対人類ヘコます会議室

第6話「海王ちゃんの優しさが俺を甘やかしてる気がする」

エピソードの総文字数=2,200文字

おーい
竜王ー?
りゅーうーおーうー??
……
んん?
……
海王ちゃーん?
はぁーい(ガチャッ)
なんで毎度トイレの水から出てくるんだ。不潔だとか思わないのか?
だって私水に乗り移って移動してるのに、ここ水場がトイレしかないんですよ
俺がこの場所で呼ぶから悪いのか。なんかそれは申し訳ないな
それで、どうしたんですかー?
うむ。竜王がどこに行ったか知らないか?
さぁ?
ううむ、俺が知らないのを海王ちゃんが知ってる訳ないか。
俺の持っているドラゴンボール全42巻のカバーが全て
外されている件について問い詰めようと思ったんだが
さすが竜王さん! 並々ならぬ努力を感じますね!
海王ちゃん。
奴のクッソくだらん努力を評価する必要は塵ほどもない
ところで、獣王さんが
「もうすぐ勇者が現れるかも」って言ってたけど本当なんですか?
ああ、そうなんだよ。まあ勇者ごとき俺の相手じゃないけどな!
わあ、さすが魔王さんです! 勇者が相手でも物怖じしません!
あったりまえよぉ! 勇者なんてな、軽く2,3発ジャブを入れて、
やつの反撃を華麗にかわしてカウンターの右フック。
よろめいたところに俺の左アッパーがアゴを直撃! これでKOよ!
イメージトレーニングは完璧ですね!
そして意識を失った勇者に俺が回復魔法をかける……
「魔王、なぜ敵である俺に回復魔法を?」
そこで俺がクールに言うのさ。
「フッ、俺は勇気ある挑戦に敬意を払う。
 まだ挑戦する勇気があるならいつでも相手をしてやろう」
敵にも尊敬の念を忘れない魔王さん、かっこいい!
そう。そして魔王は静かに勇者の挑戦を待っている……
だから魔王は働いたりしない。勇者を静かに待つことが仕事なのだ
たしかに!
だが黙って待っていたら暇だ!
だから竜王と喋ったり漫画を読んだりゲームしたり
おやつを食べたりして暇を潰しているのだ!
時間の有効活用もできる男なのさ!
たしかにそうですね。常に働き詰めだと疲れてしまいます!
はっはっは。そうだろう?
ええ!
……
海王ちゃんの優しさが俺を甘やかしてる気がする
そうですか?
ああ、うん、今日確信に至った。間違いねえわ……
それで、勇者一行ってどんな感じなんでしょうね?
うーん、まさか1人で行動したりはしないだろうな。
オーソドックスに4人連れくらいで行動するかなあ
4人連れですか。魔法使いさんとかいたら厄介そうですね
どうせなら胸の大きい女戦士とか連れてきてくんねーかな。
だったら戦闘中も楽しいのによ
はい?
すみません。何も言ってません。本当です。命だけは助けて下さい
……それにしても、勇者一行と私が戦うことってあるんでしょうか
さあ。奴らが海を渡るならそうなるかもな
う~ん、緊張してきました。人間さんを相手にするのは苦手なんですよね
そうなのか?
手加減できなくて……
こ、怖え……可愛いなりして海戦最強だもんな、海王ちゃん
いえいえ、そんなことないですよ。私なんて全然です。
私より強い魔物さんいっぱいいます!
ふーん? じゃあ誰が強いんだ?
…………んん??
海王ちゃんしっかりしろ!! 自分で言い出したんだぞ!?
えーっと、あ、そうだ。
タコのクラーケンさんはすっごく強いですよ!
クラーケン、あの老いぼれか。
たしかにデカいけどそんなに強かったっけ?
ええ。表情が読めないからいつもジョーカーを引かされて……
ババ抜きの強さかよ! 純粋な強さについて聞いてんだよ!
あ、純粋な強さですか。じゃあウンディーネさんとか
ああ、あの女ね。俺やっぱりああいう女と
はい?
言ってない! まだ何も言ってない!
本当です! 下ネタの気配感じ取るのやめて!?
次はないですよ?
はい! 肝に銘じます!
それで、ウンディーネってそんなにだったっけ?
ええ。この前も悪い男に騙されてました
…………
って、「純粋さの強さ」について聞いてるわけじゃねーよ!
「単純な戦闘力の高さ」について聞いてんの!
つーかピュアさに関しても海王ちゃんは負けてないと思うぞ!?
あ、あれ?
単純な戦闘力ですか。いや、もちろん私より強い人いますよ!
……例えば?
…………んん??
まずい、これループするやつだ!
うう~。みんな私のこと強い強いって言いますけど、
そんな実感はぜんぜん沸かないんですよ~……
てっぺん取った奴なんてそんなもんだ。はじめから強くなかった奴なんて特にな。自分が弱かったころに散々負けてるから、まさか今自分が1番強いとは思わなかったりする
まあ、海王ちゃんは元々べらぼうに強かったが
そういうものですかね?
ああ。
とあるゲームで世界一を勝ち取った俺が言うんだから間違いない
さすが魔王さん。言うことが違いますね!
当たり前だろ? 俺は魔王なんだからな。
まぁ、海王ちゃんの胸も下手すれば世界一待ってくれ、口が滑っただけなんだ
はぁ……。
私、そういう下品な人が世界で1番嫌いなんですよ(ゴゴゴゴゴ)
殺気が! 今世界で1番殺気が漏れてるよ!
仕方がないですね、魔王さんにも、
竜王さんと同じ所で頭を冷やしてもらいましょうか(ゴゴゴゴゴ)
えっ!? その口ぶりだと竜王も余計なこと言って海王ちゃんに葬られた感じ!? ここに犯人がいるぞぉー!!
少し、頭冷やそうか
ギャーーーーーーーーーーーー!!!!!

その後、魔王と竜王はトイレに仲良く頭を突っ込んだ状態で発見された。
海王ちゃんにちょっとでもセクハラとか、下ネタな話をしてはいけない。
2人はそう思った。

次回、やはり何も起こらない。乞うご期待!

◆作者をワンクリックで応援!

4人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ