チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百三十四話『ゴーストハウス』

エピソードの総文字数=1,166文字

「普通の、馬とかに使えるのが『ノーマルモンスターボックス』。すこし強い『仔竜 - ミニドラゴン』とかに使えるのが『シルバーモンスターボックス』そして、明らかに、それより強いこの『大龍 - ワイバーン』は・・・」
2017/08/11 17:15
と珊瑚が言いかけたところで
2017/08/11 17:15
「『ゴールドモンスターボックス』ということか!」
2017/08/11 17:15
と僕は呟いた。それは大変そうだが、やりがいがありそうだ!と笑った。
2017/08/11 17:15
「どういうこっちゃいな・・・」
2017/08/11 17:15
と珊瑚の関西弁が移りつつある格闘少女のサラ。
相変わらずなんでも吸収が速い。
2017/08/11 17:16
「つまり、一番良い『モンスターボックス』が必要ってこと!」
2017/08/11 17:16
と、僕がサラに説明する。
ざっくり説明するとこういうことだ。
モンスターボックスには三種類あって、一番良い物じゃないと『大龍 - ワイバーン』をしまうことが出来ない。
2017/08/11 17:16
「なぁーんだ、最初からそう言ってよ!ジュンは難しく離すからなぁ!」
2017/08/11 17:16
と言うサラ。
2017/08/11 17:17
「えー、そうかなー・・・」
2017/08/11 17:17
いつも頑張ってわかりやすく説明しているつもりだけど、と僕が思っていると、サラが珊瑚に言う。
2017/08/11 17:17
「じゃ、その一番『モンスターボックス』取りに行こうよ!みんなで行ったら、簡単に手に入るんじゃないの?前みたいに!」
2017/08/11 17:17
とサラが言う。

サラは皆でやったゴールドゴーレムのクエストの事を言っている。その2チーム合同のクエストで大量のお金を手に入れて、僕は『バンドマニア』、サラはお姫さまベッド、奈緒子は『木目調の家具』を買ったのだった。
2017/08/11 17:17
「いやぁ、それはどうかなぁ・・・『ゴールドモンスターボックス』のクエストはちょっと・・・」
2017/08/11 17:17
と、いつもの珊瑚からは考えられない歯切れの悪い解答が返って来た。普段なら、『よっしゃ、やろか!』となりそうなものだ。こんなことあるのか・・・。
2017/08/11 17:17
「これは・・・一体・・・?」
2017/08/11 17:17
と水晶さんに聞く僕。
ゆっくりと微笑む水晶さん。
空気を読めということだろうか。
2017/08/11 17:18
「あ、そういえば、お腹いたいかも・・・!な、また今度にしようや・・・」
2017/08/11 17:18
と、全然いつもらしくないことを言い出す珊瑚。
一体なんなのだろうか・・・。
2017/08/11 17:18
「明らかな・・・仮病・・・。珊瑚がこんな事するなんて・・・よっぽど難しいクエストなんですか?」
2017/08/11 17:18
と水晶さんに聞く僕。
と聞いてはみたものの、難しいクエストくらいで、こんなことを珊瑚が言うとも思えない。
2017/08/11 17:18
「そうね・・・難しいと言えば難しいけど・・・このメンバーならそんな問題はないわね・・・」
2017/08/11 17:18
と水晶がいう。
やっぱり難しいわけではないようだ。
じゃあ、この珊瑚の様子は一体・・・。
2017/08/11 17:18
「じゃあ、なんで??こんな珊瑚見たことないですよ!」
2017/08/11 17:18
と僕が水晶に聞く。
2017/08/11 17:18
「そのクエストは『ゴーストハウス』だから」
2017/08/11 17:19
と、瑠璃が言う。
2017/08/11 17:19
「『ゴーストハウス』?お化け屋敷ってこと??」
2017/08/11 17:19
と僕が水晶さんと瑠璃に聞く
二人はゆっくりと頷いた。
2017/08/11 17:19
「そう、珊瑚ちゃんはお化けが怖いのよ!」
2017/08/11 17:19
まさかの答えに僕らは驚いた。
2017/08/11 17:19

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ