もしも敬虔な女子高生が〈神は死んだ〉のニーチェ作『ツァラトゥストラ』を読んだなら

『見よ、わたしもみずからの知恵に飽きた』

エピソードの総文字数=1,439文字

『ツァラトゥストラの叙説』~冒頭のあらすじ~


 ツァラトゥストラは30歳から40歳までの10年間、山の上の洞窟の中にこもり、孤独を楽しんでいた。

 だが、ついに心が変わる。ある朝、朝焼けの太陽に向かって彼は語りかける。

「君も照らす相手がいなければ幸せではないだろう」と。

「やっぱり、ほんっと偉そうなんですよね、このツァラさん」
「別に太陽にとっては照らす相手がいてもいなくても幸せかどうか関係ないような気もいたしますけど」
「すごい自己中(ジコチュー)っていうかー」
「人間中心主義。当時の哲学も関係しているのではないかな」
「人間っていうより自分中心主義ですよ、ツァラさん……」
「ふふ、この先もなかなか趣きがある」

 見よ、わたしもみずからの知恵に飽きた。

 ~中略~

 贈りたい、分け与えたい。世の知者たちがおのれの無知に、貧者たちがふたたび己の豊かさに、気づいてよろこぶに至るまで。

「つまり、

『太陽も照らす相手がいなければつまらないし日々天体として運行しているだけじゃ飽きるだろう』

と言って、

『自分も自分の知恵に飽きた』

から、

『この知恵を人々に分け与えたい』

と言っているわけだ、それも、まるで太陽の光のように。と」

「知者ってのは知恵のある人ですよね、そんな人が『やっぱり無知でした』って気が付くのは、まだまだ知らないことあるわーってことでしょうか?」


「ここだけだとはっきりしないが、そうなのかもしれない。『まだ学ぶことがあるなんて幸せだ』と思う、ということかな」
「でも、ツァラさん、自分の知恵に飽きて、そう思ったわけですよね……。それで『世の知者たちがおのれの無知』に気づくと良いな、って言ってるってことは……、世の知者より自分のほうがずっと知恵があるぞって言ってるってことですよね……」
「やっぱり、そうとう偉そうですわね……」
「僕の読んでいる手塚訳では太陽を『おまえ』呼ばわりしているぐらいだしな」
「『貧者たちがふたたび己の豊かさに、気づいて…』というところは、やはりイエス様の教えかしら?」
「僕はここがすこしひっかかるんだ。新約聖書には『金持ちが天の国に入るのは難しい。重ねて言うが、金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。』(マタイ19章)と書かれているだろう?

ニーチェは『この人を見よ』でキリスト教をあれだけ批判していたのに、なぜ同じ表現をつかうのだろう」

「そしてこのあと!」
 そのためなら、わたしは低い所へくだっていかねばならない。君も暮れ方になれば海の彼方に沈み、(くら)い下界にも光をもたらしているように。君よ、豪奢なまでに豊かな星よ。

 わたしも、君のようにしなくてはならない。わたしが下っていこうとする人々の言い方を借りれば、没落せねばならない。

(くら)い下界に住んでる人々にあわせて、自分も下って行って、没落せねばならない! ですよ!!」
「下々の者の為にそこまでのことをしてやるのだ私は! ってことですわよね、きっとツァラさんのおっしゃっていることは」
「レベルを合わせてやろう。ってこと、なのかな」
「やっぱり、ほんっとに偉そうですね……」
「ただ、偉そうなだけでなく、ちょっと可愛げ、と言ったらよいかしら、そういう不思議な魅力がありますわ」
「あ、それはあります。

 そうなんですよね、よくわかんないけど、なんか魅力があるんですよね」

「そうだな、そのあたりもおいおい掴んでいくことにしよう」
──こうして、ツァラトゥストラの没落は始まった。
〈つづく〉

◆作者をワンクリックで応援!

6人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ