マジカルミュージック

音楽のフェアリーの嘘恋

エピソードの総文字数=1,495文字

    この日、歌音は郁に話しかける事にした。

    あの日の大河との喧嘩以来、郁は大河との接触を避け、女子たちと行動しているのが目についた。

    合奏でもコントラバスの音色が上の空で、宙を漂っている空気みたいに軽く、低音を支えるにはただぎこちない演奏を続けているだけであった。

    このままだと「第六の幸福をもたらす宿」も「sing sing sing」も薄っぺらい音楽になってしまう、と歌音は思ったからだ。

    後、歌音と郁には同じクラスの人というぐらいしか接点はない。

2017/08/04 14:58
あの……郁ちゃん。ちょっと良いかな?
2017/08/04 15:03
歌音さん?    あたしと歌音さんって接点ありましたっけ?
2017/08/04 15:06
特にないけど……。同じ音楽を志す者かな?
2017/08/04 15:07
そうそう……。歌音さんと目指している音楽は違うけど……。まぁ、言いたいことは分かるわ
2017/08/04 15:08
えっ……
2017/08/04 15:10
大河との喧嘩の件でしょ?特別に教えてあげるわ、歌音さん。あたしが、どうして大河との嘘恋に付き合っているのかを……


2017/08/04 15:10
    大河と郁が付き合っている理由は、嘘恋……?
2017/08/04 15:13
えっ、あんだけ仲がいいのに?!    嘘恋ってどういうことなの?!
2017/08/04 15:14
利害関係……と言った方がいいかしら?    あたしは、里紗の実力を取り戻す手伝いをする。それに反して、大河の目的は里紗に復讐をし、苦しめること……。しかし、それが最近可笑しくなってしまったのよ……。何か……可笑しいの……
2017/08/04 15:16
利害関係?    どうして里紗を苦しめるのが目標って……どういうことなの?!    大河は何を目的に動いているのか分かる?!
2017/08/04 15:21
大河がフルートを始めた理由が、里紗のクラリネットの音色に惹かれたから、と言っていたわ。でも、あたしには大河を助けられないわ。前もそうだったわ。お願い、歌音さん!!    大河を助けてあげて!!    あたしには、難しいの。こんなことになったのは、去年のコンクールからなの!!    歌音さんなら助けられるわ!!
2017/08/04 15:22
分かりました。出来る限りの事はします。大河くんの事は、私と圭くんにお任せください
2017/08/04 15:25
ありがとうございます、歌音さん。大河をお願いします
2017/08/04 15:28
    郁に頼まれた嘘恋の終演と本当の恋の始まり……。

    歌音は、この大事な目的を果たして大河を普通の状態に戻す。大河は、何者かにつけこまれている……。

2017/08/04 15:30
くっそー、高山里紗のやつ……。今日もあいつ合奏のピッコロのソロとの掛け合いの時、本気出さなかった。俺は、許さない。あいつが生きていることを許したくない
2017/08/04 15:33
    大河は一人、広瀬川の辺りに来ていた。

    大河の呟きは、誰一人聞くものはいない。

    だから、物騒な事を言っても誰も聞いていない。大河はそう思っていた。

    しかし、大河の後ろに黒スーツの紳士がいることに気がついていなかった。

2017/08/04 15:36
無能な高山里紗なんて死んでしまえばいいのに……。出来ないのなら俺がこの手で……
2017/08/04 15:39
物騒な事を言いますなぁ、ムッシュ
2017/08/04 15:40
何だ、お前?!    俺の時間の邪魔をするな!!
2017/08/04 15:45
あなたは、高山里紗さんに復讐をしたい、勿論この俺が願いを叶えてあげましょう
2017/08/04 15:47
はぁー(・´д`・)    何言ってんの?!
2017/08/04 15:49
これは、トリカブト。毒薬で有名な花です。花言葉は、騎士道・人間嫌い・復讐。あなたにこの花の力を貸してやります!!    どうか文句を言わないで高山里紗さんに復讐を果たしてください。そうすれば、あなたの望む高山里紗さんのいない世界になりますよ。俺は、これにてドローンさせていただきます。それでは、アディオス!!
2017/08/04 15:50
    男は、木の葉を突風で撒き散らしながらその場から姿を消した。

    大河は、その復讐の意味を理解していない。理解するのはまだまだ先の話。

2017/08/04 15:54

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ