ソラミミ×DIAMOND

草里ってちょっとひどくない?(2)

エピソードの総文字数=966文字

 一時限目の休み時間に、隣のクラスから出てきたこおりさんと会った。

 一瞬はっとしたが、確かに郡さんだ。そのまま人間のままの。傷も、負っていないように見える。
 昨日、戦いのあと、郡さんの姿はなかったけど。

あの、昨日……

悪かったわ。昨日は

えっ

途中で離脱させてもらって

 そうだった……の。

草里にこれは勝ち目はないって伝えたんだけど、じゃあ先帰れって。わたし、恥ずかしいんだけど初めて戦いで、……あ、ごめんなさい。あとにしましょう

 郡さんはそれ以上何も言わずに教室に入っていった。
 でも、よかった。そうわたしは思った。必死だったのは仕方ないんだ。草里があんだけ普通に戦っていられることが不思議なくらいなのだ。草里は、普通じゃない。
 郡さんはピエロなんて斬りたかったのかな。草里は部下と言ってるくらいだから、無理に誘われているのかも。謝っておいた方がよかったかな……放課後、声をかけよう。

 二時限目は、急に自習になった。

ピエロは斬ると、紙になるの……? あれがピエロというものの死?

いや。どうだろうな。銅像や模型になるのもいるし……巨大化するのとかもいるな。わたしもまだ序の口だから、そんなくらいしか知らないけど、もっと色々あるよ

 授業では、実際にパレードにいたようなピエロを斬ることはない。先生が作り出すレプリカ・ピエロだ。草里はこの学年になる前までに、そうでない本物のピエロを斬っていたことがあるということだ。

巨大化って……? それが、そのピエロの死の形なの?

そうだな……なんか、でっかくなって表情とかも変わるんだ。だけどとにかく、可愛いだろう。わたしはだから、ピエロは好きなんだ

可愛い……? す、好きって。殺しあう相手だよね

そうなんだけど、好きじゃわるい?

 やっぱり、草里は普通の子じゃない。とは、今までにも思っていたけど……。やることも考えることも普通じゃないや。

 放課後、郡さんには会えなかった。

 それに、いつも一緒に帰っていた草里もいつの間にかいなくなっている。
 なんで……一緒に帰るのは、仲良くなってからいつも欠かしたことなかったのに。やっぱり、何かが変わってきている、のかしら。
 わたしも、草里にとって「部下」でしかないの? わたしもいつの間にか部下になったのかな? わたしはそんなの、いやだ。草里とは対等な友達で、いたい。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ