚が言うやいなや、『ジェムボックス』の魔法使いチームの総攻撃が始まった。
いつもの光景だった。

彼女たちの手元が光りだす。魔法の発動だ。
2017/09/10 20:51
「私も行きます!」
2017/09/10 20:51
と奈緒子も言う。
2017/09/10 20:51
「ファイヤー」
2017/09/10 20:51
「ファイヤー」
2017/09/10 20:52
「ファイヤー」
2017/09/10 20:52
様々な角度から、3つの『ファイヤー』が大きな白いお化け『ビッグゴーストエレメンツ』を襲う。

ドカァァァァンと大きく、攻撃が当たる。
しかし、致命傷には至らなかった。
そしてまた姿を消した。

『透明移動 - インビジブルムーブ』だ。
2017/09/10 20:52
「ぎゃー!!」
2017/09/10 20:52
とサラが叫ぶ。

サラと珊瑚を狙っているようだ。
効果的な攻撃方法だな、と思ったが、流石に女子を何度も脅かすのは、紳士的な態度とはいえない。

さすがに頭に来ていた僕は、出現前に現れる、影をしっかり目で捉えて、先回りしていた。
2017/09/10 20:52
「はしゃぎ過ぎだ!『ビッグゴーストエレメンツ』!」
2017/09/10 20:52
と出てきた瞬間にSSSランクの武器「 神の剣 -デュランダル 」を大きく構えて、振り下ろす。

ドカアァァァァン

と大きな音がして、『ビツグゴーストエレメンツ』は消滅した。
そして、光り何かが飛んできた。
2017/09/10 20:52
「珊瑚の仇は取ったよ!」
2017/09/10 20:52
と、僕はその光を手にとって、笑った。
2017/09/10 20:52
「だから死んでへんって!」
2017/09/10 20:53
と珊瑚が笑った。
2017/09/10 20:53
「お、『豪華な扉』の鍵ゲット!」
2017/09/10 20:53
と僕が言いながら、光を皆に見せる。最初の部屋で『ゴーストエレメンツ』が持って行ってしまった、中央の部屋の鍵の片方を手に入れたのだった。
2017/09/10 20:53
「よし、もう一つの部屋にいって、もう一個の鍵も手に入れよう!!」
2017/09/10 20:53
と、僕が笑った。
2017/09/10 20:53

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ