ソラミミ×DIAMOND

わたしの家に 小象が来たこと(1)

エピソードの総文字数=801文字

 翌朝、わたしの家に小象が来た。
 小象と言っても、わたしの背丈の倍近い。ぱぽーなんて鳴いている。
 それから昼前に草里そうりが来て、わたしの部屋で休んでいる小象をぺたぺた撫でている。
なんで? なんで象なの
知らないよ
これ、あなたが持ち帰ったものじゃないの?
 夕べの夢は、よく思い出せない。
それかもしかして、つけてきたのじゃない
 夢追いの類か。夕べじゃなく、昨日学園での草里がやばそうだったという昼寝。あれは、深いところまで落ちていた感覚は覚えている。あのとき掴んだのは掴んだのだ。結局雫になって消えてしまったけれど……
ソラミミ! この子、しっぽ(※の先)がない
 わたしはわたしの手のひらを見る。あのとき、この子のしっぽを掴んだとか。
こいつは、害なすものの類じゃないな。むしろ縁起ものだよ。象なんて。宝石を採ってくることはできなくなったけど、あんた新たな才能を見い出したんじゃない? こういうのを連れて帰ってくるって
 草里は小象をぽんぽん叩いて、はしゃいでいる。小象は、
ぱぽー
なんて鳴いて。
わたしは、宝石のがいいな……
諦めなよ。もう、宝石は無理なんだよ
なっ。なんでそんなこと言われなきゃ
それよりさ
 草里は小象の顔をぐいってわたしの方に向ける。縁起もの、って顔か?
この子どうする?
 学園に言えばあなたの価値が上がるかもしれないけれど、象は絶対取り上げられるよ。と草里は言った。
わたしだったら離さない。こんな可愛い子
可愛い……かなあ
ぱぽー
 あはは、とわたしは力なく笑った。だけど何となく、自分が連れてきたんだ、というのがしっくり来るようになってて、学園には渡してしまいたくないとも思っているわたしがいる。
けど草里。大きくなるし、うちでは飼えないでしょ。何かいい方法でもあるの?
ねえそこでソラミミ、相談があるの
 草里の目つきが少し変わった。

「この子とパレード潰しをしよう。と思うのだけどあなたはどう? ソラミミ」

◆作者をワンクリックで応援!

3人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ