マジカルミュージック

ブルーローズの奇跡

エピソードの総文字数=1,072文字

    何時間ぐらい眠っただろうか……。もう眠りから永遠に覚めないと思っていた……。それでも、意識の浮上は抑えることは出来ない。

    歌音が、目を覚ますとあらゆる薬品の臭いがしてくる。ここは、どこなんだろうか……。何かと温かさを感じる……。

2017/07/19 21:13
    あれ……圭とかは何処にいるのかな?

    さっき……気を失う前、最後に目に入ったのは圭の驚きの表情と心配の感情……が見えたのだ。

    だから……歌音は圭を探すために保健室を出た。まだ少し身体が怠い感じがあったが、圭を探すことの方を優先してしまう……。

    歌音は、圭と仲のよい友達同士だ。

    でも、最近変わりつつある。

    歌音は、中庭へ出た。

    今日は、お昼過ぎから風が強く吹いており、花びらなどを散らしている。中庭に出ると、コスモスの花びらが舞い上がった。噴水の近くのベンチに圭が座っていた。

    歌音は、圭のいる所に走りだし、目の前まで行った。

2017/07/19 23:02
圭くん……
2017/07/19 23:10
歌音……マジごめん!!
2017/07/19 23:11
えっ?
2017/07/19 23:12
俺、守るって言ったのに守れなかった
2017/07/19 23:13
私は、圭くんの言葉をもう一度聞けて嬉しいよ。ありがとう……あの時、相馬先生を呼んでくれて……。後、心配かけてごめんね……
2017/07/19 23:15
    歌音がそこま言い切ると、圭にいきなり抱き締められた。

    でも、嫌な気持ちなんかにはならなかった。

   先程までの恐怖が抜けていく……。癒しの感覚が歌音の中に満ち溢れていた。歌音は、抱き締めてきた圭の頭を撫でながら、こう呟いた。

2017/07/19 23:40
ありがとう……圭くん。次は、私があなたを守る番だね
2017/07/19 23:43
ち……ちょっと待て!!    普通、逆だろう!!    俺がお前を守るんだよ!!
2017/07/19 23:44
どっちでもいいじゃないの?    私が守るって言ったら守るの。真奈美ちゃんや冬馬くんも一緒よ。だから……あの二人が私に心を開いてくれる瞬間を待つしかないの。でも、あの二人に関してはもう心配ないわ
2017/07/20 08:25
どうしてそう言いきれるんだ?    あいつらは、お前を殺そうとしたんだぞ?
2017/07/20 08:27
でも、大丈夫よ。私は、信じてるから
2017/07/20 08:27
そっか……。お前がそう言うならそうかもしれないしな……
2017/07/20 08:28
    いつもなら頑固な圭も今回のことは認めてくれる。歌音もそれだけの意見を聞けただけでも嬉かった。

    そして、青いバラを手渡しで圭からもらった。

2017/07/20 08:28
    青いバラの花言葉は、奇跡・神の祝福。

    今回ばかりは、神に救われたとさえ思ってしまう。

    そして、圭との出会いは奇跡に近い。唯一、歌音を最初に認めてくれた仲のよい友達……。

    歌音は、その友情や愛情・奇跡を大事にしていこう、と思うのであった。

2017/07/20 08:34

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ