マジカルミュージック

最悪の事態

エピソードの総文字数=2,540文字

    月すらなく暗い仙台市の夜……。星明かりすら掻き消す分厚い雲……。まさに今の歌音たちの状況を現している……。


    相馬先生の行方を捜しているも、未だに見つからない。


    一成が言う篠崎さん、って人も行方が分かっていないが、相馬先生と一緒にいることは間違いない。

2017/06/11 20:15
日の昇る洞窟……。どこにあるんだ?    訳が分からないんですけど……。
2017/06/11 20:19
    町の地図を見て、移動しているも暗すぎて見えづらい。

    暗い暗い闇が辺りを立ち込めているだけだ。先は見渡せないぐらい真っ暗……。夜は、危険が溢れるぐらい存在する。

2017/06/11 20:21
    コウモリが襲いかかってきたが、お兄ちゃんや圭くんが追い払ってくれた。

時折、ゾンビらしきものが出てき、歌音たちに襲いかかった。


    ダメだ……。先が遠すぎる。

2017/06/11 20:25
分かったぞ!!    日の昇る洞窟……。湖から少し先に行った山の先にある……。
2017/06/11 20:27
今から登山かよ!!    危なすぎるぜ!!    歌音は置いていった方が……
2017/06/11 20:29
いや……。歌音は連れていく。俺らで守れば何とかなる。相馬先生を死なせる訳にはいかない。俺らは、同じ過ちを繰り返さない!!
2017/06/11 20:30
分かった……。柏原先生に従うよ
2017/06/11 20:31
お前らは、俺の大事な生徒だ。必ず守ってみせるよ!!
2017/06/11 20:32
    一成にそう言って貰えて、歌音は嬉しかった。

    これで未来が存在するなら、歌音は何だって協力するつもりだ。

2017/06/11 20:33
    闇が辺りを支配する……。

    町を抜けて森の前までやって来た。

    懐中電灯を一成が持ち、先導してくれているも、この先懐中電灯が役に立たなさそうだ……。

    くっそー!!ここで足止めか……。時間は、刻々と迫りつつあった。

    後、九時間……。只今の時間は、二一時……。寮の就寝時間だ。

    明里が、心配すると思うので今日は外泊します、とメッセージを入れておいた。 嘘ついてごめんね……。

2017/06/11 20:35
よし……行くぞ!!    皆、俺からはぐれるなよ
2017/06/11 20:41
了解!!
2017/06/11 20:42
分かってるよ、お兄ちゃん
2017/06/11 20:42
そうか……でも、足元だけは気を付けろよ。懐中電灯で照らしてやるから安心しろ
2017/06/11 20:43
    一成が、地面を懐中電灯で地面を照らしてくれる。

    蛇とかは……いなさそうだ。

2017/06/11 20:44
    更に森の奥まで進むと、湖の前まで出てきた。

    この前のセイレーン騒動のあった湖……。辺りは、閑散としている。騒動があった場所とは思わない。

2017/06/11 20:46
よし……少し休憩しよう。まだ急ぐ必要は無さそうだ
2017/06/11 20:48
どうしてそんなにゆっくりしてるんだ?

2017/06/11 20:49
何って?    少し休憩して体力を温存しているだけだ。お前らも休憩しておけ……。この先は、休憩できないから……
2017/06/11 20:50
    そう……この先、休憩はできない。

    ここは、最後のセーブ地点、って所だろう。

    相馬先生は、今何者かに囚われている日の昇る洞窟は、この先にあるのだから……。

2017/06/11 20:52
緊張してきた。この辺りから悪意が強く感じるわ……
2017/06/11 20:54
この辺りで何かあったのか?
2017/06/11 20:55
分からないけど……若干、相馬先生の恐怖・不安と篠崎さんの悪意・殺意を感じるわ
2017/06/11 20:55
この辺りで相馬先生は、篠崎に襲われたとしか考えられないだろ!!    絶対、相馬先生はヒントとなる何かを落としているはずだ!!    捜してみよう
2017/06/11 20:57
    一成にも協力してもらい、何か落ちていないかを捜してみる。

    すると、相馬先生が使用している指揮棒が落ちていた。


    やっぱり相馬先生はここで襲われている。

2017/06/11 20:58
物凄い恐怖と不安を感じるわ
2017/06/11 21:01
これは急いだ方が良いだろう?
2017/06/11 21:02
そうだな。そろそろ行こう。ここから先は、休憩はできない。覚悟していけよ!!
2017/06/11 21:03
    だんだん山の方にやって来た。

    絶対、服装間違えてるだろ……歌音。

    スカートとか履いてくるんじゃなかったよ……。

2017/06/11 21:04
    遂に洞窟の入り口が見えた。着いた……。罠とかありそうだけど……。
2017/06/11 21:07
ここに亜里沙と篠崎がいるのか……。篠崎は、一回問い詰めないと……
2017/06/11 21:09
お兄ちゃん……。篠崎さんの殺意と悪意が強いよ。相馬先生の恐怖や不安も感じるわ
2017/06/11 21:10
分かってるよ!!
2017/06/11 21:11
分かってない。篠崎さんからお兄ちゃんへの狂気も感じるわ
2017/06/11 21:12
俺への狂気?    訳が分からないけど……。俺、篠崎さんに何かした?
2017/06/11 21:12
知らないわよ!!
2017/06/11 21:13
愛している、愛している、殺したいほど愛してる……。こんなメッセージ覚えてない?
2017/06/11 21:14
俺がそんなに愛されているのか?    このままでは、俺が死ぬではないか?
2017/06/11 21:20
いいえ、このままではお兄ちゃんと相馬先生……どっちも死にます。お兄ちゃんは、ヘタレで鈍感だから言うけど死ぬのは、ここにいる全員。死因は、溺死。何故そうなるかは分からないけど……
2017/06/11 21:21
また俺死亡フラグかよ!!
2017/06/11 21:23
そうみたい。時間もないみたいだし……。そろそろ中に入った方が良さそう……
2017/06/11 21:23
そうだな。早く助けてやらないとな……
2017/06/11 21:24
    歌音たちは、洞窟の中に足を踏み入れる。コウモリが飛び交っており、更に足元もゴツゴツしており、とても歩きづらい。
2017/06/11 21:25
    この奥に相馬先生と篠崎さんがいる……。そう信じて……。
2017/06/11 21:26
やっと来たわね、一成くん。私、ずっとここで待ってたのよ。ここで待っていれば、一成くんが迎えに来てくれるって……。愛しているわ、一成くん。殺したいほど愛してる……
2017/06/11 21:28
いや……俺が愛しているのは、亜里沙だけだ。篠崎さんは、同じ部活で同じクラスの友達としか思っていない
2017/06/11 21:30
可笑しいわ。一成くん、亜里沙より私を愛して……亜里沙には、死んでもらったら私を愛してくれるかしら……
2017/06/11 21:33
    篠崎さんの後ろにいた女の人が引きずり出される。

    その姿は、相馬先生だった。

    手錠をされ、篠崎さんの持つロープの端に繋がれていた。

2017/06/11 21:35
亜里沙!!
2017/06/11 21:37
一成……た……助けて……。怖い……こ……怖いよ……
2017/06/11 21:37
相馬先生を返してください
2017/06/11 21:38
ふざけるな、篠崎!!    お前の言うとおりには俺はならない!!    亜里沙を返せ!!
2017/06/11 21:39
嫌よ。亜里沙には、これから死んでもらうんだから……
2017/06/11 21:40
きゃっ!!    一成……早く……助けて……
2017/06/11 21:41
くっそー!!    お前、凶器使うなんて卑怯だぞ!!
2017/06/11 21:42
    篠崎さんは、相馬先生にナイフを突きつけている……。くっそー!!    卑怯だぞ!!
2017/06/11 21:42
    最悪の事態……。緊迫の状態が……。

    歌音たちは動けず、その場で悔しそうに篠崎さんを睨み付けることしか出来なかった。

2017/06/11 21:44

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ