天使ミレちゃんの振り回されな日々 -何でこうなるんですかー!?-

無事? にもどってのひと悶着

エピソードの総文字数=673文字

まーた気絶させられました








おーい、みったーん
  ゆさゆさ
きゅう~……
あははー……
どうしよ、起きない……


 ご~ん


   ご~~ん


      ご~~~ん


やばっ! もう時間!?
うぅ~おばけ~……
あ~……とりあえずもうすぐしーちゃん来るからだいじょうぶだよ
おーい、ミレちゃーん!
それじゃあみったん、たぶんまた会うことになるから……その時までバイバイ


  …………………………



  ………………



  ……


う~ん、う~ん……
はっ!?
あ、おきた?
ひにゃああああああっ!!!
  どごっ!
ぐっ!
……えっ? じゃ、じゃるさま!?







あ、あの……なんでわたしはお屋敷にいるんでしょうか
あー……もしかして覚えてない?
えーと……きもだめしといわれて廃墟に行って、床が抜けて……
うん、そのまま気絶しちゃったから連れて帰ってきた
それじゃああの、きもだめしは……?
まぁ、大成功だったかな
へ?
肝試しってもともと廃墟とか怖いところをまわることだから
じゃ、じゃあごはんていうのは……?
真っ赤な嘘だね
じゃ……じゃるさま~!?






……という事はあの子もただの夢だったのでしょうか?







 こうして、真夏の肝試しは幕を閉じたのであった



 翌日


それにしても、昨日のミレちゃんはかわいかったな~
ま、まぁ……さすがにあれはやりすぎた気がするけど
ただいまもどりました~
あ、おかえり

昨日は肝試しの準備ありがとね?

……何のことでしょうか?

私はいつも通り買い出しに出かけていたのですが……

…………え?
それでは私は仕入れてきた食材を置いてきますので
ア、ハイ……オネガイシマス
では







 


しー、

   いー、

        ちゃん?


ビクッ!

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ