チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第二十二話『サラのレストラン』

エピソードの総文字数=1,229文字

「あ!!私が持ってた!!」
2017/05/30 23:06
サラがステータス画面を見て、 [スキル]料理人見習い - クックアシスタントを持っている事を確認した。
2017/05/30 23:07
「え!いつから持ってたの?」
2017/05/30 23:07
僕は誰もが思うであろう、疑問を格闘家の少女サラに投げかけた。
2017/05/30 23:07
「うーん、わからない!!最初から持ってたかも。これ、見方がよくわからなくて・・・・・・」
2017/05/30 23:07
と、RPG初心者のサラが、ステータスバーを指さし、記憶をたぐる。
2017/05/30 23:07
「たしかに、RPGのステータス画面って見るの難しいよね。情報がたくさんあって、慣れるまでなかなか理解らないかも。」
2017/05/30 23:07
「そうなんですよね〜。私も昔、苦労しました。」
2017/05/30 23:08
と、僕の感想に、魔法使いの少女、奈緒子も同意する。彼女はサラと違って、RPGをいくつかやっているようなので、最初の頃にやっていた、ゲームを思い出しているのだろう。

僕も8ビットのゲーム機の頃はかなり難しかった記憶がある。彼女がそんなに昔のゲームをやってるとも、思えないけど。そういえば彼女はいくつなんだろう。今度タイミングがあった時に聞いてみよう、と思った。
2017/05/30 23:08
「さっき、たくさんレベルが上がった時に覚えたわけじゃ、なさそうなの?」
2017/05/30 23:10
「うん、たぶん。さっきのレベルアップより、前に、ステータス画面を確認したときに、『料理人』って見たような気がする。料理人ってなによ!って思った記憶が、かすかに・・・」
2017/05/30 23:10
僕の言葉に、記憶を紐解き、笑うサラ。
2017/05/30 23:10
「次からは、そういう時、聞いてくれていいからね!じゃぁ、『竜の肉』もサラの「料理人見習い - クックアシスタント」のスキルでゲットした可能性が高いね!」
2017/05/30 23:10
「え?!ほんと?!じゃあ、この料理、私からのプレゼントってことでいいの?」
2017/05/30 23:11
「プレゼント??」
2017/05/30 23:11
「『ドラゴノス』を倒して助けてくれた、お礼よ!!あの時、ほんとに怖かったんだぁ」
2017/05/30 23:11
と、対ドラゴノス戦を思い出す。あの時のサラは突然後ろに現れた、巨大な竜によってヘタすれば食べられてしまうところだった。
2017/05/30 23:11
「え、そんなのいいのに!」
2017/05/30 23:11
と答えながらも、嬉しいな、と思った。
2017/05/30 23:11
「いいの!いいの!やらせて!料理嫌いじゃないし!じゃおばちゃん、私も手伝うよ!」
2017/05/30 23:12
おばちゃんに言うサラ。
2017/05/30 23:12
「ほんとかい?!助かるよ!そのスキルがあれば、すき焼きでもしゃぶしゃぶでもステーキでも焼き肉でもできるわよ」
2017/05/30 23:12
「ほんと!!やった、すごい!!」
2017/05/30 23:12
おばちゃんの説明に喜ぶサラ。
2017/05/30 23:12
「どれにするかい??」
2017/05/30 23:12
「全部!!」
2017/05/30 23:12
おばちゃんが、今晩のメニューを聞いてきたとき、間髪入れず、サラが答えた。全部食べるつもりらしい・・・・・・そんなに食べられるかな、と思ったが言うのはなんとか留まった。

そして、厨房に入っていく、サラとおばちゃん。
僕と、奈緒子はここで見ていることにした。
2017/05/30 23:13
「おばちゃん、なにを、やればいい?」
2017/05/30 23:13
「そうだね、硬い部分を切り分けたりして欲しいわね。」
2017/05/30 23:13
「力仕事ね!りょうかいです!」
2017/05/30 23:13
ビシッと敬礼して返事をするサラ。
2017/05/30 23:13
「なるほど、だから格闘家にこのスキルがつくのかな」
2017/05/30 23:13
と言いながら、サラは楽しそうに料理を始めた。
2017/05/30 23:14

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ