天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

公園でのひと悶着

エピソードの総文字数=509文字

それじゃ、俺は用事があるからしばらくはここで遊んでてね
あ、はい…………
いや、連れてくるだけで放置ですか!?
……もう居ないですし




ま……まぁ、折角来たのですから楽しみましょう
と言っても、何をすれば……
 
あれ、あの子も1人でいますね
あの、よかったら一緒に遊びませんか?
 
あのー……
 
……反応がありません
お邪魔だったのでしょうか?
……もしや妾に話しかけておったのか?
あ、単に気付いてなかっただけでしたか……よかったです
それで、妾に何か用かえ?
あ、えっと……折角なので一緒に遊びませんか? と……
ほう、妾と遊びたいと……面白い事を言う童じゃのう
それで、何をして遊ぶのじゃ?
そういえば考えてませんでした
ふむ……ならば「鬼ごっこ」とやらでもせぬか?
お互いに羽があるようだし……
あ、はい
それじゃあ鬼はどうしましょうか
別に妾が鬼で構わぬよ
そうですか?
じゃあ、逃げますので十数えたら追いかけてきてください
あい分かった
10,9,8,7……

わたしはこれでも天使なんですから

飛ぶのは得意なんですよ
4,3,2,1……
ふむ、では捕まえるとするかの……
『この地に生えし草木よ、妾の呼び声に答え、そこな天使を絡め捕らえよ』
ちょ! そんなのありですか!?

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ