マジカルミュージック

恋の呪い

エピソードの総文字数=1,628文字

    美園には、恋はできない。歌音と圭を尾行した。追いかけていると思われ、逃げられた。

    しかも、見せつけるように手を繋いで逃げる二人は、まるで恋人のようだった。羨ましい……。

    美園は、こうやって恵都に怒られ、寮を飛び出したのであった。すごく泣きそう……。

    町行くリア充たちは、皆羨ましい……。美園もあれぐらいのことをしてみたい。恋がしたい……。

2017/07/07 18:07
恵都くんのバカ……。何で全部あたしのせいなのよ……。少しはあたしの気持ちに気がついて……。一人だと人間は、何もできないの知っているのに……どうして一人になりたがるの……?
2017/07/07 18:11
    俯いて歩いていると美園は、誰かに接触をし、尻餅をついた。はっきり言って痛い……。

    更に惨めな気持ちになって涙が溢れてくる。

2017/07/07 18:13
マドモワゼル……大丈夫ですか?
2017/07/07 18:15
あなたは誰ですか?
2017/07/07 18:15
俺は、魔術師ですよ
2017/07/07 18:16
    何か胡散臭い眼鏡の男性が美園の前に立っている。

    美園は立ち上がり、男性の顔を見た。何て整った容姿……。美園は、男性をまじまじと見つめる。

2017/07/07 18:16
おやおや、マドモワゼル……。俺を見てどうかしましたか?
2017/07/07 18:18
紳士だなぁ、って思いました。あなたならあたしを助けてくれると思いました
2017/07/07 18:19
あなたは、お目が高いですね。恋に飢えてしまった少女、ってところですかね
2017/07/07 18:20
どうして分かるんですか?
2017/07/07 18:20
俺は、魔術師ですから何でもお見通しです。凄いと思いませんか?
2017/07/07 18:21
良いなぁ……。あたしも魔術師になりたい……。魔術が使えたら恵都くんは振り向いてくれる。でも、今のあたしだと見てくれない。一人が良いって言って逃げられるわ……。何か歌音さんと圭くんが羨ましいなぁ……
2017/07/07 18:21
    男性は、少し考え込んでから美園にあることを提案してきた。
2017/07/07 18:23
あなたに魔術師の力を分け与えてあげましょうか?
2017/07/07 18:24
是非!!    お願いします!!
2017/07/07 18:25
    男性の手元に一輪の黒い花が現れる。綺麗で妖艶に見える花……だ、と美園は思った。

    すると、男性がまた説明を始めた。

2017/07/07 18:25
この花を部屋に飾っておけばいいんです。願いを叶えるとより一層綺麗に咲き誇りますよ
2017/07/07 18:27
この花の名前を教えて下さい
2017/07/07 18:28
クロユリ、といいます。花言葉は、恋・呪いです
2017/07/07 18:29
呪い、って物騒ですよね……。でも、これであたしは恋ができるんですね
2017/07/07 18:29
その通りでございます。それでは、俺はこれで失礼します
2017/07/07 18:30
ありがとうございます、魔術師さん
2017/07/07 18:31
    すると、強い風が辺りに吹きわたり、美園の髪とか乱れる。

    気がついた時には、男性の姿はなかった。手元にあった一輪のクロユリもどこかに消えている。一体、何だったんだろうか?

    美園は、この時気がついていなかった。美園の身に起きている異変に……。

2017/07/07 18:31
    急に目の前が真っ赤に染まっていく……。あれ……美園は、どうなるの?    死ぬの?    もしかして、騙された?

    あれこれ考えていくうちに考えが纏まらなくなって叫びたくなってきた。

    美園は怖くなって、寮まで走って戻るのであった。

2017/07/07 18:34
あっ……どうしよう……。あたしは……奪いたい……。でも、怖い……。嫌だ……こっち見ないで!!
2017/07/07 18:49
    寮に戻った美園は、皆のいる食堂ではなく、自室に逃げ込んだ。苦しい……。心臓が破裂しそうなぐらいドキドキと脈打っている。

    美園が……本当の自分でなくなりそうだ……、と呟く。

    目の前はずっと真っ赤に染まっていて、どうしようもなく身体が熱く感じる。考えてしまうのは、恵都のことばかりだ。

    あたしに近づかないで……、あなたの事を壊してしまいそうだから……、と美園は心の中で呟くのだった。

2017/07/07 18:50
    美園は、……もしかして呪われちゃったの?    怖い……。

    美園は、部屋から飛び出し、外に走り去ったのであった。

2017/07/07 18:54
    気がつくとまた部屋に戻っていた。

    同じ部屋の香菜は、眠りについていた。

    美園は、一体何をしていたのだろう……、と思う。

    美園は、どうしたら良いの?、と小さく呟いたのであった。

2017/07/07 18:56

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ