三題噺のお部屋

間部小部法竜

エピソードの総文字数=1,265文字

休日の午後。

ビジネスホテル並みに狭い、自分のアパートでコタツに入りながら録画をしたお笑い番組を見ていた。

特に何が面白いという訳ではないけれど、馬鹿なことしている人を見ていると会社で起こった嫌なことも、そこまで気にならなくなるのだ。

2017/12/20 09:35

mabekobehouryuu

はははっ……
2017/12/20 09:41

乾いた笑い声を出し、テレビを見続ける。すると「ピンポーン」とチャイムの音が聞こえた。

今日は宅配便も頼んでないし、友達がくる予定もない。

一体誰が来たのだろうと思い、玄関の覗き穴を見た。

玄関の前にいたのは、私の恋人だった。

歩いてここまで来たのだろう、頭には少し雪が積もっている。

私は鍵を外し、扉を開けた。


2017/12/20 09:42

mabekobehouryuu

どうしたの? 今日は友達と朝から飲みに行ったんじゃなかったの?
2017/12/20 09:47
いや~、それがさ! 友達の一人がドタキャンしてさ~! 仕方ないからって、二人で飲みに行ったんだけど、ソイツ急に具合悪くなったって言って帰ったんだ!
2017/12/20 09:48

満面の笑みで彼はそう言った。

外で立ち話をしていたら風邪をひくと思い、私は「まぁ、とりあえず入りなよ」と彼に言った。

2017/12/20 09:50

mabekobehouryuu

おじゃましま~す!
2017/12/20 09:52
彼は玄関で雪を掃い、私が先ほどまで入っていたコタツに直行した。
2017/12/20 09:52

mabekobehouryuu

あぁ~! 寒かった~!
2017/12/20 09:53
コーヒーとココアあるけどどっちがいい?
2017/12/20 09:54

私は外から来た彼を気遣い、今ある暖かい飲み物でどちらがいいかを聞いた。

答えは分かっているけど……。

2017/12/20 09:55

mabekobehouryuu

ココア! ココアの粉、大目に入れて!
2017/12/20 09:56
はーい
2017/12/20 09:57

彼は体格が良くて男らしいが、舌はお子様よりなのだ。

コーヒーも飲めなくはないが、砂糖を入れないと苦くて飲めないんだとか……。

私は、そう思った瞬間にクスリと笑った。

もしかすると、私は彼の子供らしさに魅かれたのかもしれない。

初めての誕生日プレゼントは、アクセサリーでも服でなく万華鏡だった。

2017/12/20 09:57

mabekobehouryuu

めちゃくちゃ綺麗でよ! 回したら模様が変わるんだぜ! すげぇだろ! それに中の色が水色がベースだろ? お前に似合ってるなっと思って!
2017/12/20 10:04

私はその時見逃さなかった。

彼の手と指には、いたる所に絆創膏が張ってあった。

恐らく、専門店か何かで作ったのだろう。

彼は不器用なりに頑張ったが、それをひけらかしたりしない。

私の心はその時鷲掴みにされた。

2017/12/20 10:06

mabekobehouryuu

はい。できたよ
2017/12/20 10:17

おっ! サンキュ!

2017/12/20 10:18

出来上がったココアを、コタツで丸まっている彼の目の前に置いた。

彼はお礼を言うとふーふーっと息でココアを冷まし、飲んだ。

2017/12/20 10:18

mabekobehouryuu

いや~! やっぱ旨いわ~!
2017/12/20 10:20
市販のココアよ? そんなに美味しい?
2017/12/20 10:21
あぁ! 特にお前が入れてくれたココアは特段に旨い!
2017/12/20 10:22
ふふふっ、大げさね
2017/12/20 10:22

私はそこまで料理が上手いという訳ではないが、彼は私の出した料理をいつも「旨い!」と言って食べてくれる。

去年の夏、ビーチに行った時のだった。

砂浜にある海の家にお昼ごはんを食べに行った時、彼はホルモンの塩焼き、私は焼きそばを頼んだ。

そして、ごはんを食べている最中。

2017/12/20 10:23

mabekobehouryuu

お前が焼いたホルモンの方が美味い
2017/12/20 10:47

と、割と大きな声で言われたので、正直びっくりした。

確かに焼き方は多少なりとも違うと思うが、まさかそんなことを言われるとは思いもしなかった。

2017/12/20 10:47

mabekobehouryuu

ふふっ
2017/12/20 10:49
私は彼との思い出を振り返ると、なんだか心が温かくなった。
2017/12/20 10:49

mabekobehouryuu

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ