勇者の武器屋

第三五話 新製品開発

エピソードの総文字数=2,702文字

絶好調じゃないか! こんなに売りやすくなるとは想定していなかったよ。

もともと欲しくて悩んでいた人が多かったからだと思います。それってやっぱり、この製品を市場に投入しようと計画した魔法使いさんに、先見の明があったんですよ。さすがです。

アタシを褒めても売上が増えるわけじゃねーぞ。

でも本当のことですよ。自分が開催している武具講座で魔法剣スリーパーを紹介したんですが、縁がないと思い込んでいた魔法剣が、手に届きそうな価格になっていることに、みなさんびっくりなさいます。

魔法使いは単に商品を発案したっていうよりも、工房や魔法協会を説得して動かし、試行錯誤を重ねた上で、こうして製品化までこぎ着けたっていうことが本当に評価されるべき部分なんだと思うぞ。労いの言葉をいくらかけても足りないくらいだ。

ほんの少しだけなら褒めてもいいんじゃない? まぁ私の本気には敵わないと思うけど。

へへ、なんだか歯がゆい気持ちになるもんだな。

武具講座で大きな利益を叩き出している勇者や、販売から経理事務まで裏方で欠かせない存在になってる戦士だけが『ドリームアームズ』を経営してるわけじゃないってこった。
だけどさぁ~、魔法剣スリーパー一本槍じゃ、そこまで儲かるわけじゃないんだよなぁ……。

十分な大成功商品ですよ! 自信を持ってください。

いや、魔法使いの言うことにも一理ある。月賦払いを導入してから、合計18本の販売を達成している。そして月末の6本まで計算にいれると、今月の販売成績は合計24本ということだ。本数としては、実はそこまで多くはない。

数千G程度の廉価品の武具がヒットすれば、普通に月100以上が出てもおかしくはないからね。ただ、10万G前後の武具としては、驚異的な販売状況でしょう。

つまり当月だけで売上見込みは235万2000Gだ。粗利はおおよそ3割といったところだから、70万5600が儲けということになる。そこから販売管理費を抜くとすると……正味の利益はそこまで残るわけじゃないんだ。悪くはないんだが、物凄く儲かるってわけじゃないのも事実だろう。

勇者が成功させている武具講座と比較すれば、売上額は魔法剣スリーパーのほうが上回ってるんだが、利益額は武具講座のほうが上になる。どっちが良いのかわからんねぇ。

そりゃ、現実の商品を売るのと、空気を売るのとの違いでしょ。

ただ一つ言えることは、空気を売るために勇者は目一杯稼働してるけど、魔法剣の販売にはまだまだ伸びしろが大きいということだ。それに、あくまで俺たちの本分は武器屋でもある。武具の販売には重点を置くべきだろうよ。

そうですよ、魔法使いさんの仕事は、『ドリームアームズ』にとって重大なんです。これからもよろしくお願いします!

そういってもらえると、さらにヤル気が沸いてくるってもんだ。よっしゃ、アタシは次の魔法剣の準備だな。

そうだな、頼む。また魔法協会を動かして、新しい製品を投入していってくれ。この流れはかなり良い感じだからな。

次の製品投入アイデアとしては……剣を雷属性にしたり炎属性を組み入れたりするだけじゃ、いまいち面白味がない。かといって麻痺や毒だと、別に魔法剣スリーパーの睡眠効果で十分じゃないかっていう話でもある。

もう少し販売価格が上がってもいいから、もっとインパクトのある製品を投入していきたいところだが……即死魔法を組み入れたものっていうのはどうだろうな? これこそ本物のアサシンダガーというわけだ。

アサシンダガーはすでに製品化されているものがあるのよ。ただし、そもそもからして高度な即死魔法を操れる魔導師は限られてる。製品化されてるアサシンダガーは中級の魔導師の魔力を封じ込めるのがせいぜいで、低級のモンスターにしか効果を発揮しないのよ。まともな装備を持ってれば、その程度の敵に苦戦するわけもなし、お守りにすらならないわ。

だからこそ、『ドリームアームズ』が製品投入する意味があるんだろう。なんせアタシや僧侶みたいなスーパークラスの魔導師が製品開発に携われるんだからな。

……え? まさかこの私に一本一本、わざわざ魔力を封じ込める作業をしろっていうの? 聖鉄に魔力を封じ込める作業って、数日で1本できたら御の字って話じゃないの。しかも即死魔法、集中力が乱れると下手すりゃこっちが死にかねないし、どれだけ消耗すると思ってるわけ?

わかってるさ……。アタシもやるよ。それだけの労力を注ぎ込むわけだから、さらに高く売ってもいいだろう? 僧侶とアタシの魔力を封じたアサシンダガーなら、正直、1本30万Gでも安いくらいだ。まぁ庶民にそれが判断できるかどうかは別としてだが。

魔法剣スリーパーみたいに、魔法協会の魔導師に頼みなさいよ。戦争でもない限り、どうせ大した仕事はない連中なんだから、大きな仕事になるなら大喜びでしょ?

ちゃんとした即死魔法を操れるっていうのは、それこそ本当に一握りなんだよなぁ……。睡眠魔法とは仕事のレベルが違うよ。そこそこレベルの魔導師だと、なんちゃってアサシンダガーになっちまう。品質保証はできないぜ。

聖鉄って一度魔力を封じ込めると、工房で溶かしても、かなり長い間まともに使い物にならなくなるんですよね?

別の魔術師の念が入ったり、別の魔法の効果を入れたりすると、魔力が交錯して役立たなくなっちまうんだよな。掘り出したばかりの聖鉄は貴重な鉱石だし、粗製濫造するわけにはいかない。

相当に高くなってもいいだろう。それだけの価値はあるんだから。今はとにかく、魔法剣スリーパーに続く、そしてそれを越える力のある、マーケットで目立てる新製品をいち早く投入すべきタイミングだ。

な? やろうぜ僧侶さんよ。

ここは『ドリームアームズ』が急成長できるかどうかの分水嶺、大事な時期なんだ。協力してくれよ。

いくら魔法剣とはいえ、30万Gなんて売れるのかしらね?

オークロードあたりなら瞬殺できるから、実用性としては十分なはずだ。ドラゴンに相まみえるクラスの冒険者ともなれば、そもそもアサシンダガーには頼らないだろうしさ。遠出する商人や遊牧民とかにとっちゃ、一生モノのお守りになるよ。

……まぁ、ちょっとだけなら……。

そうか! そう言ってくれると思ってたよ。それでこそ同志だ。

私の即死魔法を封じ込めたものとなれば……もしかしたら魔王すら一撃かもしれないわ。

そうだろうな。

同意せざるをえない。

うちの僧侶さんが魔力を封じ込めたものは、ある意味で無敵の武器ですね。アーティファクト級の一品になるんじゃないでしょうか。

ぶっちゃけ超兵器だよな。未来の誰かが掘り出して、オーパーツ扱いされるレベル。

ページトップへ