メイドくんはみずきちゃんに恋してる

今日も「Fortuna」は平和です

エピソードの総文字数=2,623文字

神戸から、東京に帰って来た御一行は、一度家に帰り、その翌日にいつも通り、店の中で集まっていた。

営業前なので、客がいないので自由にしている。

決して、サボっているわけでも流行っていないわけでもない。

おーねーさっまああああああああああああああああああああああ!!!!!!!
うおっ!! ……うさぎ。後ろから抱きついて無い胸摺り寄せてくんのやめて?
え~~なんで~~ダメ~~?こうして再会できたんだし、愛の再確認でもしよ~?うさぎが足りないでしょ~~?
…い、いい。おっぱい触るのやめて?
えへへー、お姉さまのお胸かわいいっ!ねえ、お姉さま、エッチしよー? 大丈夫、まだ誰も来てないし!
し・な・いっ! 誰か来て誤解されたら困るから離れてっ!
そう言われると、さらに離れたくなくなっちゃうなあ~~すきすきぃ~~
うわっ……!
な、なにしてるんですかあああああああああああああああ!!!!!!!
え~~……朝の抜きのお手伝い? ほらほら、お子様は帰る帰る~
だ、ダメですーーーっ!!! みずきさんはボクのですっ!ボクのご主人様なんです!うさぎさんには渡せませんっ! 下のお世話もボクがします!
ゆ、ゆたくん……いつからだろう、ゆたくんがわたしにぞっこんメロメロで積極的でエロエロになってお姉さん心配だわ……
……ダメですか? エッチなボクは、好きじゃない……?
そ、そんなのっ……好きに決まってるじゃないのーーっ!!あーーもう律していたのにたった今勃ったわ!生理現象が起こってしまったわ!
……たった今たった……ギャグ?
ギャグは……寒いですね
んふふ……確かに。ドン引きだね
うっ……うるさいなあっ! ギャグくらいいいじゃん!あーもーう萎えちゃったしっ!許さんっ!
……いや、今のは貴方が100%悪いでしょう。つまらない下ネタギャグを言わないで下さい
あら、いたの
いましたよっ!実はいましたっ!うさぎさんが来る前からいましたっ!
げ……
ふふふ……みずきさんと居る時のうさぎさんかわいすぎですね……なんですかしゅきしゅきって!私には言ってくれないくせにっ!
いいい、言わないもんっ!全然好きじゃないしっ!きもいしっ!
あれ。向こうにいる時榊どうしてるかなとかうさぎがいないと寂しいんじゃないかなとか言ってたから、てっきり好きなんじゃないかと思ってたのに。違うんだ?
えっ!!
うわっ!ばかっ!!!!
うさぎさん~~~~~好きですかわいい!今日はお店お休みにしちゃいましょうっ!デートでも行きましょう!
行かないしっ!うさぎはお姉さまとお仕事するんだもんっ!ね、お姉さま!
あー……定休日にしてもいいわよ?うん、定休日にしましょう
えっ!そんないきなり!?
オーナーの一存で決めちゃうわ、都合でお休みしますっていうことにしましょう。だから、好きにしていいわよ?
わあい。せっかく出勤したんだし、給料は頂戴ね。
うん。それくらいならあげちゃう。
自由だ……
ということで、うさぎさん。デートに行きましょう!どこ行きますか?海?遊園地?ショッピング?それとも、家にでも来ますか?
い、家……
家ですか。なるほど、初デートで家とは……誘ってるんですか?
ち、違うし!どんなとこ住んでるのかなーって視察するだけだし!貧乏な家だと笑ってあげるだけだから!
ふふふ、ビックリしますよ。オートロックタワーマンション最上階です!
なっ……!? て、車もベンツだしね、お金持ちなのね
いえいえそんな。それなりですよ。
お金持ちはそういう謙遜をするけどそれが嫌味なのだわ……ううぅ
なぜか落ち込んでしまったが……。まあいい、行きますよ。みずきさん、お先に失礼しますね。
お姉さまばいばい……また今度2人きりで誰にも邪魔されないところでイチャイチャしようね
ほい、お疲れー。……あいつ、しばらく見ない間に変態に磨きがかかったな……怖い。ていうか、いつの間にあんな関係に……
ばいばい。……あんなやつに捕まったら夜大変そう、面白いけど。
ああ、手錠とか、変な玩具とか、SM系のコスプレとか使ってきそうよね。絶対に初回からアブノーマルだわ。
手錠!? SM……!?
んふふ、兄さんは想像しただけで照れてるの? 手錠かけて、動けない兄さんに色々あんなことやこんなことをするのは楽しいだろうなあ。かわいい。んふふ。
うぅ……うたってば、なにを想像してるんだよぉ……
うん?僕はいつも兄さんでエロい妄想をしてるよ
ええっ、そんなの知りたくなかった…
ドレス着てた兄さん可愛すぎて意識飛んじゃったからもう覚えてないんだけど。起きたらもうパーティー終わってるし。くそ、しくった
ボクが可愛すぎて倒れるとかそんなことあるんだ……
……ん、メールだ。って、かのんか。なんだろう……あ。今日約束してたんだった。1時間もすっぽかしちゃったし…どうしよう
ええっ、それ彼女さん怒ってないの?
うーん……かのんだし、怒ってはなさそう……とにかく急いで行って謝らないと。じゃあね、兄さん、先帰るっ!
うん、また家で!
うたちゃん、あれで彼女のことになると焦るのね……最初から約束覚えてればいいのに、なんでお店来ちゃったのかしら
みずきさんの顔見たかった、とか……?
あっはは、まっさかー。そんなわけないじゃないっ!嫌われてるわよ、わたし
(双子だから分かるけど、あれはあれで結構みずきさんのことは好きな反応なんだけどな。嫌いな人は無視するし。)
というか、ゆたくんっ!
は、はいっ、なんですか?
やっと2人きりになれたわね。今日はお客も他の従業員もいないし、誰もいないお店の中でイチャイチャしましょ?
え、ええっ!い、今からですか?
うん、そう、今から。ってゆたくん、なにその顔は~っ!30分前の台詞を思い出して!なんて言った?
み、みずきさんはボクのご主人様で、下の世話もボクがするんです……
そう、正解!よく言えました♡その台詞にもうキュンときちゃったんだから!ってことで、今日は1日中離してあげない。
それは……嬉しいです
ふふっ、よかった!それじゃあ、奥行きましょ~♪まずは一緒にお風呂からっ!うふふっ、しっかり身体洗ってあげるからね~♡
ええっ、そんな……まずはボクがお背中流しますっ!
ゆ、ゆたくん……それじゃあ、お願いね
はいっ!
有名企業からオファーされたデザイナーの仕事を断り、モデルとして勧誘されていたゆたもその誘いを断り――

選んだのは男の娘カフェのメイドとオーナー。結局いつも通りの日常を選んだ。

今日も「Fortuna」は平和です。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ