いかに主は導きたまうか。

12. Like Johannes 教会にて。

エピソードの総文字数=1,135文字

  高野教会は高野の交差点からは西へ歩いて7分程。アパートからは10分程のところにあった。とりあえずは川向こうで別界隈である。歴史のあるカソリックの教会だった。聖堂は1940年からのものだそうだ。敷地には緑が多く、素朴にしてその佇まいはとても立派だった。日曜のミサへの参加では、後ろかか左列、最後尾(木の長椅子)にボクは座っていた。ボクは大きな声でこの聖歌を歌っていた。

    憐れみの賛歌(Kyrie eleison):
      「キリエ、エレイソン・クリステ、エレイソン」
      『主よ、あわれみたまえ。キリスト、あわれみたまえ』

  ある頃から、ボクの隣に背の高い若者が来るようになった。ボクより五つ程は若い。ミサでは歌が多いのだけれど、彼はボクに当てられて歌うようになっていく。ボクを意識してしまい、更に大きな声で歌うのが形(パターン)になってしまう。調和がないのでボクは圧迫されたように感じてしまってた。熱心なのはいいのだけれど、こちらとしては望まぬ状況だった。こういう場合は、男の世界にはよくありがちな、負けじとばかりにこちらも頑張るというあり方もあるのだが、ボクはそういうのは苦手だ。

  洗礼者ヨハネ:『あの方は栄え、私は衰えなければならない』。

ボクは「よかろう」と、自身を弱め、あまり頑張らないように気配を消して歌うように努めた。自分の楽しみは薄まってしまうが、これで良しとした。

  [1990.12.2]は、降誕節、第一主日であった。ミサが終わって屋外にでてくると、子供達が沢山待ち構えていた。一人の女の子が一目散にボクに駆け寄り箱を渡してくれた。生まれて初めて他人からもらったプレゼントだった。軽いショックを受けながら、「ありがとう」とこの小さな女の子に伝えていた。女の子は笑って、皆の元にまたすぐに駆け戻っていった。この日のパンフレットは大切に額に入れてとってある。これの扉絵のイエスはボクのイコン(聖画像)となる。ビザンチン調の落ちついた男らしいイエスである。一二六〇年 アトス ヒランダー修道院とある。かなり先に、ネットで画像を見つける。画像拡大ソフトで大きくして、ヨドバシでプリントアウトする。額で飾り、ボクのパソコンモニターのかなり上方におられる。
http://www.hilandar.info/strana_sr.php?strana_id=241#prettyPhoto





追記:
その左手には三位一体。その右手にはグルジェフ。
下段にも三枚。左から、涅槃図、カーラチャクラ、六道輪廻。

扉絵の右には一文が添えられている。
「気をつけて、目を覚ましていなさい」(マルコ13.33)






◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ