退魔天使は聖夜に踊る ~復讐の乙女~

【5】地獄の門より出でし者

エピソードの総文字数=2,499文字

『ゲート』と呼ばれる異世界へ通じる門。そこから『異界獣』はやってくる。
『ゲート』を監視し、『異界獣』を屠る存在。それが『教団』だ。

  ― ― ― ―

 異界への扉、『ゲート』。
「異世界の大怪獣を召喚して帝都を破壊するため」に作られた。

 百年ほど昔、この国に、国家転覆を企む召喚師が現れ、帝都の周囲をぐるりと囲むように時空の穴ボコを無数に開けまくった。
 全てのゲートから同時に大量の異界獣を発生させると、もっとでかいゲートが完成する。そして、大怪獣がこちらの世界に出現して大暴れ……という計画だった。

 その当時はまだ我が教団はなく、後に教団の中心的メンバーとなる連中が計画のの存在に気付いた時にはもう手遅れで、帝都周辺はゲートだらけ、今にも異界獣が大量発生するという、まさに帝都崩壊寸前だったんだ。

 メンバーの活躍により、召喚師による大怪獣の召喚儀式だけは阻止出来たものの、結局そいつの開けた膨大な数の穴ボコは、そのまま残ってしまった。
 穴を塞ぎたくても、開けた当人があの世に行ってしまってるもんで、誰にも方法が分からず、かれこれ一世紀が経過。
 ……まったく迷惑な話さ。


 異次元のバケモノ、『異界獣』。
 我々の世界の生物とは根本的に異なる(ことわり)で生きているそいつらは、人類に悪さをする生物だ。外見上、知性がある様子はうかがえず現在までコンタクトが成功した事例はない。

 異界獣(ケモノ)は基本的に明るい場所が、特に紫外線が苦手だ。だから、奴らが活動するのは決まって夜間となる。
 昼間は何をしているかというと、暗がりに潜んで眠っている。

 異界獣の発生には予兆がある。
 エリア一帯のゲートよりまんべんなく、小さい奴から沸きはじめ、そして順を追って大きい奴が出現する。何故かは向こうの御都合だからわからないけど、ここ百年の観察記録からいって疑いようのないお約束だ。

 一度沸いたものを駆除すれば、そのゲートからは数年から十数年は、おかわりが沸いてこない。その間、俺達ハンターは点々と移動しながら沸いた連中を処理して回っている。

  ― ― ― ―

 俺が現在アクセス出来るレベルの文書から分かるのは、せいぜいその程度だな。

 というわけで、ゲートの根絶に失敗した連中は、どんな手段を使ったのか、なんらかの方法で数年間、一時的にゲートを封印し、その間に極力ゲートを隔離し、監視体勢を構築したんだ。
 ――それが我々の組織、『教団』だ。


 沸かないゲートはない。それが教団の常識だった。
 ところが、今回だけは違ったんだ。

 今回、音沙汰のないゲートがある。
 そして、いきなり大物が沸いたゲートもある。
 
 ――何故?

 それを、これから調べに行くのさ!


 ☆ ☆ ☆


 シスターベロニカと俺は目立たない格好に着替え、地図を片手に街へと繰り出した。
 乗り慣れたシスターのバイクに二ケツして、不審なゲートに向かった。
 それは異界獣(ケモノ)が多い場所じゃなくて、ちっともいない場所だった。


 午前中の街は風はないが少々曇っていて、あまり暖かくなりそうにない。
 俺達は県道を走り、町外れにある一カ所目にすぐ到着した。

 周囲を木に囲まれた、古い何かの施設で、長らく使われていないらしい。
 入り口には立派なレンガ造りの門柱と、格子状の金属の門。
 チェーンと南京錠で封鎖され、格子は赤くサビサビになっている。

 シスターはそこらにバイクを停めると、軍手をして南京錠を開け始めた。
 ふと門柱を見ると、マンガ雑誌くらいの大きさの、「教団管理地」とペンキで書かれた金属プレートが掛けられている。
 ――つまり、中はゲートのある危険区域ってことだ。

 シスターが南京錠と錆びたチェーンと格闘している最中、俺は彼女から預かった街の地図を眺めていた。
 地図には、古くから確認されているゲートの位置と、いま敵が沸いているゲートが記されているけど、ケモノが沸いてないエリアが街の北西側に集中しているのがわかる。

 ゲートの数は増減しないが、位置は微妙に動く。
 数㎝だったり、数mだったり。
 だからときどき囲いを造り直さないといけなくなる。
 そのため可能な限りゲート周辺の土地を広く確保するんだけど、道路のすぐ脇とか、商業地域の中だと、なかなかそうもいかない。

「沸いてないトコを見て回るのも、そうとう骨だなあ。けっこうあるみたいだし……」
 俺は誰に言うともなくつぶやいた。

「面倒か?」
 背中を向け、作業をしながらシスターが俺に声をかけた。

「べつに。どうせこんな腕じゃ、しばらく狩りは出来そうにないし……」
「それにしても治りが遅いようだが。まだ指も満足に動かないのだろう。大丈夫か?」

 ガラにもなく、ひどく心配そうに言うシスターベロニカ。
 義理とはいえ、やはり息子のケガが気がかりなんだろう。
 逆の立場なら俺だって心配する。

「ん……。よくわからない。自分でも、どうしてこんなに治りが遅いのか」
「あの鎌に治癒を遅らせる効果があるようには思えんが」
「資料にも、テトラマンティスにそんな追加効果があるなんて、どこにも書いてないし」

 治りが遅い、というのは、俺にしては、って意味だ。

 あいつと相打ちになって左腕を切断された俺は、教団の経営するこの街の病院に担ぎ込まれ、ズレないように接合面同士をピタっとくっつけてもらった。

 あとは包帯やらテープやらでぐるぐる巻きにしておけば、半日程度で元通りになる――――はずだった。でももう数日経過している。

 確かに接合部分の皮膚はすっかり元通りになって、どこが継ぎ目かわからない。
 肘もぼちぼち動く。

 しかし手首から先が動かない。
 心因性かもしれない、と医者は言っていた。

 これが右手だったら、思春期男子にとって致命的な事態を招いているところなのだが、幸い俺は右利きで、動かないのは左手だ。
 逆じゃなくてホントによかったヨカッタ。

ページトップへ