騒々しい兄弟の日常

弟の友人 ①

エピソードの総文字数=1,087文字

兄貴、あのさ~

土曜って家にいるの?

ん?どうしたんだよいきなり

まあいるけど、祝日で学校休みだし特に友達からも遊びとかには誘われてないからな

あ~、そうなのかぁ~(ガッカリ・・・)
なんだよお前!!

休日に俺がいたら悪いかよ!!

いや、別に悪いわけじゃないっていうか・・・

都合が悪いっていうか・・・

いったいなんなんだよ!

はっきりしねぇ~な

あのさ、実は俺ずっとクラスで片想いしてる子がいてさ
ふ~んで、まさか

自分の自慢話じゃねぇ~だろうな

ごめん、兄貴

そのまさかなんだけど、俺が片想いしてる女の子からいきなり俺の家に遊びに行きたいって言われちゃってさ

はぁ~~いいなぁ~~

ふざけんなよ!

そんなの羨ましすぎだろぉぉ!!

いいだろ!!

これ絶対に俺のこと好きだよな!!

いきなり俺んちに行きたいなんて好きじゃなくちゃ言わないよな!!!

まあ悔しいけどそれしかないな

別に弟の恋が叶うのは悪いことじゃないし、兄としても喜ばしいことだしな・・・

わが弟よ!よかったな!

でも上手くいきすぎじゃないかそれ、だって自分が好きな女の子がもう自分のことを好きでいるなんてさぁ~漫画みたいだよなァ~

俺も共学に行っていたらこんな恋ができたのかな・・・

ありがとう兄貴!そんなに俺のことを思っていてくれていたなんてな、

で、兄貴がいたら邪魔だから明日はどっか出かけててくれない?

(っく、なんだよその言い方は!せっかく褒めてやってのに!まあ別に何するってわけじゃないけどちょっと攻撃してみるか)

いやこの日は絶対に無理だ!!その日は「魔法少年マジック次郎」の全30話一気見放送があるから家からは一歩も出ることはできない!!

おい、頼むよ~

大事な弟が恋人になる予定の女の子を初めて家に連れてくる日なんだぞ!

そんなアニメよりもずっと大事な日なのに!

ちょっとは協力してくれよォ~~!

ダメだね!!

アイドルオタクのお前だったらわかってくれると思ったのによ・・・

もしアイドルの大事な特番が1日中やっているとする、その時に俺が大事な用事があってお前がいると邪魔だからちょっと消えててくれるって言われたらどうだ?

そりゃまあブチ切れだろうな
だろ?それと同じだよ

別に何かしてやろうって思ってるわけじゃないんだしさ、家にいてもいいだろ?

うぅ~…

本当に邪魔するんじゃね~ぞ

わかったよ、極力俺も部屋から出ないようにするからさ
わかった、よろしくな兄貴
おう!明日がんばれよ!

俺にはこんなチャンス大学生になるまで来ないんだから大事に使えよ、このチャンスを!

まあさっきの話だともうお互いに好き同士っぽいから大丈夫そうだけどな(笑)


きっと大丈夫だよ

俺に任せとけ!!

つづく・・・

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ