天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

その晩、ジャルとサユラムのひと悶着

エピソードの総文字数=598文字

深夜
話がありますの
こんな夜更けにどうしたんだい?
まさか夜這いとか?
そのまま息の根止めますわよ?
冗談冗談

ちなみにミレちゃんは?
もう寝てますわ
一日中眺めていたくなるほどかわいらしい寝顔ですの
ほぉ……それをやめてまで来たってことは、よほど重要な話なのかな?
単刀直入に言いますわ
お姉さまを天界に帰してほしいですの
まぁ、その話だよね
すまないけどそれはできないかな
……理由をうかがってもよろしいですの?
このまま帰せば彼女は天界にたどり着く前に堕天しかねない
……やはりそうでしたのね
? ずいぶん簡単に信じるんだね?
まぁ、ある程度予想はしてましたので
それならば、お姉さまが無事に帰れるようになったら帰してくれるということですわよね?
それは魔界大公の名において約束しよう
……シャルミエルの名に誓ってほしいですわ
……

……ど、どこでそれを?

あら、誓えませんの?
いや、うん……分かった
その名に誓おう
こんな夜更けに2人で何してるんですか~……ふゎぁ~……
お姉さま!?
い、いえ……何でもないですわよ?
何か怪しいですね……
ただミレちゃんが普段どんな下着つけてるのかとか、そんな他愛のない話だよ
そうですそうです!
お姉さまが普段どんな……
えっ!?
へー、そうですかー……
いや、あの、ちがうんですのよ?
じゃ、俺はこれで
ちょ!
一人だけ逃げないでくださいよー!!
二人でじっくり『おはなし』しましょうか?
サユちゃん?
ごめんなさいですのー!!

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ