チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百九話『小型の動物』

エピソードの総文字数=1,169文字

「草原フィールドへレッツゴー!!」
2017/06/14 11:22
元気なサラが僕ら二人を引っ張っていく。

そんなサラに引っ張られて僕らは草原フィールドにやってきた。
2017/06/14 11:22
「ここに、いるのね!」
2017/06/14 11:25
とサラが僕に元気良く聞く。

どこかな、どこかな?
と周りを見渡している。
その姿は、まるで子どもの様で、なかなか可愛らしい。

一生懸命当たりを見回している。
動きまわりつつ探しまわっている。
すぐに見つけてしまいそうだ。
2017/06/14 11:25
「そうだね。それこそ野生の馬とかがいるかもしれない」
2017/06/14 11:25
と僕が答える。

さっきまで受けていた、『騎乗 - ライディング』の講習が、馬だったのはきっと偶然ではない。難易度と、便利さ、つまりスピードのバランスがいいのが馬だということな気がする。同じような大きさでも羊とかだと、そんなに速くないのではないだろうか。
2017/06/14 11:25
「簡単なのは、背の低い動物よね!探すわ!!」
2017/06/14 11:25
とサラが言う。

スタタタと走って遠くを見るサラ。
話しながらも探しまわっている。
2017/06/14 11:26
「背の低い動物って例えばなんだろう」
2017/06/14 11:26
と僕が考える。
2017/06/14 11:26
「お馬さんや羊さんは大きいですよね。コブタさんとかイノシシあたりでしょうか?」
2017/06/14 11:26
と奈緒子が推測して答える。

すると、サラが食いついた。
2017/06/14 11:26
「コブタいいね!!」
2017/06/14 11:26
と、更にテンションの上がるサラ。
2017/06/14 11:26
「そうだ、コブタのぬいぐるみが好きだったんだねサラは」
2017/06/14 11:26
と僕はショッピングの事を思い出していた。

確か好きすぎてコブタのぬいぐるみもコブタの着ぐるみも持っていたはずだ。まだ、着ぐるみを来ている姿を見たことはないが、たぶんかわいいのだろう。と僕は余計なことを考えていた。

ただ、イノシシとかは走り回って捕まえるの大変そうだな・・・。
と僕が思っていたら、サラの声が聞こえてきた。
2017/06/14 11:26
「おおおおおお!すごくいい動物を見つけた!!」
2017/06/14 11:27
とサラが叫ぶ。

サラが見つけたのはテンジクネズミ科の大きな動物。
そう。カピバラだった。
2017/06/14 11:27
「こーれは、サラさんとても良い動物さんをみつけましたよ!!」
2017/06/14 11:27
とサラが芝居がかった風に言う。
とても嬉しそうだ。
いまにも乗りかかろうとしている。
2017/06/14 11:27
「わぁ、かわいいですね!」
2017/06/14 11:27
と、両手を口元に持って行って、カピバラを見て、奈緒子も喜ぶ。
そう、カピバラは動物園でも人気者だ、女子の心を掴んで離さない。
2017/06/14 11:27
「カピバラだったらゆっくりそうだし、ちょうど良さそう!」
2017/06/14 11:27
と、言いながらすでにサラはカピバラに『騎乗 - ライディング』していた。
2017/06/14 11:27
「あ、ちょっと、カピバラは・・・」
2017/06/14 11:27
と、僕が言おうとした時にはすでに遅かった。
2017/06/14 11:28
「のぉぉぉおおおおおお!」
2017/06/14 11:28
サラが叫ぶ。

そう、サラに乗りかかられた、カピバラが走りだしたのだ。
それは、普段動画でみる、温泉などでゆったりしているカピバラのイメージとは全く異なる、俊敏さなのだった。
2017/06/14 11:28
「のぉぉぉおお!すごく・・・はやいです!!」
2017/06/14 11:28
カピバラに乗ったサラは叫んでいた。
そう、カピバラは本気を出すと時速50キロの速度がでるのだった。
2017/06/14 11:28

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ