ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

5-6. 拐われるのはお姫様とは限らない

エピソードの総文字数=5,936文字

「ぼくはウィリアム。ウィリアム・フィッツジェラルド(・・・・・・・・・)現在(いま)はオランダ東インド会社総督付の顧問司祭(アドモニトル)をさせて貰っているよ」

 メリメント号を見下しながら、優雅な所作で赤衣の男は名乗った。
 〝フィッツジェラルド〟――それは、聞き覚えのある名だ。

「久しぶりだね、ラサリナ。ぼくの愛しい娘」

 そう、メリメント号が乗せた魔女……魔女団の主ル=ウの本名は、ラサリナ=ユーフロシン・フィッツジェラルド。

「……愛しい? 愛しいと言ったか?」
 娘と呼ばれたル=ウが、肩を震わせて吠える。
「どの面でそんなことが言える! その手で母を殺し、その血でわたしを穢し、こんな化物に変えた貴様が!! 愛だと……」
 怒りにまかせ、彼女は片脚で甲板を蹴りつけた。ざわざわと髪が蠢き、青色の瞳が金色に染まり始めている。

エァル(アイルランド)の神父と聞いていたからまさかとは思ったが……よもや本当に貴様だったとは!」
 ル=ウの指先が、黒く黒く変色していく――

「お嬢」
 リチャードソンが呟いた。
 殺気に染まるル=ウが振り返る。その瞳は、完全に金色に変わっていた。
「ああ、分かっている。分かっているともリチャードソン。今じゃない。勝ちの目は、今じゃあない」
 肩で息をしながら、ル=ウはどうにか自制している。
「……分かっているのならば結構である」
 髭を撫でて、リチャードソンは肩を竦めた。

「あはは。こわいなぁ、〝船喰らい(メハシェファ)〟だって。ぼくも食べられちゃうのかなあ」
 高みから見下ろすウィリアム神父が、そんなル=ウの様子に目を細めた。言葉と異なり、冗談めかした口調はまるで怖れる素振りではない。

「失敗作だとばかり思ってたんだけど……がんばったようだね、ラサリナ。有名人じゃないか」
「……貴様なんかに評価される謂れは無い。用件を言え。こんな大勢を引き連れて、よもや物見遊山という訳ではないだろう」
「ぼくは娘に会いに来ただけだよ?」
「わたしを、捨てた男が、今更ふざけたことをッ……!!」
 再び、ル=ウが激高し(キレ)かかる。神父は、明らかに彼女を揶揄(おちょく)っていた。

「……失礼。我々はバンタムへの向かう道すがらである。見事な艦隊とお見受けするが、ここは通行止めということかな?」
 見かねたリチャードソンが割って入った。
「お嬢。事情は後ほど。ここは専門家に任せて貰おう」
 小声でリチャードソンが耳打ちする。彼は艦長であり、同時に歴戦の商人だ。ル=ウは抵抗せず、無言で引き下がった。

「きみが艦長かい。きみは――無骨者(・・・)にしては信仰に厚いようだね。きみとならば、多少は実のある話ができそうだ」
 神父が目を細めて、リチャードソンが身につけた十字架の首飾りを睨んだ。
「はは、これは恐縮である。荒くれに見えて、船乗りには信心深い者も多いでな」
 笑顔でリチャードソンは厭味を躱す。このあたりは、流石は老獪な交渉人だった。

「うちの娘が迷惑をかけているようで、恥ずかしい限りだよ」
「とんでもない。ご息女は良き商売仲間(ビジネスパートナー)であるよ。して、総督付顧問司祭(アドモニトル)殿が、このような小船に何用かな。もし昼食のお誘いであれば、喜んで承るが――」
 いけしゃあしゃあと宣うリチャードソン。総督付顧問司祭(アドモニトル)などという大層な肩書が、本来であればオランダに存在し得ないことなど最初から分かっている。元来、オランダは新教(プロテスタント)の国だ。そんな肩書は表向きの名分に過ぎない。
「は、面白い冗談だ。気に入ったよ艦長、商談(ビジネス)に入ろうか」

 神父が部下に指示を出す。すると、すぐにデルフゼイル号の甲板上に一人の女が連れ出される。

「なっ……!」
 リチャードソンが目を剥いた。
 目隠しと手足の枷によって拘束されているものの、その鮮やかな金髪は見まごうはずもない。

「――フラン!!」
 黙っていたル=ウも、堪えきれずに身を乗り出す。

「これ、欲しいんじゃあないかな、きみたちは。どうかな?」

 〝シェオルの十字〟も無い。両手両足は拘束され、猿轡を噛まされて声を上げることも出来ない。
 しかし確かに彼女は、マラッカ海峡で死んだと思われていた解呪師(カニングフォーク)、フランセット・ド・ラ・ヴァレットであった。


     * * *


「フラン! フラン!!」
 船縁に身を乗り出して叫ぼうとするル=ウを、リチャードソンはどうにか制した。

 叫び出したいのも同じだが、リチャードソンにとってはそれ以上に警戒心が上回る。
 どうやって連れてきたのか。あの船に居るのがフランセット本人だとすれば、神父はあの嵐の吹き荒れる海峡から彼女を救出し、その上でメリメント号の前に先回りしたことになる。有り得ない話だが……しかし目の前の神父は得体の知れない魔術師だ。

「……確かに、彼女は我輩の乗客である。そちらに保護されていたとは、なんという僥倖か」
 探るようにリチャードソンは応じる。だが、神父の薄ら笑いはその腹の底まで見透かしているかのようだ。
「うん。娘も喜んでくれたようで嬉しいよ」

「して――是非に、彼女の身柄を引き受けたいのであるが」
 ここまでくれば、理解せざるを得ない。四方を包囲されている上に人質まで取られている。交渉の余地は殆ど無い。喉元にナイフを突きつけられているも同然だった。

「ああ、安心して。代価は安いものさ」

 すべての条件を突きつけた上で、慇懃に。嘲笑うように優しく、弄ぶように穏やかに。
 神父は笑顔を崩さない。

「ぼくはそいつ(・・・)を貰えればそれで良いんだ。きみたちに危害を加えるつもりはないよ」

 リチャードソンたちの背後を指差す神父。振り返って、ル=ウが目を剥いた。

「……リズ!? 何を……!!」

 気配もなく、そこに立っていたのは虚ろな目をしたリズ。小柄な身体でありながら、肩には伊織介(・・・)を背負っている。
 伊織介に意識は無い。ぐったりと、リズに抱えられるがままになっている。

そいつ(・・・)をこちらへ――〝ランペルスティルツキン〟」
 神父が囁く。その声に呼応して、リズは伊織介ごと神父の方へと歩んでいく。

「ど……どうしたんだリズ! なんで……ッ! イオリを……ッ!」
 ル=ウが叫んだ。当然の疑問だった。
 しかしリズは答えない。ル=ウに視線すら向けない。淡々とデルフゼイルの船縁に、伊織介を運んでしまう。

 代わりにル=ウに応えるのは、神父の方だった。
「ラサリナ――こんな低級(・・)な魔女を使っているなんて、感心しないなあ」
「低級……だと……?」
「低級でしょう。こんな、質の低い自然霊(フェアリー)使い。名前を握られた程度で、容易に契約を上書きされてしまう。契約干渉(セキュリティ)に穴がありすぎるね」
「リズを、操っているのか……!?」
「ぼくくらいの紋章遣いにとって、低格妖霊との契約更新なんて難しいことじゃないのさ。勉強になったろう?」

 目を見開いて震えるル=ウに対して、神父はどこまでも冷笑を崩さない。父親にしても、その口調はやけに底意地が悪い。

「はいお疲れ様、きみはもういらないよ」
 神父の下まで伊織介を運び込んだリズを、神父は軽く小突いた。
 それだけで、何の抵抗もなくリズの身体はメリメント号の甲板にまで落下する。受け身も取らず、人形のように乱雑にリズは甲板に叩きつけられた。
「リズっ!」
 ル=ウが慌てて駆け寄るが、リズは焦点の定まらない目で虚空を睨んだまま、ぴくりとも動かない。

「貴様、貴様――! イオリまで……!」
 リズを抱いて、尚も神父に向かって吠えようとするル=ウを再度、リチャードソンが制した。
「……堪えてくれ、お嬢。分かるな」
「――っ!」
 血が出るほどに、ル=ウは強く強く唇を噛み締めた。

「その少年は、我輩の艦の乗組員なのであるが」
 ル=ウに代わって、リチャードソンが抗議の声を上げる。その声はどこまでも冷静だ。

「はは、娘の成果物(・・・・・)を親が収穫(・・)することに何の呵責があるのさ。だが、そうだね……偶然にも、この少年は、もとはといえばオランダの逃亡奴隷さ。返してもらうだけ……といえば、納得して貰えるかな?」
 神父はそう言って、一枚の紙を取り出した。伊織介がオランダの奴隷だったことを示す証明書だろう。
「……なるほど。こちらは逃亡奴隷を返却する。そしてそちらは、我が方の乗客を返還してくれる、と」
「理解が早くて助かるよ」

 要するに、捕虜交換のようなものだ。だがもちろん、メリメント号側に選択肢など無い。

「……だ、そうだ。気持ちはわかるが、お嬢……」
「分かっている。分かっているとも……!!」
 ぶるぶると肩を震わせながら、ル=ウは拳を握りしめる。
 選択の余地なんて最初から無い。拒否すれば殺されるだけ――曲がりなりにも交渉の体を取っているのは、偏に神父の気まぐれに過ぎない。そんなことは、ル=ウだって分かっていた。

「――その取引、乗らせて頂こう」
「賢明だね」
 リチャードソンが返答すると、今度はフランの身体がメリメント号に乱雑に放り込まれる。  
 涙目のル=ウが、フランの身体を全身で受け止めた。

「これでお互いに満足のいく取引ができた訳だね。ラサリナ、これからも研鑽に励みたまえ。また何か良い成果物(・・・)が出来たら、取りに来てあげるよ」
 ル=ウを見下して、神父がくつくつと笑った。
「イオリを……どうするつもりだ……ッ!」

「どうするも自由さ、もうぼくの物だもの。けどまぁ、そうだね……ラサリナ、こいつ(・・・)を産み出した君ならば、もっとも素敵な使い途が分かっているんじゃないかな?」
「貴様……いまだに復讐なんてことを……!」
英国(イングランド)への復讐かい? 間違ってはいないよ。だが、ぼくは信仰に生きている。英国(イングランド)はやがて滅ぶことになるだろうが、それは道程に過ぎない。ぼくはこの東洋で、ヒントを得たよ……ぼくは、神代を再現する」
 神父の笑みが大きくなる。朗々と喋りながら、踊るように両手を振り上げ、ついにはくるりと身を翻して情感を示し始める。
「きみがこんなに純度の高い生贄(・・)を製造していたことは、嬉しい誤算だったよ。おかげで、予定よりずっと早く――ぼくの研究は完成する!」
「まだ、そんな妄執を……」
 吐き捨てるように呟かれたル=ウの言葉は、もはや神父には届いていなかった。

「忙しくなるぞ……! 早く帰って、儀式を進めなければ。人がいっぱい死ぬぞ、人がいっぱい死ぬぞ。楽しみだな、楽しみだな!」

 デルフゼイル号の甲板で、一目も憚らずくるくると踊りだす神父。
 道化のような化粧でステップを踏むその姿は、異様であり――場違いで、痴愚にさえ見えた。

「――だから、今ちょっと死んでもあんまり変わらないよね?」

 ぴたり。と神父のステップが、止まった。

 瞬間、ばしゃ、と水音。
 それは、一人の水夫が破裂(・・)した音だった。
 デルフゼイル号(・・・・・・・)に乗ったオランダ側の水夫が、赤い噴水に姿を変える。

「不信心者」

 神父の声。ばしゃ、と血を撒き散らして破裂。今度はメリメント号の水夫だ。

「ぼくを睨んだ」

 ばしゃ。別な水夫が破裂。

「きみは顔が気に食わない」
 
 ばしゃ。破裂。

 敵も味方も関係ない。神父は、目についた者を、次々に破裂させている。

「……狂人め」
 苦虫を噛み潰したような表情で、ル=ウが吐き捨てる。
 
「あははははは、満足した満足した!ちょうど彼ら(・・)の餌の時間だったしね!」

 けらけらと笑う神父の周囲に、赤い霧が集まっている。
 ――よく見れば、それは霧ではない。それは、無数の羽虫の群れ。

 血のように赤い蝗が、数百、数千という規模で神父の身体に纏わりついている。

「じゃあねラサリナ、また会いにおいで!」

 その言葉と共に、神父は、船ごと消失した(・・・・・・・)
 呆然とするメリメント号の乗組員たちを残して、デルフゼイル号も、オランダ艦隊も、まるごと目の前から掻き消えた。

 いや――オランダ艦隊旗艦、デルフゼイル号は消えてはいない。先程までメリメント号に横付けしていた筈が、今やその船影は遥か彼方、数海里分も先を悠々と航行している。
 護衛艦隊など影も形もない。デルフゼイル号の船影は単艦だった。

「……騙された……幻影だと……!? あの、詐欺師めっ!」
 
海の彼方へ消えようとする船影に、それでもル=ウが声を上げる。

「どこまでも……馬鹿にしてくれる! 絶対に……絶対に許さない! 許さないからな――!!」
 
 既に太陽は沈みかけていた。あの神父は、時間すら欺いたのだ。
 メリメント号の艦内には、未だに神父の遣い――赤い蝗どもが、りりり、と哄笑するように鳴き声を響かせていた。


     * * *


 旧教(カトリック)新教(プロテスタント)
 
 よくある話だ。英国の野心はいつだってアイルランドの支配を射程に収めている。であれば、新教(プロテスタント)に類する英国教会(アングリカン)は、敬虔な旧教徒(カトリック)だったアイルランド人たちを弾圧するのは当然だった。そしてもちろん、反乱が起こるのも必然だろう。

 100年前の〝絹衣のトマスの乱〟は最も有名な反乱だ。その主導者は、第10代キルデア伯爵トマス・フィッツジェラルド。

 神父ウィリアムは、13代目のフィッツジェラルドである。しかし民衆に慕われた、高潔なフィッツジェラルドの姿はもはや見る影もない。絹衣のトマスがその名の通り〝白〟を基調とするならば、血塗られた〝赤〟を象徴とするのがウィリアムだ。

 英国(イングランド)に対する復讐心と、旧教(カトリック)に対する忠誠心を悪意と狂気で凝縮した、フィッツジェラルド家が産んだ怪物。
 女王の仇敵。赤色の男(ファージャルグ)。死んだ筈の反逆者(テロリスト)。醜いスピンドルトン。エァルの魔人。夭折した継承者(チェアマン)。ケルズの読み手。

 彼こそが、ル=ウ――ラサリナ・ユーフロシン・フィッツジェラルドの父親だった。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ