チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第六十八話『宝石箱』

エピソードの総文字数=1,171文字

僕らは、いろいろな犠牲を乗り越えて、ついに「大龍 - ワイバーン」を倒したのだった。
2017/06/03 23:38
「おおおおお、やったぞ!!」
2017/06/03 23:38
僕は柄にもなく叫んでいた。

「大龍 - ワイバーン」を倒したことにより、HPが0だった、サラと奈緒子の拘束が解かれた。HPは1になっている。
2017/06/03 23:38
「サラちゃん回復してあげる!」
2017/06/03 23:38
「ありがと!!」
2017/06/03 23:38
奈緒子がサラに、杖を掲げながら言い、感謝の言葉を返すサラ。
2017/06/03 23:38
「リカバリー!!」
2017/06/03 23:38
とサラに回復魔法をかけた。
そして奈緒子は奈緒子自身にも回復魔法をかけた。全体回復も覚えているのだろうけど、ダメージを受けすぎているので、順番にやったのだろう。ステータスバーが赤から緑に戻った。
2017/06/03 23:39
「いきかえったー!!」
2017/06/03 23:39
とサラがいつものように、ぴょんぴょん飛び跳ねた。あんなことがあったのに元気だ。
2017/06/03 23:39
「死んじゃうとあんな感じになっちゃうんだね。なかなかつらいね。死にたくないね」
2017/06/03 23:39
「死にたくないですね」
2017/06/03 23:39
と女子二人は見つめ合ってうなずいていた。

すると、「大龍 - ワイバーン」が光り、そこから宝石が飛んでくる。
2017/06/03 23:39
「おおぉぉぉぉ、きたぁぁぁぁ!!」
2017/06/03 23:40
サラのテンションがマックスになる。

チェックポイント毎に手に入れてきた宝石。最終チェックポイントの宝石が飛んできた。
2017/06/03 23:40
「これで最後だ!!」
2017/06/03 23:40
最後の宝石を手に取り、『D級英雄の宝石箱』の最後のスロットに宝石を入れる。『D級英雄の宝石箱』は更に大きく光りを放っている。

しかし、それ以上のリアクションはないようだ。
2017/06/03 23:40
「あれ??何も起きない??願いを叶える龍とか出てこないの??」
2017/06/03 23:40
「なんでも一つ願いを叶えてくれるドラゴンさんですね?」
2017/06/03 23:40
サラの冗談に奈緒子がつきあった。
2017/06/03 23:40
「うーん、そういう感じじゃないみたいだ。なんだろう。ここで何か起きるわけじゃないのか。」
2017/06/03 23:41
「誰かに持って行って渡すイベントかもしれないですね」
2017/06/03 23:41
「なるほど、その可能性が高いね」
2017/06/03 23:41
と、RPGトークを繰り広げる僕と奈緒子。
2017/06/03 23:41
「なになに??どゆこと、どゆこと??」
2017/06/03 23:41
RPGに詳しくない、サラが僕ら二人に尋ねる。
2017/06/03 23:41
「こういう、レアアイテムを探している、村人がいるものなんだよね、ゲームだと。いままでそういう人に会わなかったということは、もっと先で会う人なのかもしれない。」
2017/06/03 23:41
「あー、なるほど」
2017/06/03 23:42
と奈緒子が頷く。
2017/06/03 23:42
「元、A級の珊瑚たちでも倒せない相手だ。もっと先のクエストなのかもしれない?」
2017/06/03 23:42
「つまり??」
2017/06/03 23:43
話についてこれなくなりつつあった、サラが要約を求める。
2017/06/03 23:43
「すごいお宝かもしれないってことだ」
2017/06/03 23:43
と、わかりやすく説明した。
2017/06/03 23:43
「やったー!!でも、それかわいいから、その人をさがさないで、私がずっと持っててもいいけど!!」
2017/06/03 23:43
と、『D級英雄の宝石箱』を掲げて、くるくる回った。

そうこうしていると、「D級英雄ランク戦」のクリアボーナスのレア宝箱が現れた。
2017/06/03 23:44
「待ってました!!」
2017/06/03 23:44
『D級英雄の宝石箱』を掲げたまま、サラが笑顔で言った。
2017/06/03 23:44

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ