マジカルミュージック

英雄の目覚め

エピソードの総文字数=1,222文字

    遂に二回目の合奏の日がやって来た。

    今回も前回と同じで「 ルパン三世のテーマ 」をやることになっている。パート練習を聞いて回ってみた。実力は、各々あるようで前よりはマシになっている。感情は、マシになっていないが、トランペットパートは、1人だけが楽しそうに吹っ切れたかのように吹いていた。

2017/05/27 16:47
    そして、今合奏の体型に皆各々が座っている。サボっている人は、やっぱり里紗。まだ来ていない。

    一成は、里紗を捜しに行ったっきり戻ってこない。

2017/05/27 16:50
昴くん!!    里紗を知らない?    何か伝言とか聞いてない?
2017/05/27 16:52
合奏は、居心地悪いから参加したくない、って聞いてるよ。何かトラウマがあるって……
2017/05/27 16:53
    これは、待っても呼んでも今は来てくれないだろう。仕方ない……。
2017/05/27 16:54
里紗……どうして来ないのよ……。昨日も呼んだのに……。いつまで悩んでるの……
2017/05/27 16:55
    渚の悲痛な心の叫びを感じてしまった。

    今日の合奏うまくいくのか?

    歌音が、指揮棒を構えると、皆楽器を構える。

2017/05/27 16:56
    指揮を振り落とすと、ティンパニの叩く音。やっぱり心ここにあらず……。

    トランペットの高音の音が映えるサウンドが響き渡る。やっぱり心を閉ざしている。

    しかし、圭くんだけは違った。周りより吹っ切れたかのように吹いていた。高音続きで、少し額に汗を滲ませているも楽しそうに吹いている。

    そのあと、木管の人たちによるメロディーが続く。やっぱり音楽を楽しんでいない。心ここにあらず、だ。トロンボーンのソロも味気ない。棒吹きだ。楽しそうじゃない。

    次のトランペットのソロは、圭くんが担当しているだけあり、楽しくノリのあるサウンドを見せてくれた。

    ぶっきらぼう勇者が目の前の壁(ゴーレム)を折れた剣ではなく、予備の金に輝く剣で征したのが心から流れてきた。

    ぶっきらぼう勇者は、ぶっきらぼうではなくなり、性格の明るい英雄として目覚めたのである。

    私は、嬉しくなったのか最後まで楽しく指揮を振り切った。

2017/05/27 16:58
ああ、楽しい。ここまで楽しく演奏出来たのは久々だよ。歌音の指揮は、吹きやすいよ
2017/05/27 17:12
ありがとう、圭くん。すごかったよ
2017/05/27 17:13
    その様子を羨ましそうに、外から里紗が見ていたとも知らず、私は1つの壁を乗り越えた達成感で満たされ、嬉しくなったのだった。

    しかし、また新たな試練が近づいているとも知らずに……。

2017/05/27 17:14
    その日の夜、部屋に渚がやって来た。

    ちょうど明里が悠と外出している時間帯だった。

2017/05/27 17:16
ごめんね、歌音!いきなり部屋に押しかけて……
2017/05/27 17:17
今、明里ちゃんも出掛けているから大丈夫だよ。何かあったの?
2017/05/27 17:18
助けて!!   パート練習が成り立たないの!!    クラリネットパートに纏まりがない上に……里紗、最近ストーカーされているみたいで……
2017/05/27 17:19
    衝撃が走る。

    歌音は、何も話しかけることが出来ず、渚の話を聞くことしか出来なかったのであった。

2017/05/27 17:20

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ