マジカルミュージック

囚われの蝶と籠の中の鳥③

エピソードの総文字数=1,620文字

    遂に明日、大河と郁にアンサンブルを披露する。

    しかしながら、アンサンブルをする里紗と昴は、大ピンチを迎えていた。

2017/08/12 17:43

ビローン♪    デローン♪    デデーン♪    キィー♪    キキィー♪    (滅茶苦茶・不協和音)

2017/08/12 17:45
    里紗と昴は、追いつめられていた。

    未だにうまくいかないアンサンブルに二人は諦めかけていた。

    そんな二人の元に歌音と一成が見にきたのは良いものの……それでも不協和音が続く。

    一成は頭を抱えているのが分かる。

    里紗は、呆れ返って歌音に言った。

 

2017/08/12 17:47
だから、無理だって言ったんですよ!!    もう嫌です……。クラリネット止めたい……。もう吹けない……
2017/08/12 17:51
諦めることは許さないわよ!!    せっかく、柏原先生も見に来てくれているのに……。明日が、本番なの。諦めることは許されないわ!!
2017/08/12 17:52
里紗は、頑張ってきたと思ってる。でも、これ以上は無理だ……。間に合わない……
2017/08/12 17:54
私が里紗に良いおまじないかけてあげるわ!!    お兄ちゃん、マジックペン貸してくれる?
2017/08/12 17:55
あぁ、良いぞ?    何に使うんだ?
2017/08/12 18:03
    歌音は、マジックペンの蓋を外し、里紗の手首に何かを書き始めた。

    里紗は、少しイラッとしたのが分かったが、すぐに大人しくなった。

    歌音は、里紗の手首に一体何を書いた……昴も不思議そうに見ているが、昴には見えていないようだ。

2017/08/12 18:04
よし、これでよし!!    これで一回、二人でアンサンブルをしてみてよ!!
2017/08/12 18:07
分かりました……。一回やってみますけど……里紗に変なことしていたら怒りますから……
2017/08/12 18:07
とにかく、早くやるわよ……。私、あがり症って言ったのにこんなにも集まられてヤバいんだから……
2017/08/12 18:09
    里紗は、机の上に置いていたクラリネットを構えて、音だしを始める。

    昴も楽器立てに立てかけていたホルンを構えた。

    そして、二人は譜面台の上に譜面を置き、スタンバイが完了する。

    金に輝くホルンと黒く艶のある手入れのされたクラリネット……。

    二人で奏でる最高のアンサンブルを復讐を企てる二人に聞かせる。

    おまじないをかけられた囚われの蝶は、今だけは無敵なのかもしれない。ほんの少しの魔法の呪文と共にアンサンブルが始まった。

2017/08/12 18:10
    何時もなら不協和音が鳴り響いていた「whole new world」であったが、今はきらびやかな夜空の星と魔法の絨毯の幻想的な風景が垣間見る事ができる。

    本番前日でようやく形になったのだ。

    夜空の星みたいに煌めくクラリネットの音色と幻想的な風景をホルンがメロディーを奏であげていく。

    里紗がまともにクラリネットを吹いているのは、これが初めて見る光景になったのだ。

    これが、昴の求めていた音色なのかもしれない。

    二人は、笑顔で「whole new world」を吹き上げたのであった。

2017/08/12 18:15
完璧だな……。高山の音色も明石の音色も良かったぞ♪    完全に度肝抜かれた……
2017/08/12 18:22
有難うございます、柏原先生。俺も求めていた音色に近づいたと思っています……。里紗があがり症を発症する暇もなしに曲が終わりましたけど……何か特殊なマジックでもあるのですか?
2017/08/12 18:23
それは、俺でなく鈴鹿に聞いてくれ
2017/08/12 18:25
歌音さんは、一体里紗に何をしたんですか?
2017/08/12 18:26
    歌音は、ニコニコしながら昴の質問に対して答えたのであった。
2017/08/12 18:26
それはね……
2017/08/12 18:27
「観客は全員、明石昴」って書いてあるわ!!


2017/08/12 18:27
何故、俺の名前を書いたんだ?    俺が励ましても里紗はあがって何も出来なかったんだぞ?!
2017/08/12 18:28
それはね……私も分からないけど……二人はどこか似ている気がするの。だから、昴くんの名前を書いたの……
2017/08/12 18:30
    昴は呆れ返っていたけど、納得はしてくれたみたいだ。

    明日は、里紗と昴のアンサンブルを復讐を企てる大河と郁に聞かせる。

    二人の蟠りを溶かしてあげる熱くて淡いラブソングを大河と郁のために……

2017/08/12 18:31

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ