ハロウィンナイトカフェ

店の前1「幼女を狙え!」あきよし全一

エピソードの総文字数=2,265文字

「幼女を狙え!」あきよし全一(店の前)
2017/10/18 21:31

zenone



 喫茶エブリシングの、店の外。ハロウィンのにぎわいを前に、男子大学生が二人、立ち話をしていました。暖色系のチュニックに黒のジーンズを身に着けた青年が、連れの髪の長くて眼鏡をかけた男に話しかけます。



zenone

聞いてくれ、新渡戸。俺、ロリコンになる。
は?


 新渡戸(にとべ)と呼ばれた男子は、呆気に取られて連れの男の顔を眺めました。



zenone

何言ってんだ、夏目? その悪い頭で何を思いついた?
気が付いたんだ。偏差値46の俺でも、幼女となら互角に会話できるかも知れないって。
お前、子供なめてるだろ? ってゆーかお姉さん属性だったんじゃないの?

いかにも、俺はお姉さんが好きだ。

目が細くて、猫っぽい雰囲気があって、髪が長くて、やさしい話し方をする保育士のお姉さんが好きだ。

あっ、でも関西弁使うってのもギャップがあって良いかも……

お前の趣味なんて聞いてねえ!
 友人のツッコミにも動じず、夏目くんは続けます。

zenone

なんの話だっけ? おう、それでな、思ったのよ。

そういうお姉さんとお近づきになるには、子供と仲良くなればいいんじゃないかってな!

お前がそんな頭いい作戦思いつくわけねーな? なんのドラマに影響された?
え、影響されて悪いのかよ。
当たりだったし……


 新渡戸くんは頭をポリポリとかきました。しかし夏目くんは怯むことなく、新渡戸くんに尋ねました。



zenone

それでロリコンってのは何をすればいいんだ?
え? えっとそりゃ、子供を眺めてニヤニヤすればいいんじゃねえの?

子供を眺めてって、そんなん飽きちゃうだろ。

あっ、子供って危なっかしいから目を離すなってことか?

ちげえよ!


 夏目くんは筋金入りのバカでした。



zenone

まず子供と言っても具体的に何歳かが問題になる。

俺好みの10~12歳くらいだと第二次性徴の始まる前、成長期によるスレンダーなボディが魅力!

日焼けしていて太ももが真っ直ぐだとなお良し!

 新渡戸くんもバカでした。

zenone

にじせいちょう?

何言ってるんだか分からないけど、すげえ気迫だ!

しかし! お前が狙いたいのは保育園児!

イカ腹体型がぷりちーなのは認めるが、上級者でなければ園児に恋するのは難しい!

え? 俺、園児に興味ないんだけど……

シャラップ!

俺も園児に興味はないが、愛する友のため!

ロリコンのなんたるかを叩き込んでやろう!

いや、新渡戸は友達だけど愛しちゃいないぞ。

見ろ! ちょうど保育園児が黒いマントを着て大量に歩いてきた。

ハロウィンパレードさまさまだな!

 そう。このハロウィンパレードには地元保育園も参加しており、保育士の先生に引率されて子供たちが歩いてきたのでした。

 口々に「トリック・オア・トリート」と言っていますが、うまく発音できていません。

 その中のひとりに目を留めて、夏目くんの目がハート型になりました。



zenone

うおっ! 超かわいい!
夏目……お前、今かわいいと言ったか!?
ああ。魔女の衣装が超キュートだぜ!

おお……こんなにも早くロリの良さを分かってくれるとは。

それじゃあ、せーの、で声をかけるぞ。

えっ!? いきなり声かけて大丈夫か!?

いきなり声かけるからハロウィンなんだろうが。

今日だけは何でもアリなんだ、思い切って行くぞ!

お、おう! やってやろうじゃんか!

いいか。せーの、でトリック・オア・トリートだぞ。

せーの!

トリック・アンド・トリート!
きゃっ!?
 夏目くんが声をかけたのは、子供たちを引率していた保育士の福沢先生でした。

zenone

もう、誰かと思えば同じアパートの夏目くんじゃない。

それを言うならトリック・オア・トリートでしょう。

はい、夏目です! 福沢先生、お菓子食べませんか?
ふふっ、あなたがくれる側なの? 本当、夏目くんって変わってるわ。
よく言われます!
 二人のどちらからともなく笑い合い、なごんだ空気が流れたとき――子供たちの列が大きく乱れました。

zenone

キャー!

ぐふふ、お嬢ちゃん、お菓子が欲しいざんしょ?

拙者が上げるでござるよ。

ふくざわせんせえ、たすけてー!
 子供たちは次々と先生の方へ逃げてきます。非常事態に、福沢先生は我が身をかえりみず、変質者との間に割って入りました。

zenone

こらっ、子供たちから離れなさい!

いやだよォ~ん! 俺はそこのレディたちとハッピーなハロウィンを過ごすんだよォ。

レディって……まだ小さな子供ばかりじゃない。頭だいじょうぶ?
黙れ年増ァ!
年……ッ!?


 怒鳴り合う二人をよそに、夏目くんはズボンのポケットからスマホを出すと、110をプッシュしました。



zenone

もしもし警察ですか? はい、変質者です。場所は喫茶エブリシングの――


 それから五分後。ハロウィンの混雑を見越してパトロールしていた警察官が駆け付け、変質者は無事逮捕されました。



zenone

ご協力感謝します。

離せ、国家権力の犬め!

俺と幼女のハッピータイムを邪魔させはせんぞォ!

夏目くん、ありがとう。私ったら、カッとなると突っ走っちゃって……
大丈夫です! そういうところは俺がカバーしますから!
夏目、貴様ァー! 友人を売って点を稼ぐとは、卑怯にもほどがあるぞー!
 おおっと、夏目くん大胆な告白です。これには友人の新渡戸くんも大激怒します。しかし警察官は悪党の言葉になど耳を傾けません。

zenone

ほらっ、きりきり歩け!
おぼえてろ、夏目ぇぇぇ……
夏目くん、これからも同じアパートの住人として、よろしくね。
はい! 俺、いつか先生と同じ部屋の住人になれるように頑張ります!


 なんと大胆な夏目くんの告白。その言葉に、福沢先生の顔は真っ赤になったのでした。



zenone





2017/10/18 22:22

zenone

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ