三題噺のお部屋

榎本レン

エピソードの総文字数=426文字

榎本レン
2017/12/13 19:31

rsesaf_rsesaf

——今日も少女がやってきた。
2017/12/13 19:36

rsesaf_rsesaf

寒いねー、はいマフラーと手袋、こんな雪の中じゃ風邪ひいちゃうよ
2017/12/13 19:42
彼女とは少し前に出会った。

一人でいた私に声をかけてくれたのだ。

2017/12/13 19:44

rsesaf_rsesaf

……それでね、それでね この間こんなに寒いのに私、アイス食べ過ぎちゃって腹痛になっちゃったの
2017/12/13 19:49
あーもうこんな時間、帰らなきゃ またねー
2017/12/13 19:55
もう何回、この言葉を聞いただろう。


2017/12/13 19:57

rsesaf_rsesaf

わぁ、綺麗ー! ねえねえ綺麗な石でしょ

あげる!

2017/12/13 20:02
彼女は私に石を手渡す。

そして彼女はいつも通り話し始めた。

2017/12/13 20:07

rsesaf_rsesaf

——またねー!
2017/12/13 20:11
彼女は最後にいつもこう言ってくれる。

けれど、もう——

2017/12/13 20:12

rsesaf_rsesaf

***
2017/12/13 20:17

rsesaf_rsesaf


——ついに、その日がやってきた

2017/12/13 20:18

rsesaf_rsesaf

……どうして、ねえどうして!
2017/12/13 20:20
彼女が泣いている。手袋もマフラーも地面に落ちてしまった。
2017/12/13 20:23

rsesaf_rsesaf

しょうがないのよ、もう「春」だから……

また「冬」になれば会えるから

泣かないの、ね?

2017/12/13 20:27
うん……また必ず会いに来るから

だから……雪だるまさん!またね!

2017/12/13 20:34
彼女の力強い言葉が響いた。

ああ、また会える。きっと——だから今は少し眠りにつこう——

2017/12/13 20:38

rsesaf_rsesaf

おしまい。

rsesaf_rsesaf

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ