勇者の武器屋

第十一話 ハリボテ武器屋

エピソードの総文字数=1,580文字

武器屋『ドリームアームズ』店内にて。

パーティー4人は顔を突き合わせ、今後の事業計画を話し合っていた。

まさか私たちが、武器屋を経営することになるとはね。

みなさんとまた新しい舞台で、新しい冒険に乗り出すことになるなんて、なんだか夢を見ているみたいです。ちょっと前まで後ろ向きばかりな自分だったのに……魔王さんを打倒するために立ち上がったころの昔の自分に、ちょっとだけ戻れたような気がします。

どうせやるからには本格的にやりたいところだ。目指すはナンバーワン武器屋ってところか?

それ違うから。

言ったでしょ、目指すところは世界一の大富豪、世界一の権力者、世界でただ一人の神のごとき存在だって。私なら、そのくらい当然よね。魔王なんか、指先一つで異次元にぶっ飛ばしてやるわ。

知らないというのは幸せなことだ。経済界や金融界はそんな生やさしいものじゃないぞ。切った張ったの単純な戦闘行動のほうが、何も考えなくていいだけ遥かに気楽なものかもしれん。実力ある冒険者のライバルが絶対的に少なかったしな。だがこれからは、すべての市民がライバルだ。

まるで自分が詳しいみたいな口ぶりよね。戦士のくせに生意気よ。

実際、戦闘では超一流のエキスパートだったはずの勇者が、コロッとハメられたわけじゃないか。経済活動はありとあらゆる人間の思惑が複雑に絡まり、ある意味じゃ毎日が陰謀の真っ直中にいるみたいなものだ。相応の覚悟はしといたほうがいい。

そんな世界だからこそ、魔王さんがここまでのし上がっているのかもしれませんね……。

まぁこっちは戦闘の玄人でも、商売は完全な素人。からっきしだ。

ぶっちゃけ、何から手を付けていいかわからん。

ひとまず最初は商品の仕入から始めなくちゃならんだろう。店の商品の大半は担保に持っていかれたり、取引先への決済ができず引き上げられたりしたわけだろ。店に商品を並べないと開店もできやしない。

パーティーの資金100万Gのうちの大半、98万Gは武器屋売買に投入しちまったんだろ? 肝心の、運営資金がすっからかんだ。立派な構えの店が残ってるだけで、売るための商品がない。ハリボテとは、まさにこのことだ。

とすれば……え?

そもそも、どうすんのよこの状況。商品もないし仕入代金もないって、いきなり詰んでいるような……。

アタシらの装備を売っぱらうか。中古でも一級品ばかりだろ。まずはそれで軍資金を作って、工房から汎用品を仕入れていくとか。

すさまじい自転車操業ね。でも、そうやってコツコツやるしかないのか。

いいや、お前らは肝心なことを忘れてる。

この武器屋『ドリームアームズ』は、魔境銀行をはじめとして、取引先各所に膨大な借金を背負っているということだ。とくに、魔境銀行に対する利払いが重すぎる。あまりちまちま時間を掛けてやっていれば、いつまでたっても金利の支払いにすら稼ぎが追いつかない。仕舞いには、俺ら全員が魔王の奴隷みたいになりかねないぞ。

じゃあどうすんだよ。偉そうに指摘した以上、代替案はあるんだろうな?

俺にだって答えはないよ……。ただ現実を指摘しただけで。

結局、詰んでるじゃない。私の"世界一計画"はどうしてくれるの?

むう……。

…………。

アンタ、黙ってないで何とか言いなさいよ。男でしょ。

だから何を言えと。それに男だからって何だというんだ。このなかじゃ俺が圧倒的に一番弱いんだぞ。

自慢するみたいに言うなっつうの。

……わかりました、私に考えがあります。

武器屋『ドリームアームズ』の経営者として魔境銀行に出向き、魔王さんに交渉を持ちかけてみるんです。

魔王に……交渉……? どんな?

たぶん魔王さんは根っからのビジネスマンだと思うんです。きっと何事も、お金優先、利益優先でやってきたからこそ、今の地位があるに違いありません。それなら、利益で魔王さんを動かせると思うんですね。
私、やってみます。

ページトップへ