魔界の姫と二匹の黒猫の物語

第十話 三十六計逃げるに如かず

エピソードの総文字数=657文字

スライムによる、村の農作物への被害は日に日に減っていっています。
村人たちも近年まれに見る豊作ということで喜んでいます。
お嬢が張り切っているおかげですな。
ま、これくらいあたしにかかれば朝飯前ってやつよ!
おーい、お前さん、エラいことになっただ!
ん? どしたの? またスライムが出たの?
出たなんてもんじゃねえべ。川の向こうにスライムがわんさか集まってるべ。
ふむ、何やら不穏な空気ですな。
姫様、とりあえず様子を見に行ったほうがよさそうですね。
ま、スライムごときが何匹集まったって、あたしの敵じゃないからね。安心して任せなさい!
と、とにかく早く何とかしてくれろ。んじゃ、よろしく頼んだべ。
うわぁ……。
ぬぬ、これは……。
かなりの数のスライムが集まってますね……。しかも、段々と数を増しているような……。
とりあえず、やっつけるしかないでしょ!
あ、姫様! あちらをごらん下さい!
スラ~。
スララ~。
スララララ~。
ちょ、なにあれ。一つのところに集まってる!?
お嬢、コイツは少しきな臭い感じがしますな。お気をつけを。
スラララララララ……。
全部のスライムが合体して、一つの大きなスライムに……!?
と、とにかく突っ込むしかないっしょ!
オリャアーーーーーー!
ぽよーん
ドリャアアア!
ぽよーん
ちょ、なによこれ! どうなってるのよ!?
ひ、姫様! 攻撃が全部はね返されてしまっています!
うぬ……こりゃあ厄介なことになりましたな……。
スラララ~。
こっちに向かってきます、姫様!
ちょ、ちょっと一旦体勢を立て直すしかないわね!
三十六計逃げるに如かずですな。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ