マジカルミュージック

秋の始まり

エピソードの総文字数=1,156文字

    季節は秋。まだ少し昼間の暑さは残っているが、朝や夜は少しずつ涼しくなってきた。

    歌音たちは、次なるイベントに向けて練習を重ねていた。

2017/07/05 20:15
    中庭には、コスモスが咲き誇り、季節は秋へと進みつつある。
2017/07/05 22:19
    歌音は、色々なパート練習を見て回っていた。

    今日は、パーカッションパートを見ているが、恵都の調子があまりよくないようだ。グロッケンやタンバリンをやっているのだが、ミスやタンバリンのロールが遅れたりしているのが分かる。

    パーカッションパートは六人のチームだった。

    なかなかうまくいかない恵都は、だんだん音符の扱いが雑になってきているのが分かる。

2017/07/05 22:20
ストップ!!    恵都くん、ちょっと遅れてるよ!!    ちゃんとパートリーダーの美園ちゃんにあわせて!!
2017/07/05 23:05
はーい(-o-)/    もうちょい頑張ります……
2017/07/05 23:44
恵都くん……しんどかったら休憩していいのよ
2017/07/05 23:45
大丈夫。もうちょっと頑張るから……
2017/07/05 23:46
無理して前みたいに倒れたらダメだから休憩して!!
2017/07/05 23:47
じゃあ、お言葉に甘えてちょっとだけ休憩する……
2017/07/05 23:47
    恵都は窓際に行き、外の空気を吸っている。

    文化祭まで後、一ヶ月ちょっと……。

    今日は、パートリーダー会議を行う予定だ。

    それで文化祭の演奏曲を決める。

2017/07/05 23:48
夏が終わったわね……歌音さん
2017/07/05 23:51
そうだね……美園ちゃん
2017/07/05 23:52
歌音さんは、白川圭くんと付き合ってるの?
2017/07/05 23:52
な……な……何を言い出すのかと思ったら……
2017/07/05 23:53
あたし、恋をしたことないの。だからね、歌音さん。あたしに恋を教えて欲しいの
2017/07/05 23:53
    恋について教える、といっても歌音にも恋の知識なんて全くもってない。恋って何なんだろう……。よくわからないけど歌音は、いいよ、と言ってしまったのだ。後先考えない結果がこれだからね……。

    クラスの恋愛アドバイザーを頼れよね。

2017/07/05 23:55
    でも選択肢は二択あっても実質一択しかないから仕方ない。

    ここは、恋愛相談乗ろう!!

2017/07/06 12:58
いいよ。美園ちゃんの役に立つなら……
2017/07/06 12:59
やったー。ありがとう、歌音さん。歌音さんの恋愛話たくさん聞かせてもらうからね♪
2017/07/06 13:00
あっ、ちなみに私は、圭くんとは付き合ってないから……
2017/07/06 13:01
えっ、そうなの?    嘘つかなくていいのに……
2017/07/06 13:01
いやいや、事実だから……
2017/07/06 13:02
じゃあ、あの噂は嘘なのね……。残念だなぁ
2017/07/06 13:02
とにかく、パーカッションパートは、一体感が無さすぎるし、緊張感もまるっきりない。早く練習を再開するわよ。恵都くんも戻ってきて!!
2017/07/06 13:04
    歌音が声をかけるも恵都くんは、外を飛んでいる紋白蝶を目で追いかけている。

    器用な事をするなぁ……このパートのメンバーは……。

    歌音は、自由すぎるパーカッションパートを見つめ、ため息をついた。

    先が思いやられる……と思ったのだった。秋風を感じる午後の昼下がり……。

2017/07/06 13:05

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ