ウラガワヒロイズム

第2話/Cパート

エピソードの総文字数=450文字

フハハハハハ!
会場の子どもたちを助けたければ、
この俺様を倒してみろ、オリジンジャー!
おまえらの好きにさせるか!
覚悟しろ、パクリエイター!
がんばれー!
オリジンジャー!
(わー、パクリエイター側もオリジンジャー側も、
 アクションがキレッキレでかっこいいー!
 ほんと、立ち位置や間合いも勉強になるなぁ。
 でも、あのボスパクリエイターの低音ボイス、
 どっかで聴いたような……)
フン、貴様らの力はその程度か。
俺様の猛毒インクの威力を味わうがいい!
明日、巨大隕石でも降ってきて地球滅べばいいのに。
――あっ!

(この声、黒杉くんじゃん!!)
おねえちゃん、どうしたの?
あ、ううん、なんでもないよっ。
オリジンジャーがなんかピンチみたいだし、
一緒に応援しようね!
うん!
(黒杉くん、ヒーローが嫌いって言ってたくせに、
 ショーの音声の仕事はしてるんだ……。
 まあ、若手さんだから仕事は選べないのかもしれないけど。
 月曜になったら学校行くし、
 どういうことなのか本人に思い切って聞いてやるー!)
【To be continued.】

◆作者をワンクリックで応援!

3人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ