神と大統領と弾道ミサイル(仮)

神の出迎え

エピソードの総文字数=1,482文字

 車を降り立った天馬とエリカは、ちょうど時間通りにヘリが予定の場所に着地するのを見ているところだった。事前に聞いていた通り、アメリカ軍機だ。

 エリカは車の運転手役としてだが、天馬はアメリカ軍機を大統領として迎えるのである。

 着地場所は、アスタリア郊外の平地である。大統領官邸からは車で5分程度の距離だから、ぜんぜん遠くはない。

 ヘリが着地するとドアが開き、若い女性一人が威勢よくジャンプして飛び出してきた。見事に着地した女性は、腰に手をやり辺りを眺めまわす。ここから広がる山々は絶景だから、初めて訪問した人間は、思わず景色に見入ってしまうのは自然なことだ。

 続いて、テレビカメラや音声機材を抱えた男が2名、注意深くヘリから降り立ってきた。あの3人が取材クルーらしい。

 女性がこちらに歩いてきたので、天馬とエリカも近づいていく。

 20代半ば、さすがにテレビに映る仕事だけにずいぶん綺麗な女性で、はつらつとしたなかに気品もある印象だ。

あなたが天馬ね! 大統領閣下。
 女性が手を差し出してきた。
ようこそ我が帝国へ。
CNM特派員、ライザ・フローレンスよ。

今回は取材を受けてくれてありがとう。

 ライザが特派員として報道したニュースのいくつかは、動画配信サイトなどにアップされていた。数は多くないようだが、取材相手は紛争地の主要なキーマンや、内戦中の国の国家元首など、それぞれの国際的知名度は低いものの、現地の政治にとってはかなり重要性が高いと目される人々ばかりのように天馬は感じていた。

 メディアが取材相手を探すときは、いくらニュースメディアを標ぼうしていても、原則としては視聴率が取れる相手を取材していくのが当たり前だ。そんななかにあって、ライザの取材相手たちは、視聴率という意味ではほぼ無意味ながらも、いぶし銀と言えそうな相手を見事に選び出しているように思われた。

 ライザは、エリカへも手を差し出す。

わーお!

こんな美しい女性が秘書官か何か?

景色も素晴らしいけど、あなたの美しさにはたぶん敵わないと思うわ。大統領も隅におけないのね。

世辞はいらないし、何か誤解があるようだけど。

エリカ・マリシェヴァよ。ただの運転手兼護衛。

 エリカは事務的といった風に握手を交わした。
世辞なんかじゃないわ。もっとちゃんとお化粧をして女性らしい服装をしたら男が放っておくはずないわよ。
こんな場所で、いったい誰にむけておめかししろっていうのかしら?
ううん、あなたならそのままでも十分よね。
内戦で生き延びるだけで精一杯よ。
 エリカは鼻で笑い飛ばした。
大統領閣下はともかく、あなたもパシュトゥーン系ともタジク系ともちょっと違うかもね?
これでもアスタリア人よ。スラブ系が少し混じっているからかしら。
エリカは俺の副官だ。戦略にはかかわらないが、政府軍との戦いでは中隊を率いてもらっている。帝国の大佐だ。
大佐?

天馬がそんなことを一方的に言っていたような気がするけれど、私には、そんな認識なかった。

ちょっとびっくりするくらい綺麗な女性が、こんな細腕で戦場にも出るのね、マリシェヴァ大佐?

 意味ありげに、ライザはエリカに目を細めた。

 エリカはつっけんどんに応じる。

人手不足でね。ライフルを撃つくらいなら女性だってできるわ。
大統領官邸に案内しよう。

ヘリのなかにいる軍人たちはここに放っておいていいのか?

OKOK。

さっそく案内してくれる? 街を見て回りたいわ。

 それから天馬とエリカは、カメラや機材を抱えてようやくこちらにやってきた男2人とも握手を交わした。そして一向は、エリカが運転する車へと乗り込んだのだった。

◆作者をワンクリックで応援!

4人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ