天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

悪魔のささやきでひと悶着

エピソードの総文字数=341文字

悪魔のささやきが聞こえた気がしました









や、やっぱり隠しておいた方が……
い、いえ! 仮にも天使である私がそんなこと……
で、でもでも……
うぅ~じゃるさま~……
呼んだ?
ふぇあ!?
ただいま
お、おかえりなさいです
で、割っちゃったみたいだね……壺
な、何で知って……
じゃなかったです!
ごめんなさいっ!
まぁ、別に大したものじゃないし別にいいよ
それより、怪我とかしてない? 破片触ってたけど……
あ、はい……それは大丈夫でした
それはよかった






それにしても、天使でも悪魔のささやきにそそのかされることってあるんだね?
そ、それは! えーっと、あーの……
……ごめんなしゃい
まぁ、それはそれで面白かったし
ぁぅ~……








 こうして、壺の割れた騒動は落ち着いたのであった



……でも、あれってほんとに心の声だったんでしょうか?

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ