三題噺のお部屋

南雲あや

エピソードの総文字数=787文字

南雲あや

nakumoaya

この俺の最近の武勇伝を教えてやろう

あーーはいはい、どうせしょうもないことだろうけど、仕方ないから聞いてやる

聞いて驚け!!!!!!なんと、雪を食べた!!!!!!!!

…………まじで言ってる?

まじだが? まじのまじ、ドマジ、本気と書いてマジと読む!

それ、美味かった?

ああ、美味い!!!!冬に食べるかき氷、なんて乙なものだ。シロップをかけて食べると完全にかき氷だ。俺はこれをゆきごおりちゃんと名付けた。

(ぜっっっっっったい、お腹壊す)

なあ、お前も食ってみろ! 俺が作ってやる!

いいよ、いらん! 大体、作るって言っても、雪にシロップかけるだけでしょ!?俺は清潔なの、そんな野生動物でも食わないような畜生はいらん!!

なんだと…!?

(やべえ、地雷踏んだ?)

聞き捨てならん!!!とにかく、ゆきごおりちゃんを食べてから侮辱しろ!!!!話はそれからだ!!!!

い、いやだーーーーーーーーーーー!!!お腹弱いの!!お腹壊したくないーーーー!!まだ死にたくないいいいいいいいい!!!

そうして走り出すも、足元にあった形のいい石で転んだ。

nakumoaya

ぶふっ……っ!!

全く、石で転ぶとは、相変わらず鈍くさいやつだな。



しかし、もう逃げられん!! さあ、大人しくゆきごおりちゃんを食べろ!!! 

うっ、うわああああああああああああああああ

nakumoaya

ぱくっ…………

どうだ?

う、うまい!! ふわふわで、いいところで出てくるかき氷みたいだ!!!

ふふふふ、分かってるじゃないか。さあ、言おう、



ゆきごおり、サイコー!!ゆきごおり、万歳!!!毎日食べたいよゆきごおり!!

ゆきごおり、サイコー!!ゆきごおり、万歳!!!毎日食べたいよゆきごおり!!

お腹が弱い男は、ゆきごおりにハマった2日目、運悪く、朝から猫がおしっこをしたところを食べてしまい、腹痛で苦しみ、生死の挟間を彷徨った。


野生児の血を持つ男は、それでも平気だった……。


nakumoaya

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ