チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百八話『今後のライディング』

エピソードの総文字数=1,168文字

「どんどんレベル上げて竜に乗ろう!」
2017/06/14 11:16
サラが初志を思い出し微笑んだ。
とにかくサラの願いは最初からドラゴンに乗ることだ。
分かりやすくていい。これだけの情熱があれば、意外にすぐに乗れるようになってしまうかもしれない。

その「騎乗 - ライディング」獲得のために、僕らは、馬にのって十周回るという試練をクリアしたのだった。僕とサラはかなり苦戦していた。奈緒子は乗馬の経験があるのか、かなり上手にゆっくり乗っていた。

そうこうしていると、少年が口火を切って、僕らに説明をする。パンパン、と手を叩いて、注目を引いてから話しだした。
2017/06/14 11:16
「はい、みなさんは、いまの練習で、「騎乗 - ライディング」のスキルを獲得しました」
2017/06/14 11:16
と、たんたんと少年が言う。ブリアンナ、エスメラルダ、シャルロッテにお前たちはもう戻っていいぞ、と、彼らの部屋に戻す。馬が好きそうな優しい少年だ。
2017/06/14 11:17
「この後は、騎乗可能モンスターと出会った時にはそのレベルに合わせて、そのモンスターに騎乗することが可能になります。」
2017/06/14 11:17
とても丁寧な口調の少年だった。その口調から竜は難しいのだろうな、と僕は思った。もしかしたら、さらに別の難しいモンスターがいるのかもしれないけど。
2017/06/14 11:17
「いろいろなモンスターに乗って試してみてください。
意外なモンスターにのれるかもしれないですよ!」
2017/06/14 11:17
と、NPCっぽい思わせぶりなことを言う、少年だった。
「ラスト・オンライン」は人工知能の会話が凄いとはいえ、流石にここは、もともとのテキストっぽかった。こんなセリフをしゃべる、プレイヤーがいないからだと思う。
2017/06/14 11:17
「やった、さっそく乗りに行こう!!ドラッゴン、ドッラゴン!!」
2017/06/14 11:17
と両腕をぶんぶん振るサラ。相変わらず志が高い。
その少年はいきなりドラゴンは難しいという口ぶりだったけど。サラは気にしない、そこがさらの可愛らしさだな、と思う。まっすぐだ。
2017/06/14 11:17
「背の低い動物当たりが最初は簡単かもしれないですね」
2017/06/14 11:17
と、頬に手を当てて、冷静に考える奈緒子。奈緒子はどうやら、騎乗スキルがかなり高いので、もしかしたら、いきなり竜に乗れちゃうかもしれない、と僕は思った。
2017/06/14 11:17
「じゃあ、それっぽいモンスターがいるところに行こう!!」
2017/06/14 11:47
とサラが言う。それってどこ??と僕らにさらに聞いてくる。
2017/06/14 11:48
「そうですね。そこの草原のフィールドに何かいそうですよね??」
2017/06/14 11:49
と奈緒子が僕をチラリとみて言う。
いもの場所は、RPGで言う所の街フィールドから、外フィールドに移る境界線のような場所。そこに僕らはいるのだろう、と思う。

そう、すでにここは、もう街の端っこ。都会を離れた千葉や埼玉の駅から20分歩いた場所、みたいな感じが漂う場所だった。快速がとまるのに、畑がたくさんある、みたいな。
2017/06/14 11:49
「よし、全部わかった!!」
2017/06/14 11:49
とサラが笑う。
2017/06/14 11:49
「草原フィールドへレッツゴー!!」
2017/06/14 11:49
元気なサラが僕ら二人を引っ張っていく。
2017/06/14 11:49

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ