地球革命アイドル学部

ビッグバンプロジェクト(4)

エピソードの総文字数=3,738文字

 高校の屋上。

 胡伯と俺は金網のそば、並ぶようにして校庭を見下ろしていた。

す、すごい人気なんですね……。
その媚びるような言葉遣い、なんだか気持ちが悪いです。

すまん……。剣持くんはその辺の大人なんかよりずっと立ち居振る舞いが大人びてて、いまいち距離感がつかみづらくてね。女の子たちに言い寄られるのもわかる気がするよ。

なぜかあの手の子たちに取り巻かれ困っていますわ。女子高ですから色々ありますが、わたくしは別にそうした趣味はございません。学校内でのことに大して興味はございませんし、わたくしは考えるべきことがたくさんあって忙しいのです。

女子高とは魔訶不思議なところだなぁ……。ここに非常勤教員として雇われて8年目だけど、未だに面食らうことが多い空間だよ。

ああした子たちのメンタルは非常に不安定です。それに悪い子たちでもないので、何かあれば相談くらいは乗っています。ですがベタベタ近づいてこられると対処に苦慮しますわ。

立ち居振る舞いだけじゃなく、考え方も芯が通っている印象があるよ。どうすれば君みたいに立派な高校2年生になるのだろう。

 生徒たちから敬遠されている俺とこうして対等に人間として向き合ってくれる胡伯は、並の女子ではないと俺には思われた。普通なら、菜月のときのような邪見な対応をされるに違いないのだ。

世辞を言われても嬉しくありません。それで、わたくしにどういうご用件ですの?

 ちっとも世辞ではなかったが、ビジネス然とした胡伯に余計な話は不要だろう。
うちの高校でアイドル学部を立ち上げることになったんだ。
アイドル学部? …………もしや、校長の発案ですか?
さすが、よく理解してるね。その通り。

……あの校長は有言実行タイプですが、メンタルが極めて脆弱です。守勢に回っているときに打つ手は、ことごとく打ち砕かれるでしょうね。

ふうむ……いや本当に、その歳でそこまで見通せるものなのか。剣持くんにはただただ感心するよ。うちの高校が無双報道のせいで、急激に不人気校に転落したのは知ってるよな? 校長としては、それを挽回するためにアイドル学部なんだとさ。

人のうわさも49日と言います。無双報道は今だけでしょう。九道姉妹の姉はもう3年で次は卒業ですし、まだ1年の妹のほうは中学で実績を残したわけでもなく、姉のような強さにはとても及ばないと聞きます。冷静に構え、焦らず待てばいいものを……。

俺がアイドル学部の責任者ということらしい。

一体全体、なぜ宗形先生が? 仮にその手の学部を立ち上げるなら、浅倉先生のほうが適任だと思うのですが?

浅倉先生もいちおう創設メンバーに入ってるよ。ただ、大人の事情だからその辺は触れてほしくないんだが……浅倉先生は責任を負うのを拒否したから、俺にお鉢が回ってきたという状況だ。

 胡伯は鼻で笑う。

当事者たちの責任の押し付け合い。チームの著しい事業意思の欠如。どだい、上手くいく可能性はありませんね。

みなまで言ってくれるな。ともかく俺としては、アイドル学部を立ち上げるため、まず所属してくれるメンバーを集めなくちゃならない。そこで剣持くんに、我が高のアイドルになってもらえないかなと思ってさ……。漫画とかアニメでよくある学園のアイドルとかじゃなく、文字通りの意味のアイドルなんだが……。

わたくしが、そのような雑事に興味があるとお思いですか?

お、思いません……。

ただの広告塔としてわたくしを利用しようとしているだけじゃありませんの。わたくしを上手く操ろうなどと考えているわけじゃありませんわね?

考えておりません……。

ならば本件についてのお話は終わりです。わたくしはもう今年で17歳になってしまいます。高校の再建程度の仕事に関わっているヒマはないのです。

もう、というかまだまだ16歳だろう。俺から見れば若くて羨ましい限りだ。

わたくしの曽おじい様は、齢14のころに最初の事業を立ち上げたといいます。一介の材木商から身を起こし、立身出世を遂げて帝国議会の参議院議員までお勤めになられました。そして祖父も、父も、一族のそうした遺産に頼らず、若いころに独力で新しい事業領域を創り出して会社の基盤を押し広げてきたのです。わたくしには、そんな父たちを超えていきたい野心があります。

……あ、山都重機工業株式会社の創業者一族のご令嬢がいるって話は小耳にはさんでいたけど、剣持くんのことだったのか。

 東証一部上場企業だ。エンドユーザー向けの製品を出している会社ではないから一般的に知名度が高い会社ではないが、株や金融や経済に詳しい人間なら知っている。日本の重工業を支える名門中の名門企業だ。

ようやく理解できたよ、君が並の大人なんかよりしっかりしている理由がさ。超えるべき見本となる身内がいて、そこまで明確な目標を持っているのなら、当たり前といえば当たり前か。どんな事業を考えているんだ?

未だ勉強中ですが、金融に興味があります。ウェブを介したグローバルな決済手段や少額決済は、まだまだ未整備の領域です。しかしここをもし私が押さえることができるなら、山都重機工業を超えることも可能なのではないでしょうか。ややもすれば、この日本から、世界を変えるような大仕事も……。

しかし今の金融システムはもうすぐ行き詰まるんじゃないかな。もともと金融なんて本来は単なる仲介にすぎないものが、今じゃ実体経済をひっかきまわす存在になってしまった。続かないよ、こんな世界は。

……宗形先生には一家言おありなようですね?

そんな大それたものじゃないんだが……俺は30まで、大学で金融の研究を続けていてね。いずれ準教授や教授になったりする目標もあったのさ。だが同じポストを狙っている研究者たちはぞろぞろいたし、あまりにも低い給料に生活もままならなくなって、ドロップアウトしたんだよな。ワーキングプアどころじゃない、時給換算すればマジで200円とかそういうレベルだった。もう無理だと悟って、31歳になって慌てて転進して、ようやくこの学校に潜り込むことができたんだ。何もかも、人生を立て直すには遅すぎた。

研究者だったのですか……。人に歴史アリとはよく言ったものです。

考えたらバカバカしい話だよな。信用創造やデリバティブを通して世界中で巨大に膨らんでいる何京円という富のことを研究していたっていうのに、肝心のその俺は、今どきトイレ共同アパートの四畳半暮らしで汲々していた。しかも研究すればするほどこの世界の歪さに気づかされて、いつの間にか夢も希望も感じなくなっていたよ。

宗形先生のような日陰教師でも、話してみると意外と興味深いものですわね。

しょせんは非常勤教員に過ぎないし、いつ首を切られるとも知れない身の上だ。俺のほうも、最低限生き続けられるだけの資産を確保したら、もうリタイアしちまうつもりだよ。余生は毎日もう何も考えず、小さなキャンピングカーで気ままに暮らすさ。

ちなみに最低限生き続けられるだけの資産とは、宗形先生にとってはどれほどなのですか?

やっぱり高校生らしからぬポイントに興味を持つものだな、剣持くんは。今のところ、手持ちの株や投資信託を日本円に換算すると、せいぜい1500万くらいさ。2000万相当くらいになるまでここの非常勤教員になんとかしがみついて、その後はとっととリタイアだなぁ。

日本円換算2000万……。リタイアしたら野垂れ死ぬだけでは?

そうかもしれないが、40までには教師を辞めたいと願ってる。もう働きたくないんだ。社会からもなるべく遠ざかって、ひっそり暮らすつもりだよ。

世捨て人志願ですか。そんな風に後ろ向きで、いつ辞めるとも知れぬ人が新しい学部を作る責任者だなんて、実にふざけたお話もあったものです。

切実にそう思う。
すっかり職務を放り出していますね。
剣持くんのことを勧誘できるはずもないと完全に諦めたからな。居直りだよ。
カッコ悪い大人ですわ。

 菜月からもまったく同じことを言われたが、否定のしようもない事実だ。

どこまでもあざ笑ってくれ。俺の人生、何もかもが黒歴史だったよ。
まるで人生終了のような言い方です。
俺の人生が終了していたことは、とっくの昔に気づいてた。この俺に隙はない。

 ガッツポーズを決め、キリリとして俺が言い切ると、胡伯は上品に笑う。

うふふ。近いうちに私がもし金融系のお仕事に乗り出すときは、相談に乗ってもらえますか?

剣持くんのような偉大な女子に、俺ごとき貧民にして雑魚教員が応じられる相談なんてないよ。

実力を過信して偉ぶった男性ばかりが多い世の中ですが、謙虚な人物のほうが信頼できると考えています。その意味から言えば、宗形先生は合格ですわ。

人生で初めて認められた瞬間かもしれない。
 おどけた調子でそう言うと、また胡伯は微笑む。

うふふふ。認めたわけではありませんわ。危険人物リストから除外してもいいと判断しただけです。

俺って婚約者じゃなかったっけ?
人生が終わっていたのは私のほうでした。

 互いにひとしきり笑い合ったあと、俺は胡伯に、時間を取らせてしまったことを丁重に詫びた。そして胡伯には、もし女生徒たちからストーカーに遭うようなことがあれば相談してくれと伝え、俺は屋上を後にしたのだった。

ページトップへ