ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

3-6. 透明になったら絶対やるでしょ

エピソードの総文字数=5,920文字

 当代において和式剣術がそうであるように、西洋剣術にも名のある流派が存在する。

 一つには、ゲルマン式と呼ばれる流派がある。剣士ヨハンネス・リヒテナウアーの手で編纂されたその剣術は、誕生の地ドイツを超えて西欧(ヨーロッパ)世界に広く伝わり、無数の分派を生み出した。長剣術を中心としたその技は、〝構えと構えとの間に攻撃が存在する〟という独特かつ堅実な哲学が根底に流れている。

 〝白魔女(ヴァイスヘクセ)〟リーゼルの扱う剣術もまた、ゲルマン式とされるものだ。
 顔の横に刃を水平に構える〝雄牛〟の型は、派手な見た目に反し、ワンアクションで斬撃、打突、防御に転用できる柔軟性を備えている。

 他方、鋭剣術(レイピア)を中心とした流派も存在する。

 直線的な動きを旨とする仏国(フランス)式剣術は有名だが、最も恐れられているのは寧ろ、スペイン流――隻眼の男、フザ=アルフォンソが見せたものがそれに当たる。

 スペイン剣術最大の特徴は、激しくも流麗に動き回る足捌きだ。踊るように素早いそのステップは変幻自在、高度に極められた体幹はそれ自体が柔靭にして剽悍な武器となる。西欧(ヨーロッパ)最強の剣術といえば、まず間違いなくスペイン流だろう。

 もっとも――スペイン式とタイ捨流を組み合わせた剣術など、前代未聞ではある。
 父にスペイン人、母に日本人を持つ志佐付左衛門(フザ=アルフォンソ)は、その出自を象徴するかのように、この二種類の実践剣術を極限まで使いこなしていた。


     * * *


「10分は過ぎたよ。もうおしまい」

 左右非対称のド派手な衣装、小柄な体格に似合わぬ長大な両手剣(ツヴァイハンダー)。その奇抜な装いは、どこから見ても異様に目立つ。

 にも関わらず、白魔女(ヴァイスヘクセ)リーゼル・マルクアルトは、誰に気取られることもなく(・・・・・・・・・・・・・)、そこに立っていた。もちろん――真正面にいるフザにすら、だ。

「……ああん? どォなってんだ……よっ!」

 しばし、呆然と短くなった木板を見詰めていたフザだったが、にやりと凶暴な笑みを見せたかと思うと――突然、リーゼルに襲いかかった。構えは鋭剣のそれ、繰り出されるのは打突――半分に斬られた木板が、しかし恐ろしい速度で突きこまれる。

 リーゼルは目を眇めると、顔の脇に下向きに構えた剣を滑らせ、突き込むようにフザの一撃を受け流す。

 瞬間――リーゼルの身体は、両手剣を残して消失した(・・・・・・・・・・・)

「もうおしまい。と言ったはずだよ」

 木板の突きを受け止めた筈の両手剣(ツヴァイハンダー)がその場に落ちて、がらんと乾いた音を立てる。
 気付けば、リーゼルはフザの側面に立っていた――それも、長銃(アルケブス)を携えて。

 銃口はぴたりとフザの頭部に密着していた。いつの間に装填されたのか、火縄は細く微かな煙を立てている。
「おいおいィ……。お嬢ちゃん、ニンジャって知ってるかい?」
 フザがわざとらしく口笛を鳴らす。
「東洋の間者(スパイ)だね。ボクがそれだって言いたいのかい? 見ての通り、ドイツ流の傭兵だよ」
「転職をおすすめするぜ。いや、見事なもんだぁ」
 へらへらと笑って、フザは両手を挙げた。
「も少し遊ぶのも悪かないと思ったんだがなあ、そっちのお嬢ちゃんの面子(メンツ)を潰すのも悪ィ」
 
「あら。存外に几帳面でしたのね」
 どすん、と音を立てて十字架が地を打つ。解呪師(カニングフォーク)フランが、フザの背後に立っていた。自慢の十字は、ぎょろぎょろと目玉を動かして存在感を放っている。それは〝これ以上やるなら私が相手になる〟という、明確な警告だ。

「ちょォっと待っておくれよお。女に囲まれるのは嫌じゃねェが、遊ぶんなら、俺ァ()るより抱く方が趣味だ」
 フザが自らに向けられた銃口をぐい、と臆面もなく押し返す。
「だから怖い顔しねェでくれよ、お嬢ちゃん方。ただの稽古だってば、稽古ォ。それにもう(しま)いだ」
 リーゼルとフランの両名に睨まれながら、フザは倒れ込んだ伊織介に手を差し出した。
「立てるかい? (あん)ちゃん。勝負は分け(・・)ってことでェ、ひとつ」
 強かに背を打ってしばし呼吸に難儀していた伊織介だが、ようやく息が整ってきた。身体は痛むが、意地で(・・・)差し出された手を掴む。
「……ええ。お見事なお手前でした」
 苦虫を噛み潰したような顔で立ち上がる伊織介。

 ――敗北だった。

 フザはフラン達の手前、分け(・・)と言ったが、伊織介には分かる。リーゼルが止めに入らなければ、頭蓋を叩き割られていたかもしれないのだ。
 おまけに、結局フザは一度たりとも真剣を抜いていない。手を付けてすらいない。粗末な木の板を武器に、これほどの実力。
(広いなぁ、海の外は)
 まさか師匠ほどの――いや、師匠よりも強いかもしれない、そんな猛者が存在するとは思わなかった。

 そして身震いする。この気まぐれな酔っぱらいが、本気で()りに来ていなくて、良かった。もし本気で暴れられたら、伊織介一人の命では収まるまい。何人死んだことやら。


「いやあ、満足した満足した。鬼斬リの噂も頷けるぜい。こいつァしばらく、酒の肴にぁ困らなそうだあ」
 呵々と笑うフザ。近寄りがたい雰囲気は変わっていないが、今やぞっとするような殺気は消え失せていた。

「世の中には不思議な手品もあるもんだあ。鬼が出る世だ、これからは女子供に見えても油断できねえな」
「……褒め言葉と受け取っておくよ」
 リーゼルが肩に両手剣を背負って答えた。いつの間にか、手に持っていた筈の火縄銃(アルケブス)は姿を消している。

「おっと。(ケェ)る前に……(あん)ちゃん、名前を聞かせてくれよォ?」
 来たときと変わらぬ千鳥足で、フザは立ち去り際にそう問うた。
「良いだろう? 酒場で自慢せにゃならんからよお」
「……伊織介、です」
「伊織介、なあ。なんだよォ、家名くらい聞かせてくれよぉ」
「……」
 答えず、ただ無言でフザを睨む。
「ああ、わかったわかったよお、言いたく無ェなら構わねェ。今日日(きょうび)()に居る日本人にゃあ、何かしらのっぴきならない()があらぁな」
 フザは大仰に手を振った。さっきまで何人でも殺すような眼をしていた癖に、妙に掴みどころの無い男である。

「重ねて言っとくが――俺ァフザだ。フザ=アルフォンソで覚えてくれい。鉄火場で会う時ぁ、名乗る暇も無ェからよォ。伊織介、知り合えて良かったぜい」

 隻眼のフザ――西欧人のような風貌に、和装で腰に刀を差した酔っぱらい。
 確かにその名は、忘れられそうになかった。


      * * *


「まったく――どうしてもっと早く止めませんでしたの!? お尻がヒクヒクしてしまいましたわ!」
「それはボクのせいじゃないと思うのだけれど」
「誤魔化さないで下さいな、リズ! 貴女が付いていたならば、もっと早く止められたでしょう!」

 フザの去った荷積み場で、フランとリーゼルが言い争っていた。
 時刻はもう夕方。伊織介とフザの立ち会いを見学していた船員たちも、作業の遅れを取り戻すべく今はせっせと荷役に励んでいる。

「ボクはフランと違って、イオリノスケくんが刀を抜くところ、見てないからね」
「そんな身勝手が通るとでも!?」
「そうは言うけどさ、フラン。キミも見てみたかったんじゃないかな? サムライ同士の、立ち会いってやつを」
「ぐっ……! 確かに興味はありましてよ、確かにムラムラ来ましたわ……! (わたくし)もますます日本人の奴隷が欲しくなりましたわ!」
「欲しいっていうか、キミの場合はお尻に欲しいだけなんじゃ」

「あのー、フランさん。お話中に申し訳ないのですが……荷役が滞ってます」
 伊織介が二人の会話に水を差した。見れば何人もの船員が、困惑の面持ちでフランを見詰めている。
「ああ、もうっ! 分かりましたわ、リズ、この話はまた後ほど!」
 フランは悔しそうに歯噛みすると、ぱたぱたと水夫たちの方へと走っていった。

「ほら、こっちの鍵付き箱(チェスト)を積みなさいな! 貴方はこっちの果実樽、次は山羊を積み込みますわよ!」
 相変わらず、一度指示を出し始めればその監督ぶりは見事なものだ。水夫たちも「へい、姐さん!」などと威勢よく返事をしている。……魔女団(カヴン)の中では最も腕っ節が強く(やや奇特ではあるものの)快活な彼女は、魔女としては最も一般船員たちに慕われているのかもしれない。
「日没まで時間がありませんわ! 神様は貴方たちの働きを見ていますわよ!」
 いや単にフランはわかりやすく怖いだけかもしれない――伊織介は一瞬浮かんだ考えを訂正した。実際、フランが傍らに立てる十字架はぎょろぎょろと目玉を動かして、船員たちを睨みつけているかのように見える。あれは確かに怖いし、気持ち悪い。


「……さて、ボク達も。さっさと終わらせて、積み込みまで済ませなきゃならないからね」

 リーゼルは、腕まくりするフランを一瞥して、くすくすと笑った。
 彼女の卓越した技術で、とっくに火縄銃(アルケブス)の選別は終わっている。後は船槍と舶刀(カトラス)だけだ。

「あの、リーゼルさん。今日はありがとうございました。その……」
 伊織介は作業の手を止めずに、おずおずと声をかける。
「リズでいいよ。そうだね。ボクが止めなかったら、キミ死んでたかもね」
 あっけらかんと言うリーゼルに、伊織介はしばし呆気にとられる。
「うんうん、ヤバかったね、あのフザとか言う男。ボクもドキドキしてしまった。もしも本気だったら、ボクでも止められなかったよ。あまり敵に回したい手合じゃないね、ああいうのは」
 伊織介を見て、リズはくすくすと笑う――ル=ウとはまた違った意地の悪さが、彼女にはあった。

「と、ところで! リーゼ……いやリズさん。どうやったんですか、あれ(・・)
 伊織介は頭を振って、話題を変える。

 そう、フザの木板を斬り落とした時。フザに長銃(アルケブス)を突きつけた時。
 そのいずれも、リズに移動の気配は無かった。まるでその場に突然現れたかのような――

「ああ、あれねー。それはねー」
 
 突如、その言葉だけを残してリズの姿が消失する。

「……こういうこと」

 ――どうせそんなことだろうと思っていた。彼女も魔女だ、何か不思議な術を使ったに違いない。そこまでは予想の範囲内だった。

 しかし、突然、背中から首に腕を回され、耳元で囁かれる(・・・・・・・)なんていうのは想定外だ。
 リズの熱い吐息が、耳の裏にかかる。リズの薄くて小さい、しかし柔らかな身体の感触が背中全体にしなだれかかる――。

「う、うわぁっ」
 全身が総毛立つような色気(・・)に、思わず伊織介は跳ね上がる。と、思えばもう背後にリズの姿は無い。

「あは。初心(うぶ)なんだねえ、イオリノスケくんは」

 その声は今度は正面、伊織介の目の前から聴こえてきた。リズは今や、伊織介の足元に座り込んでいた。

「まぁ、お察しの通り。これはボクの魔法……というより、血筋かな」
 くすくすと愉しげに嗤うリズ。その蠱惑的な声には、魔性の響きが混じっている。
「〝妖精の血(ランペルスティルツキン)〟。ボクは、キミ達の目からちょっとだけ隠れることができる」

 ゆっくりと、伊織介の下半身に指を這わせながら立ち上がるリズ。
「まぁ、タネを明かせば見えにくくなる(・・・・・・・)程度なんだよね。ル=ウやフランに比べれば地味だけれど……便利でしょう?」
 伊織介がリズを振り払おうとすると、再びリズの姿が視界から掻き消える。

 いや――言われてみれば、確かに彼女は消えてなどいない。目を凝らせば、意識を集中すれば彼女はそこに存在している。ただ、視界の端にちらり(・・・)と映っただけのような、そんな奇妙な感覚でしか捉えきれない。
 存在を〝認識できない〟。どうやらそれが彼女の魔法らしい。こと、嫌でも記憶に残るド派手な衣装を身に纏っているからこそ、その存在がまるで物理的に掻き消えたように感じられる。彼女の奇抜な服装は、そこまで計算づくのものだったのだ。

「だから、こんなこともできちゃう」
「な――何をしているんですかっ!」

 気付けば、リズは砂浜のど真ん中――波打ち際で、ゆっくりとショス(パンツ)を下ろしていた。

「仕事の後は、やっぱりコレだよね」
 けらけらと笑いながら、リズは脚を上げて下衣を脱ぎ捨てる。左脚のいかつい鎧を除けば、すっかり裸の下半身が露わになってしまう。うっすらと萌える白金色(プラチナブロンド)が夕陽に眩しい。

「ちょ、ちょ、ちょっと――」
「あは。イオリノスケくんも一緒にどう? 気持ちいいよ」

 狼狽する伊織介を余所に、リズは脚をちょっと蟹股気味に開いて、海に向かって放尿(・・)した。

「ボクのおしっこは、海! 見てよ、メリメント号も、ボクのおしっこの上に浮いてるみたい」

 茜さす、美しい波打ち際。雲一つない空、どこまでも続く水平線。夕陽を背景に勇壮な姿を浮かべるメリメント号の姿は、まるで一枚の絵画のよう。

(この人はマトモだと思ったのに――! 思ったのに!)
 
 ……そんな絶景を、人から見えないからと言って、ぶち壊す少女、リズ。

(魔女には、変態しかいないのか!)

 小悪魔のような微笑みを湛えながら、彼女の尿は、きらきらと夕陽に当てられて輝いていた。


     * * *


 白魔術――それは一般に、邪悪な起源を用いる黒魔術と対比される。堕落した存在、悪魔から力を借り、疾病や破壊といった負の方向性を発揮する黒魔術に対して、白魔術はより無害な存在に起源を持つ。

 〝白魔女(ヴァイスヘクセ)〟リーゼル・マルクアルトの力の根源は、妖精。

 小鬼(ゴブリン)犬鬼(コボルト)とも同一視される、悪とは言えないが、必ずしも善良なだけではない悪戯好きの困り者。
 
 〝ガタゴト鬼(ランペルスティルツキン)〟。所謂、幽霊屋敷(ポルターガイスト)の顕現。その血に基づき、極限まで自身の存在を薄く(・・)する――それが彼女の魔法だった。

◆作者をワンクリックで応援!

2人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ