勇者の武器屋

第四三話 スタートライン

エピソードの総文字数=1,066文字

これが今の『ドリームアームズ』の経営状況だ。例によって、損益計算書とか貸借対照表は持ち出さないぞ。

■資産
現預金 2742万G
商品 1686万G
売掛金 4807万G
(プラス計 9235万G)

■負債
買掛金 3069万G
借入金 5274万G
(マイナス計 8343万G)

わ!

こんなに数字が変わるとは思いませんでした! 大きな利益が出始めたとは思ってましたが、想像を超えて……。

商売ってのは最初は誰でも暗中模索のなかを手探りで進んでいくものなんだが、いったん視界が開けると、たちまち地平の先まで見渡せるようになるものだ。『ドリームアームズ』はその一線を越えたんだよ。

もうすぐ億……。

こんな桁の世界に、まさか自分が足を踏み入れるなんてな。100万Gあれば王都リステリアの市内に家が建てられる。それが100軒……。大富豪なんてもんじゃねーよ。

純粋な1億Gのプラスがあるって話じゃないけどな。借金もあるし、買掛金もあるわけで。まぁ事業を幾つか成功させたことで、見違えるくらい儲かり始めたことは確かだが。

これ、その気になれば魔境銀行さんに借金を返し始めることができますね。

手持ちの現預金の範囲でならな。ただし事業拡大のためには手元資金を確保しておきたいから、2742万Gの大半を返済に回すわけにはいかない。

……とはいえ利息も重いから、少しずつ減らしておきたいのも確かだ。ここらで1000万Gは返済することにしようか。

了解です!

ひとまずとはいえ、1000万Gもの巨額の返済にまでこぎ着けたってことが、もう本当にすごい状況なんだって思います!

じゃあ俺のほうで明日には返済しておくこととしよう。すると数字はこう変わることになる。

■資産
現預金 1742万G
商品 1686万G
売掛金 4807万G
(プラス計 8235万G)

■負債
買掛金 3069万G
借入金 4274万G
(マイナス計 7343万G)

あれっ、もうすぐ資産1億だって思ったのに、遠ざかっちゃったよ。

借金は資産でもある。借金を減らせば、当然ながら資産も減るということだよ。だから資産の分だけ儲かっているというわけじゃないということさ。その辺は誤解しないでおいてくれ。

とにもかくにも、借金を返し始めた状態っていうことは、ある意味ようやくスタートラインに立ったってことじゃない?

そういうことだよな。波に乗ってる今こそ、次に取り組む事業を大きく当てにいこうじゃないか。

そうですね、では早速、皆さんが検討してきた事業プランを議論しながら、次に『ドリームアームズ』が打つべき大きな一手を洗い出してしまいましょう!

ページトップへ