チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第五十二話『キングガーゴイル戦決着』

エピソードの総文字数=1,223文字

「す、すごい!」
2017/06/03 05:54
サラが繰り出した、新必殺技。『雷迅 - ライトニング』を使った高速攻撃が、いったい何なのか、あまりの速さに、その時の僕にはわからなかった。一瞬で2体のガーゴイルを倒してしまった。
2017/06/03 05:54
「今の技はいったい・・・」
2017/06/03 05:54
と僕がサラに聞こうとしたところ。大きく影が動いた。
2017/06/03 05:54
「グググゴゴゴゴォォォ」と巨体が動き出し、空気が大きく振れる。キングガーゴイルがサラに襲いかかってきた。
2017/06/03 05:55
「きゃっ」
2017/06/03 05:55
2体のガーゴイルを倒し、ほっとしていたところ、後ろから襲いかかってきた、キングガーゴイルに驚くサラ。
2017/06/03 05:55
「伏せて!!」
2017/06/03 05:55
その瞬間僕が叫ぶ。
キィィィィィンとSSSランクの武器「 神の剣 -デュランダル 」が光る。剣の周りに、光の波が出来る。
2017/06/03 05:55
「疾風」
2017/06/03 05:55
僕が叫び、キングガーゴイルに斬撃を繰り出した。
SSSランクの武器「 神の剣 -デュランダル 」のスキル、目の届く障害物のない範囲であれば、どこにでも攻撃が出来る、神の技。「疾風」。

さっきとは異なり、今度は、きっちり、攻撃を当てられるポジションにいたので、サラに襲いかかろうとした、キングガーゴイルに「疾風」を叩き込んだ。

「99,999のダメージ」と表示されて、キングガーゴイルは消滅した。キングガーゴイルはゆったりした、動きと巨体のため、僕にとっては、ずっと攻撃を当てやすい相手だった。

そうして、第三のチェックポイントのボス「キングガーゴイル」を倒したのだった。
2017/06/03 05:55
「やったあああぁぁぁ!」
2017/06/03 05:56
「やりました!」
2017/06/03 05:56
サラと、奈緒子が抱き合って喜んでいる。ふたりとも危ない所だったのでホッとしたのか、なんとか倒すことが出来たので緊張の糸がほぐれたのだろう。女子が抱き合っている姿は微笑ましかった。眼福眼福と思ったが、言うとまたサラに怒られそうなので、心のなかにとどめた。
2017/06/03 05:56
「大丈夫だった??」
2017/06/03 05:56
「うん、ありがとう。やっぱり凄いわね、『疾風』は」
2017/06/03 05:56
「ありがとう、そんなことよりさっきの技はなに??何をしたの!?!?」
2017/06/03 05:56
とサラに僕が聞いた。
2017/06/03 05:56
「ん、なんのこと??」
2017/06/03 05:57
ほんとに、わかっていなかったようだ。彼女にとってはあのくらいの動きは普通のことなのかもしれなかった。
2017/06/03 05:57
「あの、飛んだ新しい必殺技のことだよ」
2017/06/03 05:57
と僕が説明して、質問した。
2017/06/03 05:57
「ああ、あれはね」
2017/06/03 05:57
と、先ほど、ガーゴイル一体に叩き込んだ技の解説を始めてくれた。
2017/06/03 05:57
「奈緒子ちゃんとの距離が結構あったから、届かないと思って、雷をまとった手を、地面に当てたら、『跳ぶ』かな??と思って試したの」
2017/06/03 05:57
「えー!?!?凄いことするな。」
2017/06/03 05:58
サラの発想に、僕が驚く。
2017/06/03 05:58
「それから、空中で『雷迅 - ライトニング』の電撃をまとったまま、手刀で倒したの。」
2017/06/03 05:58
「人間の技じゃないね。それ・・・コンマ何秒の間の話でしょ」
2017/06/03 05:58
僕が驚くと、そう?とサラは笑った。
2017/06/03 05:58
「ほんとは、練習してから、本番でやりたかったんだけど」
2017/06/03 05:58
「え、初めてだったの?!」
2017/06/03 05:59
「うん、できるかな?と思って」
2017/06/03 05:59
「やったらできた!」
2017/06/03 05:59
ぶっつけ本番ですごい技を成功させたサラがニコッと笑った。
2017/06/03 05:59

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ