マジカルミュージック

航海士の嘆き

エピソードの総文字数=1,769文字

    夕陽は、……無口だ……。誰かと……喋るのは……嫌いだ……。一人の方が……楽だ……。子供の頃から……俺は、一人で楽器を奏でるのが……好きだ。クラリネットの……音色……。とても……綺麗……。あの音色は、晴れやかな航海の……音色……。夕陽の……心の音色……。
2017/06/24 12:42
    今の夕陽の音色は、……荒れた嵐の海……。夕陽が恋した人は……既婚者……だった。その人は、……とてもクラリネットが上手な……夕陽のクラリネットの師匠……。

    師匠は、……とても美しく……そして優しかった……。

    結婚した、と聞いたのは、……一年前……。

    突然だった……。夕陽は、……言葉を失う……。更には、……耳を疑う……。

2017/06/24 12:46
勿忘草……。花言葉は、私を忘れないで……。

師匠……俺の事……忘れないで……。見放さないで……。一人にしないで……

2017/06/24 12:49
    夕陽の……気持ちは離れるばかりだ……。どうしたら……いいのだろうか……。夕陽の……思いは……一生消えないだろう……。
2017/06/24 12:52
    夕陽は、……今、……歌音と美羽に問い詰められて……いる。理由は……簡単……だ。昨日、……美羽に襲いかかった暴徒……夕陽が射た弓でおいつめた……事が原因……。

    美羽は、ピンクの紫陽花が……似合う……。夕陽には、勿忘草が似合う……。だから、……俺の事……忘れないで……、と夕陽は……思う。きっちりここに……存在している……事……。

2017/06/24 12:54
茨木くん、どうしたんよ?     急に黙っちゃって……
2017/06/25 00:19
いや……何でも……ないです。ただの……こうなればいいのに……という妄想をしてた……
2017/06/25 00:20
妄想?
2017/06/25 00:22
あの人の事……忘れられない……。このままじゃ……俺は……また一人ぼっちに……なっちゃうのかな……。音楽も……俺から離れていく……のかな……?    不安で……仕方ない……。こんな話……聞かせて悪い……。そろそろ俺は……行くね……
2017/06/25 15:05
    夕陽は、……二人の元を離れ、……昴達の所に行く……。夕陽からは……話しかけない……。話を聞いて……愛想笑いを……浮かべるだけ……。別につまらない……訳ではない……。

    夕陽の心が……ここにない……そんな状態……。頭と心の中には、……結婚してしまった……師匠の笑顔が浮かび上がってくる……。

その笑顔は……、……誰に浮かべてるの?

夕陽なのか……?    夕陽じゃない誰か……?

    夕陽は、……一人でこの世界に……閉じ込められた……かのようだ……。

    しかし、……この思いは……届かない……。決して、……この思いは……そのうち忘れ去られて……おしまいなのだから……。

2017/06/25 15:08
    放課後、……夕陽の元に……美羽がやって来た。美羽は、……夕陽の最初の友達……。……本当の最初の……友達だ……。美羽になら……話しても……いいかもしれない……。

    夕陽の思い……。どうしたいのかを……。こんな……口下手な夕陽を……友達だと言ってくれる……美羽なら……喋っても……良いのかもしれない……。

2017/06/25 15:13
美羽さんに……相談したいこと……あります……。俺は、……口下手なので……うまく話せない……かも。だけど、……聞いてほしい……俺の悩み……
2017/06/25 15:16
構わへんよ♪    あたしでよかったら聞くわぁ♪
2017/06/25 15:18
俺は……、……師匠が……好き……。だけど……、師匠には……夫がいます……。俺は……、師匠に……思いを伝えたい……。こんな……思いで苦しむの……嫌だ……。師匠に……断られるのも……嫌だ……。俺は……、師匠に……拒絶されるのが……怖い……
2017/06/25 15:18
そう思うのは茨木くんだけやないよ……。あたしだってそうだった。拒絶されるのは嫌だよ……。誰だって嫌なことだから……。でも、思いを伝えない方がもっとモヤモヤすると思うわ
2017/06/25 15:22
確かに……今モヤモヤしてる……かも
2017/06/25 15:23
やろうな♪    だったら、思いだけでも伝えた方がエエわ♪    その方が楽になるさかいな♪
2017/06/25 15:39
分かった……。一回……いつ会えるか……アポを取ってみる……
2017/06/25 15:40
    夕陽は……、師匠にいつレッスンを入れるかメールを……入れた。

    しばらくすると、メールが届き、来週の日曜日にレッスンをしましょう、ときた。

    夕陽は……、このメールにドキッと、した……。

    この後も……ドキドキがおさまらない……。これが、俗に言う恋、だということに……夕陽は……気づかないでいた……のだった。

2017/06/25 15:41

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ